bbh3@Wiki BBH用語集 選手関連

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BBH用語集 選手関連
記事は各分類毎に五十音英数字順に並べ替えて下さい。


選手関連

カード選手

プロ野球選手カードを使用して登録した選手を「カード選手」と呼び、最初から球団に所属している選手を「ノンカード選手」と呼ぶ。
カード選手はノンカード選手に比べ、「試合中の活躍に応じて選手レベルがアップする」「ゲージ(メモリ)で打撃や投球により細かな指示ができる」という特典がある。
選手名が表示される場面では、ノンカード選手は緑色、カード選手は白色で選手名が表示される。
なお、BBH2012よりノンカード選手にも経験値が入り、レベルアップするようになった(キャリアアップは不可能)。

経験値

カード選手を試合に出場させることで経験値が貯まる。
入手出来る経験値の量は試合での活躍に応じている。
各レベルでバーが満タンになると次のレベルにアップする。
経験値は試合での活躍に応じて増えるだけでなく減る事もある。

コンディション

選手の調子の良さを示す顔のような記号のことを指す。モチベーションの数値やその試合での活躍によって変動する。
基本、紫(絶不調)・水色(不調)・黄色(普通)・オレンジ(好調)・ピンク(絶好調)の五色で表示されるが、それ以外に×マーク(怪我をしていると表示)・赤(最高潮・WHITE/REGULAR-WHITEにのみ表示)も存在する。

使用不可能選手

対象年でNPB所属外選手のことを指す。
カード化されている選手でも引退し、NPB所属外になった場合は使用不可となる。(NOSTALGICカードは例外なのだが一部選手は使用不可となっている)
なお監督・コーチとしてNPB所属復帰した場合は使用可能になる。

スペシャルノンカード選手

BBH2013で登場したノンカード選手。
キャンペーンで一定枚数のカードを排出すると獲得できた。
従来のノンカード選手と異なり、キャリア3まで成長可能。

選手レベル

カード選手の登録後に変化する選手能力をレベルで表示している。
レベルはBBH1ではLv1〜5の5段階、BBH2~BBH2013ではLv1~9の9段階、BBH2014ではLv1~100の100段階となっており、
BBH2013までのLv9はBBH2014のLv50に相当する。
選手レベルがアップすると、パラメーターが増えたりスペシャルスキルを新たに覚えるなどの変化が現れる。
レベルアップにより能力がどの程度上昇するかは選手個人により異なるが、同一カードであれば必ず同じ値に成長する。
ただし、BBH2014ではLv51以降の成長に関して、MAX値の範囲内であればランダムに成長するようになっている。(Lv51以降は「選手指導」で開眼したカードのみ成長可能。)

ドリナイカード選手

BBH2013より登場した、「ドリナイ×BBH」モードで連携後に登録可能なノンカード選手。
「プロ野球ドリームナイン」の第1オーダーで登録した選手を、BBH上で使用可能な選手として登録できる。ただし、BBHに登場しない選手やカード化されていない選手は登録不可。
選手レベルは(ドリナイでのLv+連携Lv)÷2で決定され、BBH上で新たに経験値を獲得することはできない。
ゲージ(メモリ)による指示は、画面下部のアイコンをスライドして細かく指定可能。

プレミアムノンカード選手

BBH2014より登場したノンカード選手。
「スカウト」モードで獲得できる、最大Lv50まで成長が可能なノンカード。
ゲージ(メモリ)による指示は、画面下部のアイコンをスライドして細かく指定可能。
また、選手成績ボーナスも反映される。
BBH2013から引き継いだ際、スペシャルノンカード選手はこのカードになる。

プロ野球選手カード

お菓子に付いてたりもするが、ここではBBHで使えるものを指す。
試合後に店による設定枚数分排出される。
なお、無くても遊べる。

リアルタイム成長

BBH2010WINNERから試合中の行動(打撃結果、サイン指示、捕殺など)によって経験値が取得できゲージが貯まるとレベルアップする。
なお、試合中にレベルが上がった場合、増加したパラメータ・覚えたSSなどは次の試合から反映される。
BBH2009覇者までは試合後に試合での活躍度合いによって経験値を取得/レベルアップが行われていた。

レアプレミアムノンカード選手 [NEW!]

BBH2014の稼働途中から登場した、開眼可能で最大Lv100まで成長するノンカード選手。
選手アビリティも、ノーマルに加えてレアも発動する。
その他の特徴はプレミアムノンカード選手と同じ。

ワールドベースボールクラシック選手カード

BBH2009で排出されたカード。
WBCモード専用。
BBH2010以降にNPB所属になり、カード化される選手もいるがWBCカードでの登録は不可。