あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

第百話「怪獣100匹!増殖計画」


ウルトラマンゼロの使い魔
第百話「怪獣100匹!増殖計画」
脳波怪獣ギャンゴ
地獄超獣マザリュース
夢幻怪獣バクゴン
百体怪獣ベリュドラ 登場



 内容が連続している夢を毎日見るようになった才人。その上、ルイズやシエスタなどの学院の人間が、
同じ夢を見ているようだということを知る。その原因は何なのか、と調査を始めたのだが……その矢先に
リシュが少女から、成熟した亜人の姿へと変貌した! 才人はリシュの術中に陥り、ルイズたちの目の前で
どこかへと消されてしまった!
 しかもそれと時を同じくして、トリステイン中で異常事態が同時発生し始めたのだった……!

 トリステインのとある町の一つ。ここに、突如として一体の怪獣が出現した。
「ギャアオオオオオオウ! オオオオウ!」
 首と一体化した頭部の左右から回転するアンテナが生え、腕はマジックハンドのよう。
腹部にはトーテムポールを思わせる模様と、およそ自然に生まれた生物とは思えない
奇妙な外見をした怪獣、その名はギャンゴ。それが何の前触れもなく町のど真ん中を
うろつき始めたので、町中がたちまちの内に大パニック。住民が大慌てでギャンゴから
離れるように逃げていく。
「ギャアオオオオオオウ! オオオオウ!」
 我が物顔で町を闊歩するギャンゴ。と、その時、民家のガラス窓が光ってミラーナイトが
この場に登場した。
『せぇいッ!』
 ミラーナイトは早速ギャンゴに飛びかかっていき、チョップを繰り出す。
 だがチョップはギャンゴの身体をすり抜けてしまった!
『何ッ……!?』
「ギャアオオオオオオウ!」
 動揺するミラーナイト。ギャンゴの方はそんなミラーナイトを意に介さず、腕を振り上げて
近くの民家の屋根に振り下ろした。
 U字型の手が当たり、屋根が抜けて民家が破壊された。
『! この状況……昨晩と同じ!?』
 こちらから全く触れられない怪獣が、物を破壊する……昨日出現したレッドキングと同じで
あることに、ミラーナイトはすぐに気がついた。
「ギャアオオオオオオウ! オオオオウ!」
『くッ……!』
 それでもミラーナイトはどうにかギャンゴを止めようとしたが、何をしても一切が無駄で
あることを思い知らされ、やむなく退却する他なかった。
 ギャンゴは今のところ、積極的に町を破壊しようとはせずに徘徊しているだけ。それだけが救いであった。

「オギャ――――――!」
 別の町では、けばけばしい色彩の巨大生物が赤ん坊そっくりの叫び声を発しながら、町の人たちを
脅していた。超獣マザリュースである。
『ビームエメラルド! ジャンナックル!』
 それに果敢に攻撃を仕掛けているのはジャンボット。しかし、ミラーナイト同様、全部の攻撃が
マザリュースをすり抜けてしまい、効果を上げられない。
『駄目だ……! 触れることすら出来ない……!』
 どうすることも出来ずに立ち往生するジャンボット。彼は内蔵のレーダーでマザリュースを確認する。
『レーダーには確かに実体の反応がある。しかしこれでは虚像同然ではないか。どんな仕組みに
なっているんだ……!?』
 その謎は、ジャンボットの電子頭脳を以てしても解くことは叶わなかった。

「グアアァァァ――――!」
 また別の町では、夢から脱け出てきたかのようにデタラメな怪獣がうなりを発していた。
怪獣バクゴンという。
 それに対峙するグレンファイヤーも、先の二人と同じ状況に陥っていた。
『だぁぁぁッ! 全っ然掴めねぇーッ!』
 グレンファイヤーはバクゴンに何度も掴みかかるのだが、手は空振りするばかり。徒労ばかりが
重なり、肩で息をする。
『このグレンファイヤー様が、怪獣を前にしてすごすご引き下がるしかねぇなんて屈辱だぜ……! 
けど、他にどうしようもねぇ……』
 悔しさを噛み締めながら、グレンファイヤーはバクゴンを放置して退却していった。

 そしてトリステインの中心、トリスタニアでは、もっと大きくもっと恐ろしい怪獣が出没していた。
「ウオオオオオオォォォォ……!」
 城下町を、比喩でも何でもなくそのまますっぽりと覆い尽くす悪魔のシルエットを都中の
人々が見上げ、恐れおののく。
「な、何だあれは……!? あれも怪獣……いや、生き物なのか……!?」
「で、でかすぎるだろ……!」
 アルビオンに出兵した者は巨大超獣ゼロキラーザウルスを目にしているが、そびえ立つ怪獣は
その何十倍はあるという、異常にもほどがあるサイズ! その身長、何と約4000メイル! 桁が違う! 
あまりに大き過ぎて、トリスタニアからでは全容が見えないくらいだ!
「よ、よく見たら何匹もの怪獣が積み重なって出来上がってるぞ! 気味悪い……!」
 そしてその怪獣は、大量の怪獣が折り重なって悪魔に似た輪郭を構成していた。最早滅茶苦茶。
心臓の弱い者は、その事実だけで卒倒するありさまであった。
「一体何匹の怪獣がいるんだ……? 百匹か……!?」
 誰かがそんなことを言った。その通り、あの異形の大怪獣は百体怪獣の異名を冠する、
その名もベリュドラである。
 現在はその場に直立しているだけだが、もしあれが暴れ出したとしたら……トリスタニアは
丸ごとペシャンコにされてしまうだろう。それを考えると、人々は全く気が気でない。ベリュドラは
そこにいるだけで人々を脅かしている。
 王宮からは、アンリエッタもベリュドラを見上げて戦慄していた。
「……一体この国に、何が起きているの……?」

 トリステインの各地に出没した怪獣たちにまるで手出し出来ずに撤退したミラー、グレンは、
魔法学院のルイズの部屋に集合していた。
「あーもー! 何がどうなってんだ! 殴れなきゃ戦いにすらなんねぇぜ!」
 頭をかきむしりながら喚いたグレンに、ミラーがうなずく。
「今はまだどの怪獣も比較的大人しいですが……仮にあれらが暴れ始めたら、未曽有の大惨事に
なるのは必至です。その前に、どうにか対処しなければ……」
「けど対処するったって、一体全体どうすりゃいいんだ? そもそもあいつら何なんだよ。
本物の怪獣なのか? それとも俺たち全員が悪い夢でも見てんのか?」
『……あの怪獣たちの出現は、サイトが誘拐された直後のことだった。この二つが関係していると
考えるのが自然だろう』
 シエスタの腕輪から、ジャンボットが意見する。
『ここから導き出されることは、この事態はリシュが引き起こしているのだろう』
「けどよぉ、どんな力がありゃあここまでぶっ飛んだことが出来るんだ? いやそれ以前に、
リシュは何者なんだよ。ちっこい女の子かと思えば、いきなり大きくなりやがったんだって? 
おまけに宇宙人が協力してると来た。ゼロまでテレパシーが途絶えてやがるし……」
「その点が解明できれば、謎は一辺に氷解するのでしょうが……」
 三人の相談の傍らで、シエスタ、そしてルイズは重苦しい表情でうつむいていた。
「サイト……」
 ルイズはベッドに腰掛けながら、枕を抱きしめて才人の身を案じてつぶやく。
 その時、部屋の扉が忙しなくノックされたかと思うと、勢いよく開け放たれた。
「失礼するぞ! ルイズ、サイトが消えたと聞いたが!」
 駆け込んできたのはクリスであった。彼女はミラーとグレンの顔を目にして一瞬驚く。
「あなた方は……?」
「私たちはサイトとここにいるルイズたちの友人です」
 簡単に説明したミラーが、クリスに促す。
「クリスさん、あなたのことは伺ってます。突然ここに来られたということは、もしやあなたは
サイトが消えたことに関して何かご存じなのでしょうか?」
「ああ、そうだ。サイトと話をした後、色々と調べ事をして、あることの確信を得ていたのだが……
一歩遅かったようだな。まさか、こんなに早く動くとは……」
 クリスの言を聞き、ルイズがバッと顔を上げる。
「クリス、あなたはリシュについて……サイトを連れ去っていったあの女のことを、何か知ってるの? 
だったら教えてちょうだい! お願いッ!」
 必死な顔で懇願するルイズ。それを受けて、クリスは一時瞑目した。
「……皆を巻き込んではと思っていたが、こうなってしまったからには黙っている意味はないか。
分かった、わたしの知っている全てを話そう。ただし、月並みな言い方だが、これは『ここだけの話』と
いうことにしてほしい」
 その頼みに皆がうなずくと、クリスは己の抱えている事情をこの場の者たちに打ち明け始めた。
「話は恐らく、皆が思っている以上に大きい。順序立てて説明しよう。まずはわたしがこの学院に
来た理由から話す」
「トリステインの魔法技術を勉強されるためではなかったのですか?」
 意外そうにシエスタが聞き返す。
「それは表向きの理由だ。本当は……サキュバスを封印するために来た」
「……さ、サキュバス? それ一体、何なの? ま、まさか、怪獣?」
 唖然とするルイズ。座学の成績がトップクラスの彼女すら、そんな名前は初耳であった。
「いや、怪獣とは違う。先住の種族、いわゆる亜人の一種なのだが、出生はよく分かっていない。
彼らが使う魔法は、四大系統には属さないものだ」
「属さないって……つまり、先住魔法?」
「いや、あれを魔法と呼んでいいものかも迷う。エルフのそれとも大きく逸脱したものなのだ」
 そのサキュバスの扱う魔法とやらを語るクリス。
「サキュバスは、他者に自在に夢を見せる力を持っている。その夢を通して、他者から生気を
奪い生きる力を得ている。つまり人間を食い物にする危険な存在なのだ」
「夢……!」
 聡明なミラーは、この時点で何かに察しがついたようだった。
「彼らの見せる夢は相手の望みに満たされた世界であり、決して不快など与えない。そのまま夢の中に
留まっていたいと思わせるほどに完成された、偽りの楽園だ。だが、夢を見せられている方は心地よい
眠りの中で生気を抜かれ続けていく」
「じゃあ、サイトにき、キスをした女が、そのサキュバスってことなの?」
「今の状況から考えると、そうとしか思えん」
「ですが、サキュバスという名前の種族は噂にも聞いたことがありません。彼らは普段、
どうしているのですか?」
 ミラーの問いかけには、クリスは次の通り答える。
「この恐ろしい存在に対して、人間は何もしなかった訳ではない。我が一族が中心となって
封印の術を編み出し、戦いの果てに四百年前に封印し、深い眠りに就かせることに成功した。
その時間の中でサキュバスの名は世間から忘れ去られたのだ」
「なるほど……」
「しかし、その封印は絶対のものではない。年月によって風化し、破られてしまうこともある。
故に、我が一族は定期的に封印を監視し続けてきた。そして、このトリステイン王国に封じられた
一体の術が薄れていたことを確認した我が一族は、対サキュバスの戦士でもあるわたしに調査及び
再封印の指令を下したのだ」
「そんな事情があったのですか……。そして、そのサキュバスの一体が、サイトさんと
ミス・ヴァリエールが地下室で発見したリシュさん……」
 つぶやくシエスタ。
「でも、どうして少女の姿をしてたのでしょう……?」
「恐らく、力を温存するのと同時に相手を油断させるためだろう」
 実際、ゼロたちもリシュが未知の種族であることが分かっていながら、子供だからと危険視
していなかった。その効果は覿面だった訳だ。
「この学院の皆が見た『夢』は間違いなく奴の仕業だ。正体を晒したということは、それだけの力を
蓄え終わったということだろう」
「そ、そんな重大な話を、何で今までずっと秘密にしてたのよ!」
 苛立ち紛れに問い詰めるルイズ。クリスがもっと早くにこのことを教えてくれていれば、
サイトがさらわれることもなかったのに。そんな気持ちが織り交ざっていた。
「すまない。だが、夢とは精神の無防備な状態。それを支配するサキュバスには、たとえどんな力が
ある者でも、夢の中では刃向かうことが出来ない。更にはたった一体だけでも、その力は広範囲に及ぶ。
記録では、百の人間が一辺に犠牲になったこともあったという。それが明るみに出たら、良からぬ者が
生体兵器として利用しようと考える恐れがある。ましてや、戦後間もないトリステインに厄介事を
増やしてはいけないと心配したのだ」
 そのクリスの思いを聞いては、ルイズもさすがに文句をつけられなかった。
「だが、今回は秘密にしていたことが仇になってしまった。誰がどこに封印されているかの
記録がないので手をこまねいていたが、今をして思えば、もっと早くに周りの協力を求めて
いればよかった……」
「そ、それでサイトはどうなっちゃうの? まさか、死んじゃうなんてこと……!」
 青ざめて尋ねかけるルイズ。
「……サキュバスは、生気を吸い取る対象を夢の世界に連れ込み、この世界から消してしまう
こともある。運よく帰還できた人間もいたが、その時には百年の時間が経過していたということだ」
「ひ、百年……!?」
 ますます顔が青くなるルイズとシエスタ。そんな時間、待っていたら彼女たちの寿命が尽きてしまう。
 ここでミラーが口を開く。
「これで今までの謎に説明がつきました。最近の魔法学院周辺での怪獣の異常な頻出……
その原因は、サキュバスことリシュに違いありません!」
「えッ!? ミラー、それってどういうことだよ?」
 グレンが振り向いて問い返すと、ミラーは自分の推理を語った。
「私はゼ……サイトから、夢のことで相談を受けてます。それによると、おかしな夢、つまり
リシュに見せられていた夢の開始と怪獣の頻出の始まりの時期はほぼ一致します。要するに、
リシュの力は怪獣にまで及んでいたということでしょう。最初の内は、眠っている怪獣を夢遊病の
ように動かすに留まっていましたが……夢とは本来、脳が記憶を整理する現象。それを操作する
ということは、相手の精神を掌握するのと同義。力を蓄えている内に、覚醒した状態でも自分に
都合のいいように怪獣を操れるほどになったのでしょう」
 しかも、とつけ加えるミラー。
「ここからは私の憶測ですが……怪獣の生命力は人間とは比較にならないほど莫大。その生気を
奪うことで、リシュは本来の能力を超えた力まで身につけた。人を現実世界から夢の世界に連れ込む
のとは逆に、夢の存在を現実にする力を……。つまり、今トリステインを脅かしている実体とも
幻ともつかない怪獣たちは、サイトの記憶からリシュが作り出したものなのです!」
「な、何だってー!?」
 グレンを初め、皆が驚愕した。
「それならば宇宙人が協力してることにも説明がいきます。この能力を駆使すれば、正真正銘百体……
いえ、もっと多くの、無数の怪獣を好きなだけ作り出せるのですから。放っておいたら、怪獣をどんどん
増殖されるかもしれません!」
「そ、それってどう考えてもやべーじゃねぇか! 早く止めねぇと、手がつけられなくなっちまうぜ!」
「ええ……。クリスさん、どうにかサイトを取り返す方法はないのでしょうか。最悪、サイトを
奪い返せばその事態は阻止できるはずです」
 聞かれたクリスが、重々しく告げる。
「我が一族は、夢の世界に侵入し、捕らえられた人間を連れて帰る方法も有している。それを使えば……」
「よぉーしッ! だったら早速頼むぜ! 俺が行って取り返してくる! 善は急げだ!」
 グレンがパンッと拳で手の平を叩いて意気込んだが、ミラーに待ったを掛けられる。
「落ち着いて下さい。向かう先は夢の世界……サキュバスの領域ですよ。相手に圧倒的有利です」
「その通りだ。更に、サキュバスを倒すか術を解かなければ、夢の世界から解放されることはない。
戻ってこられる保証はない。助けに行ってそのまま……ということも十分あり得る」
「危険が何だ! 仲間のためなら、そんなもの恐れはしねぇ!」
「だから落ち着いてと……。すみません、クリスさん。少し相談をさせて下さい」
 しばらくの間、クリスには席を外してもらって、仲間内で話し合う。ミラーがグレンを諭した。
「いいですか。気持ちは分かりますが、私とあなた、出来るかどうかは置いてジャンボットも
救出役になるのは絶対に駄目です」
「なッ、何でだよ!」
「リシュが宇宙人と組んでいるということは、当然私たちへの準備もあるということになります。
実際、ゼロが手も足も出せずにサイトごと捕らえられてしまいました。そして現実世界に怪獣の
危機が及んでいる現状、最悪の事態になった時のことを考えれば、これ以上貴重な戦力を失うような
ことになってはなりません。更には、私たちが行けばリシュを本気にさせてしまうかもしれない。
サイトとゼロは人質でもあるんですよ」
『ミラーナイトの言う通りだ。非情かもしれないが、ここはこらえるべきだ』
 そうと言われては、グレンも反論できない。ぐッ、と言葉を詰まらせるのみ。
「だったら、どうすりゃあ……」
「……わたしが行くわ!」
 と、ルイズが名乗り出た。
「ルイズ!」
「わたしは“虚無”の使い手よ。サキュバスとも対等に渡り合える可能性がある。それに……
サイトはわたしの使い魔なのよ。落とし前なら、わたしがつける」
「いいのですか? どんな危険があるかも分かりません。確実に、厳しい戦いになりますよ」
 問いかけるミラー。ルイズは固い決意を顔に表して首肯した。
「分かりました……。クリスさん、話は纏まりました」
 ミラーが部屋の外で待っていてもらったクリスを呼び、ルイズが救出に向かうことを伝えた。
「ルイズ、いいのだな? もう一度言うが、戻ってこられる保証はない。我が一族の技は、
あくまで彼らを封じることに特化している。もしお前がサイトに続いて夢に取り込まれて
しまった場合は……すまないが、お前たちのことはあきらめて封印を行わせてもらうことに
なるだろう」
 クリスの警告を受けても、ルイズの意志は変わらなかった。
「覚悟の上よ……!」
 この世界は、恐ろしい危機に見舞われている。世界を救うためには、ゼロの力がどうしても
必要なのだ。それだけではない。ゼロは何度も自分たちを助けてくれた。そして才人も、自分を……。
 だから今度は、自分が二人を助け出さねばならないのだ。
「分かった。では準備に取りかかろう」
 早速魔法の用意を執り行うクリス。その間にシエスタ、ミラー、グレンがルイズに言葉を掛けた。
「こんな時、何の力もないのがもどかしいですが……ミス・ヴァリエールに全てを託します。
どうか、サイトさんとゼロをお救い下さい」
「夢の世界とは精神の世界。だから何があろうと、精神で負けてはいけません。いいですね」
「つまりドーンッ! と行けってこった! いざという時は勢いだぜ勢い! このこと、忘れんなよ!」
 デルフリンガーは、何やら考え込んでいて言葉を発しなかった。
 最後に、クリスが呼びかける。
「向こうがどうなっているか分からない。夢の世界は不安定で常に変化していると思ってくれ。
だから、慎重に。軽々な行動は慎み、機会を待つんだ」
「分かったわ。それじゃ、お願い!」
「では……行くぞッ!」
 クリスが呪文を唱えると、足元に魔法陣が浮かび上がる。
 そしてクリスの魔法を受けたルイズの視界が、徐々に白く染まっていった。夢の世界へと
移動していっているのだ。

 かくして、ルイズは夢の世界へと旅立っていった。果たして、才人とゼロを救出することは出来るのか。


新着情報

取得中です。