あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

使い魔の逆襲 1

どこかの水の中、辺りに空気の泡が浮かんでは消えてゆく。
どうやらこれは『彼』が見ている夢の様だ。

―― ここはどこだ? 私は誰だ? ――

『彼』が静かにそう呟いた。

―― 私は記憶に無いこの世界をいつも夢見ていた ――

辺りを水草が揺らめいている。
ふと、その間を誰かが通り抜けていった。

―― ん?お前は誰だ? 待ってくれ! ――

『彼』は急いてその誰かを追いかけ、水の中から飛び出した。
その誰かは一直線に山の向こうへ飛んで行き、『彼』の視界から消えていった。

―― 私は あの誰かが飛び立って行ったあの世界を 忘れない ――



再び泡が辺りを覆い、『彼』は夢から目覚めた。
『彼』は何かの液体に満たされた試験管の様なガラスケースの中で、身体中を何かのケーブルで繋がれ、赤ん坊の様に浮かんでいた。

―― ここはどこだ? 私は誰だ? 誰が私をここへ連れてきた? ――

そう呟くと、『彼』は再び瞳を閉じた。

―― 私は誰だ? 何故ここにいる? いや 私はまだここにいるだけだ 私はまだ 世界に産まれてすらいない ――

『彼』の脳裏に、あの記憶に無い水辺の景色が浮かんだ。
そして、あの誰かの姿も脳裏に浮かんだ。

―― 私は誰だっ!! ――

『彼』の瞳に光が宿っり、『彼』のいる試験管の様なガラスケースにヒビが生じた。
ヒビは一瞬でガラス全体に行き渡り、今にも砕け散ろうとしていた。

だが砕け散る瞬間、『彼』は突如現れた鏡のような何かに吸い込まれる様にして消え去った。
『彼』が消えた後、ガラスは耐えきれなくなり、粉々に破壊された。
その音を聞いた研究員達はケースのあった場所へ視線を向けた。
だが、そこには何もなかった。
無論、彼らが長年に渡り研究を重ねてきた『彼』の姿も、忽然と消えていた。





「おぉ、成功したようですな」
「ルイズが召喚に成功したのか?」
「そんなバナナ!?」
彼らは口々にそう叫んでいた。
ゼロのルイズの事だ、どうせ失敗する。
ほとんどの者がそう考えていたからだ。

「こ、これが・・・私の使い魔なのね!」
「・・・使い魔?」

先ほどまで試験管の中にいたはずの『彼』は、なぜか芝生の上に座っていた。
突然の事に多少の動揺はあったが、冷静に自分の置かれている立場を分析し始めた。
そして、視線を自分を使い魔と呼んだ彼女に向けた。





ルイズはこれ以上ない喜びを味わっていた。
召喚された『彼』はまさに、彼女が望む神聖で、美しく、そして強力な使い魔であった。
強大な力を秘めていそうな瞳、薄く紫かかった白い肌、とがった角のような耳のようなもの、細くも頑強そうな長い手足、そして紫色の腹部と長い尻尾。
彼女は喜びを全身で表しながら『彼』の問いに答えた。
自分の名前と、サモン・サーヴァントについてだ。
ここは著者よりも皆様の方がわかっていらっしゃるであろうから省略させていただく。

「・・・そして、あなたが召喚されたのよ!」
「お前が・・・人間がこの私を?」

召喚された『彼』の力を知らないルイズであったが、その力の強大さは離れた所から見ていた者にもわかるほどであった。

(これで、私の凄さが照明されたのよ!)

ルイズは有頂天になっていた。
他の者達もルイズが成功させたことに動揺していた。
そのため、『彼』の異変に誰一人気づかなかったのだ。





自分の置かれている立場を聞いた後も、ルイズや他の人間達は何かを頻りに話していたが、『彼』の耳には入ってなかった。

―― 私は誰だ? ここはどこなんだ? ――

『彼』は、ルイズとはまったく逆に、これ以上ない怒りに満ちていた。

――  私 は 何 の 為 に 産 ま れ た ん だ っ ! !   ――

辺りに亀裂が生じ始め、ようやく彼らは異変に気づいた。

「な、何だよコレ!?」
「み、皆さん落ち着きなさい!」
「・・・逃げるわよタバサ」
「きゅいきゅい」

だが、全てが手遅れであった。





『彼』の眼が光った瞬間、亀裂は割れ、『彼』の周りにいたルイズ以外の生徒達は、衝撃波の様な何かで吹き飛ばされた。
地割れからは爆発まで起こり始めていた。
衝撃波に巻き込まれなかった生徒達とコルベールは慌てていくつかの魔法を唱えたが、全て『彼』の周りに生じたバリアによって掻き消されていた。
『彼』が視線を向けた先は、ルイズの失敗魔法の如く爆発が生じ、近くにいた生徒を吹き飛ばした。
最早逃げることさえ難しかった。
そんな中、タバサとキュルケだけはシルフィードに乗り危機を免れたようだ。




辺りは黒煙と炎に包まれていた。

最初にいた場合から、恐怖で身動きが取れなくなっていたルイズは呆然としながら呟いていた。

「・・・神聖で、美しく、そして強力な使い魔を召喚する・・・」

ふと、ルイズの視線の先にあった炎と黒煙が割れ、バリアを纏った『彼』が現れた。

「私の夢が・・・」

ルイズは死を覚悟した。

しかし、『彼』はバリアを解き、視線を彼女へ向けた。

「これが私の力・・・私がこの世で一番強い使い魔」

そして『彼』は、こう聞いてきた。

「・・・ルイズ、お前よりも強いのか?」





「あ、アナタは確かに世界一強い使い魔かもしれないわ!」

『彼』の思わぬ問いにルイズは震えながらも答えた。

「だけどこの世界にはもう一つ、強い者が存在するのよ!」
「・・・メイジ?」

『彼』はルイズの心を覗きながら尋ねた。
ふと、『彼』はルイズの顔をどこかで見たことがあるような気がした。

(・・・似ている?いや、そんなはずはない)

『彼』の脳裏には、藍色の髪の少女の姿が浮かんでいた。
自らの命で、生きることの、命の大切さを教えてくれた、あの少女の姿を。



「アナタと私が力を合わせれば、何でもできるわ」

勿論嘘である。が、『彼』が何かをする前に契約をしなければいけない。
そう考えながらルイズは語り続ける。



「ただし、アナタのその力を野放しにしたら、世界が滅びちゃう。アナタは力を制御しないといけないの」
「・・・制御?」

その言葉を聞いて『彼』はルイズの話に耳を傾けることにした。

「力に任せて、世界中をこんな風にしてもいいの?」
「・・・どうすればいいのだ?」

ルイズはよし!と心の中でガッツポーズをとった。
無論、『彼』に心を覗かれているとも知らずに。

「私と契約をすればいいのよ!」

コントラクト・サーヴァントさえすればどんな凶暴な怪物も大人しくなる。
ルイズはあの爆発でも手放さなかった杖を握り直した。

「アナタはそこで大人しくしてればいいからね!」

『彼』の前まで歩み寄る。
とてつもないプレッシャーに襲われるが、それでもなんとか呪文を唱える。

「わ、我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール!五つの力を司るペンタゴン!この者に祝福を与え、我の使い魔となせ!」

詠唱が終わり、ルイズは『彼』と唇を合わせようとした。
      • が、ここで思わぬ問題が発生した。





「何してるの!躊躇ってる場合じゃないわよ!」

タバサや無事だった生徒達と負傷した生徒達の救助活動をしていたキュルケは叫んだが、何故かルイズは動かなかった。

「・・・と」
「と?」

と、何だろ?
キュルケの疑問はすぐに判明した。

「・・・とどかない」

はいジャンガジャンガジャンg(ry
キュルケの脳裏には何故か細長い二人組の男がポースをとっている図が浮かび、すぐに消えた。

「と、とどかないってアンタ――」
「これでいいのか?」
キュルケがツッコミを入れる前に『彼』が膝を折りルイズに顔を近づけてた。
今こそ大事な大事なアタックチャンスである。
ルイズはすぐに唇を合わせ、そして慌てて離れた。

「・・・これが『使い魔のルーン』というものか」

『彼』は自分の左手の甲に文字が刻まれてゆくのを見つめていた。
『彼』の左手にルーンが刻まれてゆくのを確認したルイズは一気に疲労感に襲われ、そのまま気を失ってしまった。


こうして、ルイズは『彼』と使い魔の契約を結んだのであった。

全ての『ポケットモンスター――縮めて、ポケモン――』の先祖と呼ばれている幻のポケモン、『ミュウ』の遺伝子を基礎に、
『彼』の世界のありとあらゆるポケモン達の遺伝子情報を組み込み産み出された、
世界の全てを破壊することさえ可能であると言われる、最強のポケモンが
『彼――ミュウツー』だとも知らずに。


新着情報

取得中です。