※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】結城美知夫
【出典】MW
【口調】一人称:私、俺、等。(賀来に対して、性的関係を持っている場合などには、僕、が多い)
二人称・三人称:○○さん、きみ、おまえ、等。(賀来に対して、性的関係を持っている場合などには、あんた、等)
【性格】慎重且つ計画的で、良心の類がほとんど無い。同時に、ときおり衝動的で破滅的振る舞いに及ぶ事もある。
【能力】・女装/変装 元々の面立ちが女性的なこと、歌舞伎役者の家計に生まれていることなどから、女性に変装するのが巧みである。
 又、声色などを駆使し、比較的似た顔立ちの異性であれば、完全に本人になりすますほどの変装も出来る。
  • 語学力:英語の通常会話が可能。
【備考】
 ごく幼い頃に訪れた沖の真船島にて、毒ガス“MW”の漏洩事故に巻き込まれ、微量の毒ガスを吸ってしまう。
 その結果、脳と心臓にダメージを受け、また後に 「自分が死ぬときには、MWを使って全人類を道連れにしたい」という妄執を抱くようになる。
 物語の開始時には、表向きは有能だが大人しい銀行員として、影においては連続誘拐事件を起こし、何人もの人間を殺す殺人者となっている。
 その犯罪の懺悔を、沖の真船島で知り合い、また同時に性関係を持った神父の賀来巌に告白していた。
 犯罪の目的、対象が、次第にかつての “MW漏洩事件” の隠蔽工作をした関係者に絞られる用になったことから、同様に島での惨劇を目にしていた賀来神父は「かつての悪を暴き出し、復讐する目的」と誤解し一時的に協力を得るが、「MWを奪い、世界中にばらまきたい」と動機を告白。
 “MW”の場所を突き止め、それを奪って人質と共に飛行機で逃走するが、縁の切れていた瓜二つの兄、歌舞伎役者の河本玉之丞と、賀来神父の決死の行動により阻止されるが、自身は誤って射殺された兄に成り代わる。
 脳と心臓に受けたダメージは深刻で、時折激しい頭痛に苛まれ、自身の余命も僅かと自覚している。





以下、ジャスティスバトルロワイアルにおけるネタバレを含む


+ 開示する







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー