あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

第百三十四話「三冊目『ウルトラマン物語』(その1)」


ウルトラマンゼロの使い魔
第百三十四話「三冊目『ウルトラマン物語』(その1)」
小型怪獣ドックン 登場



 ルイズの精神力を奪い、彼女を昏睡状態にしてしまった六冊の『古き本』の攻略に臨む才人とゼロ。
二冊目の『わたしは地球人』では、暴走した地球人と地球原人ノンマルトの確執にウルトラセブンが
翻弄され、最後には宇宙の追放者となってしまうというゼロにとってこれ以上ないほどの苦い物語で
あったが、それでも本の完結には成功した。しかし三分の一が終了した現在も、ルイズにはまだ目に
見えた変化がなかった。
 ルイズを救出する本の旅も三日目を迎えた。三冊目の旅に向けて心の準備を固めていた
才人だったが、そこにタバサとシルフィードがやってきた……。

 眠り続けているルイズと看護するシエスタ、それから才人たちのいる控え室に入ってきた
タバサとシルフィードに対して、才人は一番に尋ねかけた。
「シルフィード、その抱えてる袋は何だ? そんなの持ってたっけ」
 シルフィードは何故かズタ袋を大事そうに抱えている。訝しむ才人に、シルフィードは
早速袋の中身を披露する。
「中身はこれなのね!」
 机の上で袋を開き、逆さにして振ると、赤く丸っこい物体は転げ落ちてきた。
「キュー! 狭かったぁ」
「ガラQ!?」
 それはリーヴルの使い魔である、ガラQであった。才人たちはあっと驚く。
「お前たち、これどうしたんだ?」
「まさかさらってきたんですか、ミス・タバサ!?」
 シエスタの発言に、何の臆面もなくうなずくタバサ。
「リーヴルについて、知ってることはないか聞き出す」
「気づかれずに捕まえるのは大変だったのね。このハネジローがパタパターって近づいて
上から鷲掴みにしたのね」
「パムー」
 シルフィードの頭の上のハネジローがえっへんと胸を張った。
「よくやるな……。まぁでも、これはありがたいよ。ちょうど聞きたいことがあったんだ」
 才人はガラQに対して、真っ先にこう問いかけた。
「ガラQ、見たところお前は生物じゃないな? けどハルケギニアで作られたものでもない。
どこか別の場所で作られた小型ロボットだ。そうだろ?」
 ガラQの質感は明らかに有機物ではない上に、ハルケギニアでは見られない材質のようであった。
この問いについて、ガラQはあっさり答える。
「うん。ガラQ、チルソニア遊星で作られたの」
 その返答にシエスタたちは驚きを見せた。
「まさかミス・リーヴルの使い魔が、ハルケギニア外の技工物だったなんて!」
「まあおかしな見た目してんなーとは思ったがな」
 これを踏まえた上で、才人は続く質問をぶつける。
「じゃあお前、今俺が完結させてる『古き本』の文字を読めるんじゃないか? 宇宙人が
作ったロボットだってのなら、日本語が読めても何らおかしくない」
「読めるよ」
 これまたあっさりとした回答だったが、シエスタはまた驚くとともに疑問を抱いた。
「ミス・リーヴルの話では、『古き本』の文字はどれも読めないのではなかったのですか?」
『偽証に違いない』
 ジャンボットが断言した。
「嘘吐いてたってこと!? でも何のために?」
 シルフィードがつぶやくと、タバサがうつむき気味に答えた。
「リーヴルはやはり何かを隠そうとしている。それにつながりそうな事柄に関しては、知らぬ
ふりをしてる。恐らくはそれが理由」
「俺たちに話せないことがあるってか。いよいよきな臭くなってきたね」
 デルフリンガーが柄をカチカチ鳴らして息を吐いた。
 才人はいよいよ核心に入る。
「それじゃあ……リーヴルが隠してることって何だ? あいつは俺たちに、何をさせようとしてる?」
 しかし、肝心なところでガラQは、
「分かんない」
「おま……仮にも使い魔なのに、主人のやろうとしてることを知らないってのかよ! 
かばってるんじゃないだろうな?」
 厳しくにらみつける才人だが、ガラQの答えは変わらなかった。
「ホントに、何も教えてもらってないよ。リーヴル、最近何をやってるのか何も言わない」
「……どういうことでしょうか。使い魔にも秘密にしてるなんて」
 シエスタの問いかけに、タバサが考え込みながら答えた。
「何かは分からないけど、よほどのこと」
「でもこの赤いのからは、これ以上何も聞き出せそうにないのね。きゅい」
 肩をすくめるシルフィードだが、ガラQはこう告げた。
「でもリーヴル、何だか苦しそう。それだけは分かる」
「苦しそう……?」
『単純に、リーヴル自身に野望とかがあるってことじゃないみたいだな』
 ゼロの推測にうなずいた才人は、ガラQに呼びかけた。
「ガラQ、お前リーヴルが心配か?」
「心配……」
「じゃあ俺たちに協力してくれ。リーヴルに何か、やむにやまれぬ事情があるっていうのなら
俺たちもそれを解決してやりたい。だからリーヴルについて何か分かったことがあったら、
俺たちに教えてくれ。約束してほしい」
 才人の頼みを、ガラQは快く引き受けた。
「分かった! 約束!」
「よし、頼んだぜガラQ!」
 約束を取り交わしたところで、リーヴルが今日の本の旅の準備を整えた旨の連絡が来たのだった。

 控え室にやってきたリーヴルは残る四冊の『古き本』を机に並べ、才人を促した。
「それでは始めましょう。サイトさん、本を選んで下さい」
 三番目に入る本を、才人がゼロと相談しながら吟味する。
『ゼロ、次はどれがいいと思う?』
『そうだな……。M78ワールドの歴史を題材とした本はあと一冊だ。それを先に片づけちまおう』
 本の世界とはいえ、故郷のM78ワールドはゼロにとって活動しやすい世界。それを優先する
ことに決まる。
「よし、それじゃあこの本だ!」
「お決まりですね。では、どうぞ良い旅を……」
 リーヴルが一冊目、二冊目と同じように才人に魔法を掛け、本の世界の旅へといざなっていった……。

   ‐ウルトラマン物語‐

 ここはM78星雲ウルトラの星、クリスタルタウン。その外れの渓谷地帯で、一人の幼い
ウルトラ族の少年が熱意を滾らせていた。
「よぉーし! 今日も頑張るぞー!」
 彼の名はウルトラマンタロウ。ゾフィーやウルトラマン、セブンら兄の背中に一日でも早く
いついて、立派な一人前のウルトラ戦士になることを夢見るウルトラマンの卵である。
「ほッ! やッ!」
 谷底に降りたタロウは一人、格闘技の自主練習を開始する。それをひと通り済ますと、
次の訓練に移る。
「よぉし、光線の練習だ!」
 タロウは近くの適当な岩を持ち上げると、それを高く投げ飛ばして的にする。
「えぇいッ!」
 腕をL字に組んで、タロウショット! ……しかしへなへなと飛んでいく光線は、落下する
岩に命中しなかった。
「駄目かぁ~……! よし、もう一度だ!」
 めげずに練習を重ねるタロウだが、何度やってもただ放物線を描くだけの岩に一度も当たらない。
何度か思考錯誤を重ねるも、やはり上手くはいかなかった。
「くぅ~……! 今度は飛行の特訓だ!」
 気を取り直してタロウは、崖の上に再度登って空を飛ぶ練習を行う。
「行くぞ! ジュワーッ!」
 しかし勢いよく飛び立ったものの、すぐにコントロールを失って谷間に真っ逆さまに転落
していった。
「うわッ!? うわーッ! あいたぁッ……!」
 大きくスッ転んだタロウの姿に、どこからか笑い声が起こる。
「ワキャキャワキャワキャ!」
「誰だ!? どこにいるんだ!」
 タロウが呼ぶと、崖の陰から緑色の、タロウと同等の体格の怪獣がひょっこりと姿を現した。
M78星雲に生息する怪獣の一体、ドックンだ。
「ワキャキャキャキャキャ!」
 ドックンはタロウを指差してゲラゲラ笑い声を上げた。
「あー笑ったな!? 僕だって大きくなったら、兄さんたちみたいな立派なウルトラ戦士に
なって、悪い怪獣をやっつけるんだからな!」
 憤ったタロウがそう宣言すると、ドックンは余計に笑い転げた。
「ワキャキャワキャキャキャキャ!」
「もぉー! 見てろ、お前を怪獣退治の練習台に使ってやるッ!」
 ますます怒ったタロウはドックンに飛びかかり、ボコボコと殴ってドックンを張り倒した。
「ははぁー! どんなもんだーい!」
 しかしこれにドックンの方が怒り、起き上がってタロウに逆襲を始めた!
「キュウウゥゥゥッ!」
「う、うわぁー!? 来るなー! 助けてぇー!」
 途端に怖がったタロウは一目散に逃げ出すが、ドックンは執拗に追いかけ回す。その鬼ごっこの
末に、タロウは崖の中腹に登って追いつめられてしまった。
「誰かー! 助けてー!」
「キュウウウウウウ!」
 降りられなくなったタロウを目いっぱいに脅すドックン。――そこに一人のウルトラ戦士が
ふらりと現れた。
『そこまでにしてやりな』
「キュウ?」
 振り向いたドックンの頭に、青と赤のウルトラマンがポンポンと手を置いてその怒りをなだめた。
『そいつはもうお前を攻撃するつもりはねぇよ。だからそんなに脅してやるな』
 ドックンを落ち着かせた見知らぬウルトラマンを見下ろして、タロウが尋ねかける。
「お兄さん、誰? 何だかセブン兄さんに雰囲気が似てるけど……」
『俺はゼロ。旅のウルトラ戦士さ』
 端的に名乗ったウルトラ戦士――ゼロは、タロウを見上げて言いつけた。
『お前はこいつに謝らないといけねぇぜ。お前さんがこいつに乱暴を働いたから、こいつは
こんなにもおかんむりだったんだろ』
「でも、そいつが僕のこと笑ったのが悪いんだよ?」
『ちょっと笑われたくらいでムキになるようじゃ、立派なウルトラ戦士になんてなれねぇぜ? 
本当に強い戦士ってのは、他人に何と言われようともどっしり構えてるもんさ』
 ゼロに諭されて、タロウは考えを改めた。
「……分かった。僕、ドックンに謝るよ!」
『よし、いい子だ。さッ、降りてきて仲直りの握手をしてやりな』
「うん!」
 崖の中腹から降りてくるタロウをゼロが受け止め、タロウはドックンと握手を交わす。
「ごめんね、ドックン」
「キュウウゥ」
 タロウと握手をして怒りを収めたドックンは、のそのそと自分の住処へ帰っていく。
「さよならー!」
『じゃあな。元気でやれよ!』
 タロウとゼロに見送られて、ドックンは渓谷の向こうへ去っていった。それと入れ替わるように、
『ウルトラの母』がタロウたちの元にやってくる。
「まぁ、タロウ! その人はどなた?」
「あッ、お母さん!」
 タロウは『ウルトラの母』の方へ駆け寄っていった。……その間に、才人がゼロに囁きかける。
『まさか、あのウルトラマンタロウの子供の姿が見られるなんてな……』
『それも本の世界ならではってとこだな』
 この三冊目『ウルトラマン物語』はどうやら、ウルトラマンタロウを主役に据えた成長譚の
ようであった。しかしウルトラマンが地球で活躍していた時代に、タロウが子供となっている。
本来ならこの時点でタロウはとっくに大人になっているので、本当ならあり得ないことだ。
『でもそれ以上に驚きなのは……あの『ルイズ』の姿だよ……』
『ああ……。よりによってウルトラの母の役に当てはめられるなんてな……』
 ゼロは微妙な目で、ウルトラの母……の役にされているルイズを見つめた。
 フジ、サトミのようにこの本でもルイズは登場人物の誰かになり切っていることは予測できたが、
今回はまさかのウルトラの母……。この本はウルトラ族の視点であり、女性が他に登場しないからと
言って、こんなのアリなのだろうか。胴体から下はウルトラ族で、顔はルイズというチグハグ加減
なのでものすごい違和感がある。もうルイズがウルトラの母のコスプレをしているようにしか見えない
ので、ゼロと才人は気を抜いたら噴き出してしまいそうで内心苦しんでいた。
 そんなゼロたちの心情は露知らず、ルイズはタロウから事情を聞いてゼロに向き直った。
「タロウがお世話になったようで、ありがとうございます。よろしければ、何かお礼を
したいのですが……」
『いやぁ、いいんですよ。旅は道連れ世は情けってね』
 ゼロが遠慮すると、また新たな人物がこの場に姿を見せた。
「ほう、なかなかの好青年だな。顔立ちも含めて、セブンを彷彿とさせる」
「お父さん!」
 頭部に雄々しい二本角を生やした、偉丈夫のウルトラ戦士。タロウが父と呼んだその
ウルトラ戦士こそ、宇宙警備隊大隊長にしてタロウの実父であるウルトラの父だ。
 ウルトラの父はゼロを見据えると、こう切り出してきた。
「君は旅の者だそうだが、不躾だが一つ頼みごとがある。聞いてもらえないかな」
『何でしょう?』
「見たところ、君は結構……いや相当腕が立つと見た。それを見込んで、このタロウに稽古を
つけてやってほしいのだ。今のタロウには練習相手がいない。私もいつも面倒を見てはやれない
ので、少し悩んでいたのだ。どうだろうか?」
「えぇッ!? 僕が、この人に?」
「まぁ、あなたったら。いきなりそんな無理をお願いするなんて、失礼ですよ」
 ルイズはウルトラの父をたしなめたが、ゼロは快諾した。
『いや、いいですよ。新たなウルトラ戦士の誕生にひと役買えるってのなら、こっちとしても
望むところですよ!』
「おお、やってくれるか! ありがとう!」
「まぁ、本当ですか? 重ね重ね、どうもありがとうございます」
 ゼロの承諾にウルトラの父とルイズは喜び、タロウもまた諸手を挙げる。
「わーい! 僕に先生が出来たー!」
「よかったな、タロウ。彼の下で一層訓練に励んで、早く立派なウルトラ戦士になるんだぞ」
「あんまり失礼のないようにしてちょうだいね。常にウルトラ戦士の誇りを持って、恥ずかしい
ことのない振る舞いを心がけなさい」
「うんッ! 僕頑張るよ!」
 タロウ親子の微笑ましい家族の会話。ゼロも思わず苦笑したが、同時につぶやく。
『何だか複雑な気分だな……。俺があのタロウの先生だなんて。立場が逆転してるぜ』
 現実のタロウは、ゼロの訓練生時代から宇宙警備隊の筆頭教官の立場に就いていた。ゼロは
故あってレオの管理下に置かれ、タロウから教えを受けていた時間は短かったが、それでも
確かに立場が現実世界とそっくり入れ替わっている。
 それはともかく、幼きタロウはゼロの前に立って、深々とお辞儀した。
「これからよろしくお願いします、ゼロさん!」
『ああ、こっちこそビシバシ行くからな! 覚悟しとけよ!』
 この本を完結させるには、タロウを一人前のウルトラ戦士に育て上げるのが最も手っ取り
早い道のようだ。ゼロは張り切ってそれに取り掛かることにした。

 そして始まる、ゼロからタロウへの指導。レオ仕込みのスパルタ教導は、タロウ相手でも
手を緩めることを知らなかった。
「やぁッ!」
 ゼロが放ったゼロスラッガーを標的にして、タロウがタロウショットを撃つが、静止している
スラッガーにもかすりもしない。
『駄目だ駄目だ、そんなんじゃ! まるで腰が入ってねぇぜ! 射撃は土台がしっかりしてねぇと
照準なんて絶対合わねぇ。腕じゃなくて、身体全体で射線を固定するんだ!』
「は、はい!」
 タロウはゼロの指示通りに腰を据えて、じっくりと撃とうとするが、スラッガーの動きが
変わって自分に向かって飛んできたので思わずのけぞる。
「うわぁッ!」
『ひるむな! 攻撃するのをじっと待ってる奴なんかいやしねぇ。敵は必ず反撃してくる! 
いちいちビビってたら戦いになんかなりゃしねぇぞ。恐れずに相手の動きをよく見て、
しっかりと当てていけ!』
「わ、分かりました!」
 厳しいながらも的確な指導を受けて、タロウはスラッガーの軌道をよく観察する。
『そこだッ!』
 そして飛びかかってきたところを射撃。初めて光線が命中した。
「やったぁー! 当たったぞぉ!」
『よーし、その調子だ! どんどん行くからな!』
 タロウに対するゼロの特訓は進む。……本の世界の時間経過は早い。物語が進むにつれ、
タロウは少年の姿からみるみる内に青年の姿へと変わっていった。
 しかしゼロもそうそう簡単には抜かれない。タロウとの組手であっさりと一本を取る。
「うぅッ! 一撃も当たらない……!」
『小手先の動きに惑わされるから当たらねぇのさ。視点はもっと広く取って、戦う相手の
全体を見ろ! 集中力も足りねぇぞ。自分のやってる戦いの意味は何なのか、何を背にして
戦ってるのか、それを思えば集中できねぇなんてことはないはずだッ!』
「はいッ!」
 ゼロに熱心に鍛え上げられ、タロウの実力はめきめきと上がっていった。そしてその末に、
タロウ念願の時がやってきたのだった。
「ゼロさん! 父さんから指令がありました。私が地球に派遣される時がやってきました!」
『そうか、やったじゃねぇか!』
「はい! 今地球では、メフィラス星人がセブン兄さんに倒されたエレキングを復活させて
暴れさせてるようです。その退治を私が行うことになったんです!」
 メフィラス星人にエレキングとは、現実ではほぼ接点のない組み合わせ。まぁそれはいいだろう。
『遂に初めての実戦ってことだな。けど本当の戦いってのは、どんな訓練よりも険しいもんだ。
お前のことは随分と鍛え込んだが、だからって一瞬たりとも油断すんじゃねぇぞ』
「承知してます! それでは私の初陣、どうか見守っていて下さい!」
『ああ。俺も後から地球に行く。そこでお前の戦いぶりをじっくりと見物させてもらうぜ。
張り切って使命を果たしな!』
「お願いします! タァーッ!」
 ゼロに一礼すると、タロウは両腕を高く振り上げて宇宙へ向けて飛び上がった。
 いよいよタロウのウルトラ戦士としての初戦の時が来た。悪い怪獣をやっつけて、地球を
守るのだ! がんばれ、ウルトラマンタロウ!


新着情報

取得中です。