あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

使い魔は鉄拳王-00


それは盛大な大会であった。ある目的の為に一人の老人が開いた大会だった。
その老人はある一人の男と戦った。その男は老人の息子であった。
老人は息子に強烈な拳を叩きつけて勝利した。
そして老人は息子をある寺に連れて行く。そこに一人の青年が居た。
その青年は男の息子、つまり老人の孫だった。だが老人の孫である青年はなぜか、鎖に繋がれている。
男が青年に近づくと異変が起きた。老人はそれは息子ではない事に気付いた。
「貴様!一八ではないな!何者だ!!」
老人が叫んだ。すると男の目が異形の者の目に変わる。
「我はお前達がデビルと呼ぶ、存在だ。20年前貴様に殺されかけた時に半身をここに分けておいた。」
男の異形の力が増していく。男は悪魔に変わり、悪魔は老人にその力をぶつける。
老人は吹き飛ばされた。そして悪魔は青年の力を取り込もうとした時。しかし逆に男に逆に魂を食われてしまう。
「お前は俺の中で溶けて消えるがいい!!」
男はその後に青年を憎しみの力を引き出させて戦った。だが青年の力は男を超えていた。
男は敗れた、そして老人が青年の前に立ちふさがる。
「所詮はこの程度の男か・・ふがいない、お前はそこで寝てろ!」
老人は己の孫を倒そうとしたが青年の悪魔の力に敗れ、死を覚悟した時、青年に異変が起きた。
青年はただ一言だけ残した。
「母さんに・・・風間純に感謝しろ。」
青年は黒い翼で空に消えた。舞い散る黒い羽の中に一枚の白い羽を残して。
老人はそのまま力尽き眠りに落ちた。

そして半日が時が経った。静かな空間に遠くの方で航空機の音が響く。
その音で老人は目を覚ます。すると機械の兵隊が老人の前に姿を現した。
老人は息子の差し金かと思ったが息子もまた理解できないでいた。
「何者じゃ、貴様ら!!」
しかし答えは無く、機械の兵隊達は老人達を襲う。老人と男は一時的に力を合わせて戦う。
老人と男の前に心を持たない機械の兵隊は敵ではない。しかしその数は減らない。
流石の老人も疲れが見え始めた、その時、男が老人の頭を掴み、機械の兵隊の前に放り投げる。
老人は息子に隙を衝かれたのだ。老人は叫んだ。
「ぬおぉぉぉっ!おのれ、一八!!」
男はその場を去り、機械の兵隊達は自爆した。
老人はそこで死んだと思われた、しかし激しい爆発の中を老人は耐えた、その超人的な肉体は爆風を耐え抜いた。
だが爆風で老人の身体は空に吹き飛んだ、老人がおぼろげな意識の中である物を見た、それは確かに鏡だった。
老人は鏡と共に消えた、この世界から・・・

新着情報

取得中です。