あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロテリ2

朝。
それは目覚めと支度の時間。
しかし、その支度が進まない少女が一人。ルイズだ。
従者となる存在がいる場合、貴族はそれに身の回りの世話をさせることがマナーであり常識だ。
しかし、ルイズがペルデュラボーに着替えを手伝わせようとすると、どこからか-彼の読んでいる本から-凄まじい殺気が発せられてくるのでそれができずにいた。
「どうした?そろそろ着替えて出かけないと遅刻するぞ?」
「うん、分かってるんだけどね。貴族は従者にあたる人がいる場合は、それに世話をさせるのがマナーなんだけど、ね・・・」
ペルデュラボーは多少考え込んだ後に宙に魔方陣を描き出した。ある生物を召喚するためだ。
『異星の地で生まし者よ。異星の地で余を信仰せし者よ。異星の地で余を待つ者よ。余は汝の存在を三度唱えん。汝、余の喚びかけに応じよ』
その呪文に応じるように魔法陣は光を強くしていき、一際光が強く発すると同時にある生物がこの世界に現れた。
「な、なななな、なんなのこいつ!?」
ペルデュラボーが呼び出した生物を一言で表すとタコだった。それも人間サイズの。
「それは以前余が作り出した奉仕種族だ。もっとも、邪神によってなかったことにされていたのだがな。
名前は・・・覇道の者たちはマーズ・ピープルと呼んでいたからそれでよかろう。身の回りの世話はそれに任せるといい。」
そういい終わると、彼は読書を再開した。

ルイズはマーズ・ピープルに着替えを手伝わせている間、ずっと混乱しっぱなしだった。
(使い魔なのになんで召喚ができるの!?それに作り出した?この生物を?一体何者なのよ、こいつ・・・)
昨晩、彼の素性を聞き出そうとしたのだが、別の世界から来たということ意外は全てのらりくらりと回避されてしまって、ろくに聞くことができなかった。
その上に、僕となる生物を召喚されてしまっては混乱するのも無理はない。
(昨日は全然聞けなかったけど、今日こそは絶対に突き止めてやる!)
でっかいタコに寝巻きを脱がされながら、その決意を胸に彼女の一日が始まった。


「おはよう、ルイズ」
「・・・おはよう、キュルケ」
ルイズたちは部屋から出ると、タイミングを計ったかのように-実際に測っていたのだが-部屋から出てきたキュルケとあいさつを交わした。
「ふ~ん、その人があなたの使い魔?」
ペルデュラボーをマジマジと眺めつつ確認をするキュルケ。
「そうよ」
「初めまして、マドモアゼル。余の名はペルデュラボー、以後お見知りおきを」
「こんなヤツに礼儀正しくする必要なんてないわよ」
社交辞令に近い挨拶をしたペルデュラボーだが、ルイズはぶっきらぼうにその行為を否定した。

「こんなヤツとは失礼ね。それにしても、本当に人間なんだ」
ルイズが人間を召喚したということは聞いていたが、本当に人間だった。それもかなりの美男子。
ここは一つ、唾でもつけておこうかしら?

そう思ったキュルケだがすぐにその考えを捨てた。
ルイズが着替えをさせようとした時以上の殺気を感じたからだ。
「じゃ、じゃあまた後で」
そういうとキュルケは顔を青くしたまま、足早にその場を去っていった。
「? なんなの、あいつ?」
「さて、な」


ともかく、彼女たちの一日が始まった。

新着情報

取得中です。