あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

使い魔の逆襲 2

あーたーらしーいあーさがk(ry



早朝、先に目を覚ましたのはミュウツーであった。
ミュウツーは目覚めると軽く身体を動かし、カーテンと窓を開け、着替えを用意し、隅にまとめてあった衣服を宙に浮かべると、洗濯をするため外へと飛んだ。
昨日気絶したルイズを部屋へと運ぶ際に、赤い髪の女性に使い魔の仕事とは何かを聞いていたのだ。
無論キュルケは嘘偽りなくその内容をミュウツーに教えていた。



「・・・これで良いのだろうか」

産まれて初めてしてみた洗濯が終わり、洗いたての洗濯物を高速で回転させながら脱水させつつ、ふと空を見上げてた。
昨晩、目覚める気配のないルイズを見るのに飽きた時にも空を見上げ、月が二つ輝いていたのを思い出していた。

「・・・ここはどこだ」



部屋に戻って来ても、ルイズはまだ眠っていた。
洗濯物をそれぞれの引き出しにしまった後、何もすることがなくなったため、ミュウツーは瞑想に耽ることにした。

―― お話しできるんだから 人間かもね それとも 私のポケモンだったりして ――

ふと、ミュウツーの脳裏に、嬉しそうな笑顔で話しかけくる少女の姿が浮かんだ。



しばらく瞑想に耽っていたミュウツーであったが、流石にそろそろ起こした方がよいのではと考えた。
部屋の外から、ざわめきや足音が聞えてくるからだ。
少しの思想の後、ミュウツーはルイズを起こすことにした。

「ご主人、起きろ」
「ん・・・ぉふぁょ・・・」

ようやく目を覚ましたルイズが起き上がると、ミュウツーが目の前に浮いていた。

「あああ、アンタ誰よ!!」
「あなたの使い魔だ、ご主人」
「・・・そっか、昨日召喚したんだっけ」

あくびを噛み殺しながら、ルイズは昨日の出来事を思い出していた。

「・・・着替えさせて」

ルイズは一応言ってみたが、着替えさせてもらえるとは考えていなかった。
だが次の瞬間、なんとミュウツーは服を着させ始めたではないか!これには驚くルイズ。

ふと周りを見ると、洗濯物がなくなっていたり、窓が空いていたりと、仕事が全部片づいているようだ。

(言われなくても全部やってくれるなんて、けっこういいとこあるじゃない)

まだ寝ぼけているのか服が宙を浮いているのに気づいていないようだ。



「・・・・そういやアンタ、名前は?」

ルイズの質問にミュウツーは一瞬服の動きを止めた。

「・・・名前?」

ミュウツーは自分の名前を知らなかった。
無理もない、彼は自らの名を知る前に召喚されてしまったのだから。
そのおかげで、一つの島と研究所、それに何十人もの科学者達の命が救われたのだが。

「アンタの名前よ名前、はやく教えなさいよ」

ミュウツーは自分の記憶の中から名前らしいものを探してみることにした。

―― 私達は みぃんなコピー だからワンじゃなくてツー ――
―― じゃあ 僕もツー? ――

少女は自分をツーと呼んだ。
ミュウツーはそれが自分の名前と判断した。

「・・・私の名は、『ツー』だ」
「ツーね、わかったわ。それじゃあツー、ついて来なさい」

丁度着替えが終わり、ルイズは扉の外へと向かった。


新着情報

取得中です。