VIVID SDKのサンプルプログラムをビルド、実行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

試しにサンプルのソースをビルド実行する

以下のフォルダの中の

\vivid_runtime_sdk_1.0\examples\opengles\maincore_example\build\platform\vs2008


maincore_example.sln をダブルクリック

VisualStudio2008が起動するので、

ビルドする
F7キー(もしくはメニューから ビルド>ソリューションのビルド)

実行する
F5キー(もしくはメニューから デバッグ>デバッグ開始)で実行

しばらく待って
画面に色が次々に変わるウインドウが表示されてはOK
画面の右をクリックで色々な画面の表示、画面のセンタークリックでプログラム終了