現実世界編9話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現在出ている案です。

作るスレ>478


9話 学校の怪談編
エヴァ、学園長に呼び出される。最近生徒の間で幽霊を見たとかいう話が持ち上がってる。
どーも本当らしい。調査よろしく。エヴァ、めんどくさいと、ネギ達に修行の一環として調査しろと命じる。
生徒の幽霊話「ほんとにいるのかな~」「ふふふ、黙ってたけど実は私視えるんだ。幽霊はあそこにいる」
さよ「ええ~~視える人が(感涙)」「な~んてね」「うそかよー」

夜の学校探索するネギ一行(全員)、の後ろ付いていくさよ。
探索するがなにもなし。やっぱガセだったんだと、帰ろうとした時、校庭に人魂が、パニックになる一同。
ケロ、クロウカードの気配を感じる。火の玉の正体は『火』<ファイアリー>

戦闘終了
ケロ、ケロベロスとして覚醒し四大元素封印に成功したため 、記憶が戻る。
ヴォルケンが持っていた本は、通称「闇の書」という。どこで生まれたかは不明。
一定の魔力を蒐集することで、闇の書は覚醒し、無限の知識と力を与えるというが、定かではない。
しかし、覚醒後すぐに暴走し、所有者を飲み込みながら、世界を破滅へと導く。
覚醒以前に、所有者が死亡、または凍結など行動不能と判断した場合、新たな宿主を探して転移する。
「闇の書」自体を破壊しても、すぐに再生し、新たな宿主を探す。
前の宿主はクロウ・リード。クロウ・リード、「闇の書」を研究をし、原因の元を発見。これを『無』<ナッシング>と名づける。
研究の過程で、魔法を使用できるカードを闇の書より作成する。クロウカードの誕生。
しかし、クロウそのものの魔力を少しずつ蒐集し続け、「闇の書」覚醒一歩手前まで来てしまう。
「クロウカード」を対「闇の書」として残し、クロウ自害。

魔力を集めているなら、次はさくらが狙われる可能性が高い。
その時になんとしてでも止めないと世界が滅ぶ。
なのは「だけど、そんな悪いことをたくらんでる人たちにはみえない」というが、聞き入れてもらえない。(これは良くないかな?他キャラを落としてるように見えるかも)


作るスレ>486

学校の怪談編近辺で学園祭編の前に

ポイズニー撃破
喧嘩した話を入れてないから普通に出てきて戦う
他のイベント中に出てきてやられる感じ?

キリヤ退場
キリヤはほのかと仲良くなりかけてたけど、姉であるポイズニーがやられたことで戦う決意をする
最後はプリズムストーンをプリキュアに託し自ら消える
ポイズニー撃破の翌話
キリヤが仲間になるのは(説得した場合でも一回目の)ジャアクキング戦でいいと思う
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。