VIVID Runtime SDK とは?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

VIVID Runtime SDK とは?
GMOゲームセンターで配布されているSDK
現在Androidで動作させる事が可能
http://gmo-game.com/

特徴
WORA(Write Once, Run Anywhere)を実現
通常のネイティブコードと同じパフォーマンス
C/C++/Objective Cをサポート
OSを抽象化する層としてOpenKODEを採用
ミドルウェアカスタマイズによって独自の拡張API追加にも対応可能
アプリケーション開発環境として「VIVID Runtime SDK」を提供
Microsoft Visual Studio2008のプラグインと
eclipse 3.5のプラグイン有り(v1.1 RC1移行)

現在の最新版
SDK
VIVID Runtime SDK v1.1 RC1 (eclipse 3.5 サポート)

Runtime
VIVID Runtime v1.0.0 for Android 1.6
VIVID Runtime v1.0.0 for Android 2.x

情報元
アンドロイドやろうぜ、公式Twitter
@androidyarouze

公式開発ページ(デベロッパー登録から)
http://gmo-game.com/