あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの花の自称最強の使い魔3

「はぁ・・・幽香はぐっすり寝てるわねぇ・・・私は今日の出来事で興奮して眠れないわよ・・・このっ・・・
 って、幽香胸大きいわねぇ・・・うらやましい・・・」
「Zzz...ミーマー・・・お前のどてっ腹をえぐってやるわ・・・」
「ちょ」

そう言いながら幽香は隣に寝ていたルイズに抱きつく。

「Zzz...」
「寝言か・・・いいわ、もう何も考えず寝ましょう・・・」


こうして、幽香が来ての一日目は去って行ったのであった。


第三話 妖怪と人間


「ご主人、ご主人・・・」
「ううん・・・」
「ご主人、起きて・・・」

ルイズの耳に、起きろと催促する声が聞こえる。

「ルイズ、起きなさい・・・」
「イヤ・・・もう少し・・・」
「・・・・・・」
「Zzz...」

ルイズは起きない。

「えい」
「ぐぇっ」

幽香がルイズに容赦無く寝ているルイズに肘をねじ込む。

「このっ!」
「甘いわ」

すぐにルイズが飛び起きて服がはだけるのも気にせず右フックを入れに行く。
その寝起きとは思えない鋭い右フックを幽香はスウェーで交わす。

「幽香!アンタ、御主人様に起こす為とは言え、肘入れて良いと思ってるの!?」
「別に、死んだり怪我してる訳じゃないんだから良いじゃない」
「だからってねぇ・・・起こし方って言う物が・・・」
「あ、そうそう、私、ご主人のことルイズって呼ぶからね」
「またどうして突然に!?」

幽香の突然の発言にルイズは素っ頓狂な声を上げて幽香を問いただす。

「だって、最初は頑張って貴方を敬ってますよ。って感じで頑張って
 たんだけど・・・何か耐え切れなくなってきちゃって」
「耐え切れないって・・・貴方は他人を敬ったことが・・・」

ルイズは幽香のあんまりな物言いに、さらに強く出ようとする。

「あら?いいのかしら?私としてはルイズの首を飛ばしてどっかに隠れ住んでもいいんだけど・・・
 あと、他人を敬ったことがあるかって聞こうとしたでしょ?」
「う・・・うん・・・」

幽香が突然出した威圧感に、内心完全に押されながらも、なんとか外見を取り繕うとするルイズ。
だが、足は震え、目は涙目になってしまっている。
幽香は更に続ける。

「そんな事あるわけ無いじゃない。私は最強の妖怪、四季のフラワーマスター風見幽香よ?
 最強の存在が他者を上に見るなんて、ありえないことでしょ?
 ルイズに例えてあげると、貴族が平民を決して上と認めないのと一緒よ」
「で、でもっ!実際平民は私達より下・・・」
「だから、それを含めて例えてあげたの。私が居た世界では一度も本気でやったら負けた事無かったんだから」
「え、幽香って、別の世界の生物だったの・・・?」

ルイズは9割の疑問と1割の好奇心を持って尋ねる。

「生物って、何か嫌な響きね。私は妖怪よ」
「妖怪って、一体どんな存在なのよ?」
「そうね―――」

幽香は、しばらく考え込む仕草をすると、口を開いた。

「―――妖怪は、人を襲う物よ」
「そう?私には幽香は人を襲っても、それが大して本気なようには見えなかったわ」
「・・・そんなことは無いわ。今はこのルーンで考え方を矯正されてるだけよ」
「ふぅん・・・あ、いけない、もうこんな時間・・・」
(確かに、そうかもね)
「ん?幽香、何か言った?」
「いえ、何も」

幽香は、少し前の花の異変の時の閻魔の言葉を思い出す。


―――今、貴方に出来る善行は、もっと人間に恐怖を与えること。これが今の貴方が積める善行よ。


この言葉は、今でも幽香の心に引っ掛かっている。



「あら、私はちゃんと恐怖を与えてるわよ?」
「嘘おっしゃい。花に近づかなければ与えないなんてそれは恐怖ではありません。
 いや、妖怪の与える恐怖ではありえませんね。」
「何が楽しくて理由も無くて恐怖を与えなきゃいけないのよ」
「それが妖怪の居る理由だからです」


それが妖怪の居る理由だろうか。
今では九尾の狐も里に油揚げを買いに行くのだ。


「・・・うか?」


妖怪は、もっと―――


「幽香!」

ルイズの耳もとでの大声で意識を引き戻される。

「何よルイズ」
「私は朝食を食べに行くわ。幽香も来るでしょ?」
「もちろん。ご飯食べなきゃお腹が鳴るわ」
「じゃ、行きましょ」

まぁいいだろう、深く考えるのは、使い魔辞めた後でも。
妖怪の命は長いのだ。


ワイワイ ガヤガヤ


「ねぇルイズ」
「何?」
「これ、全部貴族?」
「うーん、何人かは平民が居るんじゃないかしら。給士とか」
「そう、ありがと。なんだか頭痛くなってきたわ」
「なんでよ?」
「貴族と言う名の魔法使いは多すぎよ。もしかして貴族なら皆魔法使えるのかしら?」
「・・・そうよ。その筈よ」

これでは、平民も学べば魔法を使えるのではないか?
そう幽香は勘繰るが、ルイズのことを考えて口には出さない。

「ねぇ、幽香は食生活は人間と同じよね?」
「えぇ。それに人間を足した感じかしら?」
「・・・お願いだから食べないでね。じゃあ食べ物貰わないとね・・・ちょっと、そこの!」

ルイズは、近くに居たメイドを呼びつける。

「はっ、はい!なんでしょうか!」
「私の使い魔にも食事を運んでくれない?」
「か、かしこまりました!えーと、使い魔とは・・・」
「私よ。ルイズの使い魔、四季のフラワーマスター、風見幽香よ」
「はい、わかりました」

メイドは小走りで厨房へ駆けていく。

「しっかし・・・えらく豪勢な食事ね。これが貴族の食事?」
「そうよ。貴族はその心構えも貴族らしく無くてはいけないのよ」

メイドが食事をトレイに載せて運んでくる。

「はい、食事でございます」
「ん、ありがと」
「あ、ルイズ!」

その瞬間、ルイズがトレイを見ようと体ごと振り返ったとき、机の淵にあったお皿を巻き込んでしまう。
お皿が落下し、地面に叩きつけられようとした時、幽香は動いていた。


(マズイ、私の反対側―――!)



「あ、危ないッ!」
「あ」

しかし、ルイズがお皿を巻き込んで振り返ろうとしていたのを見ていたメイドが
落ちそうになったお皿をナイスキャッチする。
それを見て、幽香が言う。

「危なかったわ。今のは私じゃ届かなかった。貴方、名前は?」
「あ、シエスタ、シエスタです!」
「そう。覚えておくわ。ありがとう、ルイズの危機を救ってくれて」
「い、いえ!滅相もございません!」

シエスタは、驚いていた。
使い魔が人語を解す事もだが、まさか平民の自分に頭まで下げるとは。

「ちょっと幽香、平民に頭まで下げることなんか――」
「ルイズ、世の中には、主人よりも強い部下が居たわ。
 でも、常に周りを立てていたわ。それ位の余裕は持たないと、ね?」
「でも――」
「ぐだぐだ言わない。それにね、ルイズ」
「何よ?」
「妖怪はね。意外と義理深いのよ?」
「はぁ。いいわ。そこまで言うなら何も言わないわよ。
 ありがとね、シエスタ」

ルイズまでもが感謝の言葉を口にする。

「いえ・・・本当にいいんです。私は、お皿を支えただけですから・・・
 その・・・すいませんっ!」

メイド、いや、シエスタは小走りではなく、今度こそ走って厨房へ駆け込む。
見ていて可愛らしい。

「うーん、いつか恩は返さないとね・・・あら、これ美味しいわ」
「えー、このサラダが?」
「苦味がちょうどいい感じなのよ・・・」


ルイズと幽香は他者と一歩送れて朝食の席を立つ。
これから、幽香を入れての、初めての授業である。


「・・・むきゅー。この本、興味深いわ」

新着情報

取得中です。