あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

異世界BASARA-05


 長い夜が終わり、トリステイン魔法学院に朝が訪れた。
「ルイズ殿!朝になりましたぞ!」
「んん…?」
幸村の大声にルイズは目を覚ます。
「…あんた…誰?」
「真田幸村にござる!」
ああそうだ、確か自分が召喚した使い魔…昨日色々あって忘れてしまっていたようだ。
ベッドから起き上がり、幸村の顔を見ると、彼の目がひどく充血しているのに気づいた。

「どうしたのその目、真っ赤じゃない」
「い、いえ何も!気になさるな!」
結局、幸村は一晩眠る事が出来ずにいたのである。
そのおかげでルイズをちゃんと起こす事が出来たのだが。
「ならいいけど。じゃあ朝食に行くから、服を着せて」
「承知いたした!この幸村、お供いたし………は?」
少し経ってから幸村はルイズの言った事に耳を疑った。

「ルイズ殿のき、きき着替えを手伝えと!?」
「そうよ?貴族は下僕がいる場合は自分で服は着ないの!だから着替えさせて!」
「しかし!お、女子の体に触れるなど…せ、拙者には…!」
そこまで言っていた幸村に、限界が来てしまった。
キスだけで鼻血を噴いて倒れてしまう彼である。みるみると顔が赤くなっていき、そして…

「ぶべらあああぁぁっ!!」
「ああ!何してるのよ!床が汚れたじゃない!」

「もうあんた着替えは手伝わなくていいわ!その度に鼻血出されたら困るから!」
「すまぬ!この幸村、女子の体は見慣れてない故に!」

またしても鼻血を噴き出したものの、今度は気絶する事はなく、汚れた床を掃除してから2人は食堂に来た。
100人は座れるテーブルに、見るからに食欲をそそる料理。食堂に到着した幸村は、その壮大さに驚愕する。
元々甲斐の屋敷にはここまで大きな部屋がなかった為、彼の目には新鮮に映ったのだ。

「おおお!ルイズ殿はいつもこのような飯を食しておられるのか!」
「貴族なんだから当然でしょ。ボヤボヤしてないで椅子を引きなさい、気が利かないわね」
見入っていた幸村はルイズの声にはっとして椅子を引く。が、ここで彼はある事に気づいた。
「あの、ルイズ殿…拙者は何処に座れば…」
見回していると、ルイズが下を指差している。
下を見てみると、小汚い皿が1つ…これは、つまり「ここに座れ」と…
「ゆ、床!?床で食えと申すのか!?」
「ここに座れるのは貴族だけ、使い魔のあんたはそっち!」


「偉大なる始祖ブリミルと女王陛下よ、今朝もささやかな…」
「ルイズ殿、この“ぱん”という物は固いでござるうぅ!」
「しーっ!静かに食べなさい静かに!」


新着情報

取得中です。