※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「砂喰らう男」

ごきげんよう、諸君。

私はダルタニア・イーヴァルカーン。

今宵は、一人の魔法使いの話をしよう。

彼は、非常に優秀な退魔師で、多くの魔を討ち滅ぼしてきた。

伝説になるほどに。

しかし、彼の伝説は突如終わる。

一人のアヤカシに負けたとき。

そして、そのアヤカシは・・・彼が、退魔師になる目的でもあった。

さて、今宵はその退魔師の物語を語るとしよう。

彼が彼になった物語を。



・・・一番古い記憶は、炎に焼かれた自らの家。

俺を逃がすために死んだ父と母の姿。

その、俺が退魔師をしている理由。

炎に焼かれて死んだ両親と、炎の向こうで笑っていた誰か。

その誰かがアヤカシである、ということは祖父が教えてくれた。



祖父は、非常に優秀な退魔師だった。

そして、俺にもその才能は受け継がれていたらしい。

祖父から教わったのは、戦うための術と、護るための術。

力をつけ、術という牙を手に入れた俺は、アヤカシを葬り続けた。

いつか、仇を討てると信じて。



そのアヤカシ退治はいつも通りのはずだった。

ナイトワーデンとやらから派遣された他のメンバーを置いて、一人先走る。

俺の術で殺せない相手はいない。その傲慢さもあったのだろう。


そして、そのアヤカシを捕捉する。

それは・・・忘れもしない、あのアヤカシだった。


自らの最大の力で攻撃を仕掛けた。

しかし、その術は・・・いとも簡単になぎ払われる。

ちょんと指で弾いた。相手からすると、その程度の認識なんだろう。

はじき返された術で、俺は致命傷を負い。

負けた、という事実を一瞬で理解する。

追い求めてきた相手に、俺は再び負けたのだ。

・・・そして、父たちと同様に、俺は死を迎えるのだろう。



覚悟を決めた瞬間だった。

俺と、アヤカシの間に誰かが割り込む。

「独断専行とは感心しないな、魔法使い!」

ナイトワーデンから派遣されたという男だった。

「責任追及は後だ。生き残るぞ!」

男は言い放ち、俺を護りながら、その場から離脱した。



安全な場所にたどり着いたが、俺の状態は最悪だった。

俺をみた、タタラもマヤカシも、10人中10人が助からないと言うだろうほどに。

・・・しかし。

・・・死にたくない。

・・・仇を・・・討つまでは・・・!


そうして、俺は蘇る。

・・・失ったのは、戦うための術。

得たものは、砂の体。

残ったものは、護るための術。


男に、ナイトワーデンに誘われた。

「お前さんは、同じ間違いをしない男だろう?

  剣を護るための盾。何かを倒すなら、それも力だ。」

それだけを言って、彼は俺を魔術師として、ナイトワーデンに推挙した。


そして、俺は今も戦い続ける。

例え、仇を討つのが自らの力でなかったとしても。

例え、砂を喰らってでも。

俺は生き、戦い続けてやる・・・!



・・・さて、ここまでが、彼が彼になるまでの物語。

続き?

それは、まだ紡がれていない物語なのだよ。

私も一人の読者として、ぜひ読ませていただきたいものだがね。

彼は復讐を果たせるのか?

復讐を果たしたとして、その後、如何に生きていくのか?

ふふふ、とても興味深いね。

願わくば、彼の物語の終焉が、幸福で彩られんことを。

それでは、御機嫌よう。

君も良い物語を。