現実世界編10話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現在出ている案です。

作るスレ>479


10話 学園祭編
一週間続くまほろ学園祭、を控えたある日、ネギ御一行、校長に呼ばれる。
発光する魔法樹の下で告白すると、成就率100%の呪いとなって相手を縛る。
ゆえに阻止するようにと、担当は水曜日の12~15時。
学園祭当日、さくら達の学年は劇。フェイトの王子様役が大人気。
(さくらの『闇』<ダーク>&『光』<ライト>のイベントは後で使いたいんだけど、他の方法でもいけるからなー)

告白阻止の時間。
知世「さくらちゃん、あれ見てください」 
さくら「雪兎さん!・・・と女の人・・・」
知世「あれは恋する女性の目ですわ。もしかして告白するのかも」
さくら「そ、そんな」
知世「あの方向は魔法樹ですわ」
さくら「だ、だめーー『風』<ウインディ>!!」 女性「あ~れ~」
知世「魔法樹の下で、雪兎さんに手を振ってる女性がいますわ」
さくら「みんな、すばやくお仕事しましょう」

戦闘
一定のエリアに敵の侵入を阻む。敵をオーバーキルしても敗北。敵はHPが一割になると行動不能になる。
ボスは、諸星あたるとか、横島がいいな。伊藤誠ならオーバーキルでも許されるな。

なのは・フェイト・はやてなど、ネギ組のお化け屋敷に行ったり、学園祭を堪能。
茶々丸の茶道部でデバイスを受け取る。夕暮れ、はやての様子がおかしい。
はやて「大丈夫。ほんま体が弱いし、みんな大丈夫や・・・で」はやて倒れる。大道寺病院に運ばれる。
ヴォルケン病院から、はやて倒れるの知らせを聞いて、駆けつける。なのは達と出会う。

574※上記シナリオ作者がプリキュア分も含めた改定案
第10話 まほろ学園祭一日目 新訳ロミオとジュリエット

なのは「おいで斧女、遊んであげるわ」

ネギ組、新訳「ロミオとジュリエット」
ロミオ役なぎさ・ジュリエット役ほのか。
(ネギ組も出すために劇内容変えたほうがいいかな)
ポイズニーが操るザケンナー乱入。
劇にまぎれつつ、戦闘開始。
なぎさ「よくも私達の劇をめちゃくちゃにしてくれて、許さないんだから」
ポイズニー撃破。闇に還る。プリズムストーンを手に入れる。

最後のプリズムストーンを握り締め、戦う決意をするキリヤ。

第11?話

まほろ学園祭三日目 告白を阻止せよ
以下wiki10話と内容は同じ。

戦闘終了後、キリヤ、ほのかの元へ、二人っきりで話がしたい。
キリヤ、ほのかに自分がドツクゾーンから来たと告げ、去る

なぎさ「ちょっと押さないで」
ネギ「やっぱりこうゆうんは良くない気が・・・」
後ろの植え込みからなぎさ達が押し出される。
なぎさ「いや・・・あのその・・・、ほのか?どーしたの?」
ほのかキリヤのことを話す。

深夜、忠太郎が、明日、朝四時と書かれた手紙をくわえている。

第12話? 
 まほろ学園祭四日目 全てを生み出す力

早朝、なぎさ達と対峙するキリヤ。見守るネギ達。
(戦闘はイベント扱いかな)
キリヤ、最後のプリズムストーンを託す。
ジャアクキング「逆らうものには死を」
雷がキリヤを貫く。キリヤの姿が霧散する。
キリヤ「もしも、僕もこの世界に生まれていたら、運命は変わっていたのかもしれませんね」

朝、最後のプリズムストーンをプリズムホーピッシュを入れる。
ポルン、虹の橋を渡って登場。
ポルン、我がまま全開、プリキュア達(全員)を、光の園へと連れて行く。
全てを生み出す力にで、虹の園を再生させようとしたとき、
ジャアクキングそれを阻止せんと登場。

戦闘開始。

終了後、別れを惜しむ、メップル・ミップルとなぎさ・ほのか。
なぎさ「あーー、光の園の一日は私達の世界の100年に当たるんじゃ・・・」
長老「大丈夫じゃ、ポルンに任せておけば、時間を調整してくれるはずじぁ。
    出発した同じ時間につくようしておこう」

なぎさ達、虹の園・地球に戻ってくる。
しかし、周りの様子がおかしい。表に出てみると、町が瓦礫と化している。
朝出たはずなのに、空は暗く闇に包まれている。
空から茶々丸が落下してくる。
ネギ「茶々丸さん、その姿は・・・」ぼろぼろの茶々丸。
茶々丸「ネギセン・・・」動かなくなる茶々丸。
「一体何が・・・」
そこに陽気にメップル・ミップル・ポルン登場。
話を聞けば、ポルンが本来つくはずの時間より、三日後に送ってしまった、
ちゃんと元の時間に戻すために、再びやって来た。
ネギ達、三日前に戻る。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。