※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

早合点 ◆2UzNvTAEXA



背後で発生している火災やら、アイビーが遺した変な植物やらは、当然無視した。
松田は、森を出るべく急ぎ走り出す。

――早く、たけるくんの元へ!

殺人を犯した興奮もあってか、急がなければ、という焦りはかなり強い。
巴が守っているとは言え、たけるくんから長く離れることが許されるわけがない。
何しろ、此処はいつ悪人と遭遇してもおかしくない場所なのだ。

……だが、何しろここは森である。
ポイズン・アイビーが死んだため、松田が植物に囚われるようなことは無いものの、
十分に明るいとまでは言えない時間帯で、しかも革靴を履いているから、走るにしては足元の状況は悪かった。

躓いたり滑ったりを幾度か繰り返しつつ、しかし焦る松田は減速することなく森を走る。

そんな風に走っていたから、幾度目かの躓きの際に、彼は本格的に転んでしまった。
しかも転んだ拍子に、右足のすねを木の根にしこたま打ちつけてしまう。

「った! ……クソ!」

思わず悪態をつきつつ、彼は立ち上がる。
……出血は無いようだし、軽い打撲で済んでいる、と信じたい。
たけるくんが待っているのに、ここで立ち止まるわけにはいかないのだ。

そうして、立ち上がった松田は再度走り始める。
また何度か躓きつつも、彼はどうにかこうにか森を抜けた。

南東方向に建物を認めてからは、脇目も振らずそこに向かった。
誰にも出会うことなく走り続け、E-10の511キンダーハイムに到着。
そこで待っているはずの巴とたけるくんに合流するため、建物の中に入り、

そこで松田は絶句した。

――――――――――――――――――――――――




「……巴! これは……! いったい何があったんだ!?」

巴のもとにやってきた松田は、かなり興奮した様子で問いを発した。

驚きを帯びた問いかけを受けた巴は、しかし無言のまま答えない。
主人の命令は絶対だが、問いかけに答えて出来事を説明するだけの口は、犬にはない。

ただ、巴は松田の足元に移動してお座りの姿勢をとった。主人の次の指示を待つためである。
だが巴の視線の先、彼は、アタフタとした様子だ。
軽くパニック状態の主人は、しばらくして再度言葉をひねり出し……

「巴、たけるくんはどこに……、
 あ、イヤ!!」

何かを思いついたらしい主人は、小さく声を上げた。
少し思考が落ち着いたのか、彼は、その場に軽くしゃがみ込み、そのまま巴の目を見つめる。

「巴。今からお前にいくつか質問する。
 質問の、お前の答えが『はい』なら、短く1回吠えてくれ。
 ……逆に、『いいえ』なら、吠えずに黙っていてくれ」

そんな命令を巴に下した彼は、念を押すように質問した。

「……今の命令の内容、理解できてるな?」

もちろん、巴は理解できている。

「ガウッ!」

――――――――――――――――――――――――




我ながら良い方法を思いついたな、と松田は思う。
この方法ならば、犬の巴にも答えられるだろうから。

ここ、511キンダーハイムにいるはずのたけるくんは、しかし何故か消えていた。
土まみれの若い女の子の死体と共に、巴がいるだけの状態。

松田がいない間、ここで何かがあったのだ。

松田は、目の前の女の子の死体を見やる。
まさか巴がこの子を殺したのかとも思ったが、それは多分ないだろうとも思う。
パッと見た感じ自殺のようで、しかも、すぐ傍の地面の穴から引きずり出されたようだから。

この子は自殺し、その死体は一旦埋められた。その後、この子は掘り出された。
誰がそうしたのかは、もちろん分からないけども。

――まさか、たけるくんはこの死体を見て、……怖くなって逃げた?

松田の頭の中で、そんな物語が思い浮かぶ。

「巴。この女の子は、お前がここに来た時には、……もう亡くなっていたのか?」

「ガウッ!」

「お前はこの子を埋めたのか?」

「……」

「じゃあ、掘り出したのはお前か?」

「ガウッ!」

なるほど、と松田は考える。
誰かがこの子の死体を埋め、それを巴が掘り出した。
犬の嗅覚は人のそれよりもかなり鋭い。きっと死体の発する臭いなり何なりに気づき、この子を掘り当てたのだろう。




「……たけるくんは、この死体を見てパニックになったのか?」

「ガウッ!」

松田の想像通りの、巴の返答。
やはりたけるくんはこの死体を見てパニックになり、そして怖くなってここを去ったのだ。

「お前なぁ……」

巴を思わず責めたくなるが、今は何も言うまいと逆に思い直す。
たけるくんに死体を見せるな、なんて命令は出していないし、そもそも巴は犬だ。そんな気遣いは期待できないだろう。

……この時、松田がもし『たけるくんは死体におびえてここを去ったのか?』等と聞いていれば、その後の展開は違っていただろう。

だが、松田は早合点するというミスを犯した。
自分の想像通りのことが起こったと思い込んだから、たけるくんと巴が誰かに襲われたなどと考えもしなかった。
ここは、悪人といつ何時出くわしても不思議でない環境なのだと、自覚しているにも関わらず。

「……たけるくんが、どこに行ったか分かるか?」

「ガウッ!」

「本当に分かるんだな?」

「ガウッ!!」

「じゃあ、たけるくんの所へ案内してくれ。たけるくんを保護しに行くんだ」

そう命令し、松田は腰を上げる。
巴は、地面の匂いを嗅ぎながら進み始めていた。



【E-10 511キンダーハイム 庭/一日目・早朝】
【松田桃太@DEATH NOTE】
 [属性]:その他(Isi)
 [状態]:健康、右足のすねに軽い打撲
 [装備]:背広と革靴、コルト・ニューサービス(弾数2/6)@バットマン
 [道具]:基本支給品一式*2、ジョーカーベノムガス噴霧器@バットマン、巴の笛@MW、松田桃太の遺言書、不明支給品1~3
 [思考・状況]
 基本行動方針: 謎を解き、実験を辞めさせ、犯人を捕まえる。
 1:キラのような悪は殺害する。
 2:巴についていき、たけるくんを保護する。
 3:弱者を守る。
 [備考] おそらく、月がキラの捜査に加わってから、監禁されていた時期を除く、ヨツバキラとの対決時期までの何れかより参戦。
 たけるが、相沢栄子の死体におびえて511キンダーハイムを去ったと思い込んでいます。

※巴が、命令者の質問に答えるようになりました。
 質問の答えが『はい』なら一回吠えます。『いいえ』なら吠えません。




時系列順で読む


投下順で読む



Forest Of The Red 松田桃太 [[]]







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー