※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「仮面の英雄」

アクトトレーラー

西方歴1060年11月。ハイデルランド制覇を目指すブレダ王国の僭王ガイリング二世がついにエステルランド王国へ侵攻を開始する。
迎え撃つは“傭兵伯”と綽名される猛将ゲオルグ・シュローダー。
のちに「リヒテンフェルトの戦い」と称されたブレーデル戦争の緒戦では恐るべき闇が潜んでいた。
それは歴史書には描かれぬ、闇を討ちし英雄の物語――

レギュレーション

基本、ゲート・オブ・ザ・ブレイヴ、スレイヤーズ・オブ・レッドドラゴン・GF誌追加データ何でも有り。
経験点30点+レリックアイテムひとつ(値段は無視)
特殊因果律は相談の上決定。最低でも1060年で取得可能なもの。

ハンドアウト

※PC番号は設けません。推奨アルカナでの区別とします。
 4人の場合は指定無しのハンドアウトどちらかを外します。

アルカナ……アルドールorグラディウス(白兵戦闘系、非人間は推奨しない)
 因縁:○仇敵/ゲオルグ・シュローダー
  エステルランド王国の英雄。傭兵伯多くの民衆からも畏敬の念を寄せられている。
  だが、少なくともあなたは知っている。この男は己の欲望のため、邪剣に魂を売った背徳者であると。
  このまま王国を牛耳る立場に上げさせるわけにはいかない。

アルカナ……アダマス(ディフェンダー)
 因縁:○同志/ノエル・フランシス・エルマー
  エステルランド神聖騎士団の団長。慈愛に満ちた少女でヒルデガルド王女の親友でもある。
  彼女はゲオルグとその手にある魔剣が恐ろしいモノでないかと疑っている。
  また、神聖騎士団を率いてこの戦に参戦する。
  あなたは理想主義な彼女の力となろうと考えている。

アルカナ……コロナorマーテル(支援系)
 因縁:○恩人/フライブルク伯レオポルト
  エステルランド王国貴族。名将としても名高い老人。今回の戦争にも将の一人として参戦する。
  ゲオルグ・シュローダーの政敵であり、この戦に乗じて暗殺を狙われているらしい。
  あなたを年の離れた友人、もしくは孫のように扱ってくる老貴族であり、多大な恩がある。
  いつか恩を返したいと常々思っている。

アルカナ……指定無し(クレアータや主我ディアボルスは非推奨)
 因縁:○友人/“ディアスポラ”アルダ
  1040年に焼かれたメオティアの森の生き残り。人間族に復讐しようとも考えているエルフの女性。
  メオティアの森跡に潜んでいた野盗を討伐した際に助けられた。彼女が人間を憎悪する理由も聞く
  ことができたが、なんとかその復讐心を鎮めてあげたいと思う。

アルカナ……指定無し
 因縁:○主人/“黒騎士”ヴォルフガング・ホルハイム
  ハイデルランドを始めて統一した王、アイルハルトの異母兄。魔神アグクラスを封じるため、その心臓を
  自身に封じ呪われた不死者と化すもの、ハイデルランドを陰から見守る守護者となっている。
  あなたは主人より、この戦の趨勢を見届けよと命じられる。それは勝者がハイデルランドの安寧を脅かす
  者であると判断するならばその者の抹殺も含まれていた。

追加特殊因果律

以下は1st版にあったが3rdで消えたもの。データは3rd版に合わせて改造済み。必ず選ぶ必要はありません。
No.の「F」は旧版ランド・オブ・ザ・ギルティのNo.を示します。

No.F039「果たされざる約束」(アルダとの因縁を持つキャラ用)
 メオティアの森が焼かれた際に死んだ、アルダの恋人or親友の森人の転生者となる。

[祝福]
 「種別:森人」のフルキフェルの特技をひとつ取得できる。LV型なら1レベル。
 ただし種別に過去、現在、未来が含まれているものは取得不可。
[呪い]
 DP上限値−3(【希望】は変化しない)


No.F049「果たされざる贖罪」(ゲオルグとの因縁を持つキャラ用)
 メオティアの森を焼いた日にその場に居合わせた者となる。常軌を逸したゲオルグの挙動を咎め、
 彼に挑むものの敗北。以来、あの魔剣に対抗するための技を模索し、手に入れることができた。
 あらゆる器物から魔力を奪い取る技“消散の秘儀”を。

[祝福]
 “消散の秘儀”の儀式内容を自身の身体に宿している影響で魔法にかかりにくくなる。
 この祝福の持ち主を「種別:魔法」の特技の対象とする場合、発動判定にダイスペナルティ−1を受ける。
 また、宣言することで秘儀を発動させ、対象のディアボルスの特技を全て使用不可能にする。
 “消散の秘儀”の効果は1シーンの間有効。1度使うとこの因果律は昇華される。
[呪い]
 友好的な魔法の効果も祝福の対象となってしまい、発動にペナルティを与えてしまう。