敵キャラ(魔法陣グルグル)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリーを面白くするには魅力的な敵キャラが必要不可欠。
本稿ではスレに書き込まれた魔法陣グルグルの敵キャラを紹介します。
魔法陣グルグルの登場人物(wikipedia)


レイド

かっこよさを追求する魔族の王子、自称魔界のプリンス。
ククリに惚れているような描写があり、ククリをさらったことも。
主な魔法は
地獄のタコヤキ 「もっちゃらほげほげ!」
俺召喚 「北方より出よ美の神……オレ!」
バーニングフィンガーアタック! <勇者の肩こり・腰痛が治った!>
などなど.。
ギャグ漫画ゆえの宿命か根本的に何かが抜けている。
ただし、身の軽さや次々と魔法を使いこなす力は本物。
基本的にグルグル世界にかっこいい闇魔法がない・役立たずなだけにもおもえる。
今回のようなシナリオの場合は様々な魔法を使いこなす強敵になるのでは。
また、ククリとニケにあだ名をつけた男。
「またあったな、ピンクボム&ラッキースター!」


カヤ

ニケが勇者として旅立ったコーダイ王国の魔法使いとして身を潜めていた魔族。
実力は本物であり、シリアスな雰囲気をかもしだす。顔も威圧的なじーさん
その爺っぷりのせいでグルグルのひとつの特徴である「可愛さ」「楽しさ」が理解されにくく、天敵に近い。
ただしグルグルが決して利かないわけではない。
グルグルとの対決に執念を燃やし、最後はフェアな一面を見せてククリに敗北を認めた。
ギャグ要素として虫好き、ナルシストな一面がある。
どちらかというとレイドはニケのライバルで、実力的にも魔法的にもカヤがククリのライバルにあたる。


魔王ギリ

300年前に世界征服を企むがミグミグ族によって封印されたが復活し唯一のグルグル使いであるミグミグ族の生き残りククリを倒そうとする。
途中までは完全に復活していなかったので自らは動かなかったが後半にて完全復活。
しかしククリによって「恋するハート」で再び封印される。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。