※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一話「戦う者への祝福」

今回予告

オリジンの小国リーベリア。この国は今、テオスの猛攻にさらされていた。
日々悪化する戦況を前に、神殿の司教リーシェは英雄召喚の法を決行する。
だがこの国を襲う真の驚異はテオスではなかった。
夕闇の魔に相対するとき、少年は自らの戦う意味を知る。
異界戦記カオスフレアSecondChapter
『戦う者への祝福』
人よ、未来を侵略せよ!

ハンドアウト

▼PC①
推奨ミーム:フォーリナー シナリオパス:オリジンへの任意
ある日何気なく手にとったあかがね色の本を開いた時、君はまばゆい光に包まれた。
飛ばされたのオリジンと呼ばれる世界、その戦場だった。
目の前に広がるのは人々の悲鳴、一方的な虐殺。
そして君の手には戦う力があった。

▼PC②
推奨ミーム:なし シナリオパス:リーベリアへの忠義
君はリーベリア王国に仕える騎士であり、この国唯一のカオスフレアだ。
テオスとの戦いは悪化の一途を辿り、戦線は徐々に後退していく。
この状況を前に神殿の司教リーシェは英雄召喚を行うという。
ならば君の使命は、この国と来た英雄を護ることだ。この国の希望の灯を消させはしない。

▼PC③
推奨ミーム:パンデモニウム シナリオパス:ジャンヌ・アマクサへの誠意
君はリョウ・アマギ大佐の支配に反逆し、アーミーや黄泉還りと戦うデーモンロードだ。
ある日君のスレイマンシステムにジャンヌ・アマクサからのSOSが入った。
政府広報で流れる安っぽい偽物ではなく、本物のジャンヌ・アマクサだ。
聞けばロッホ・ランに封印されていたワイルドハントの一人が解き放たれたという。
そいつを止める。それが今回の君の仕事だった。

▼PC④
推奨ミーム:なし シナリオパス:神炎同盟への使命感
君は神炎同盟に所属する闘士だ。ある日カオスフレアである君に緊急の指令が下った。
何でも、大陸南部で神殿が次々に破壊され、それに呼応して黄泉還り化の速度が早くなっているという。
神炎同盟の一員として、これを見過ごすわけにはいかなかった。