あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

魔物使いが使い魔-02


「おい人間だ!ゼロのルイズが平民を召喚したぞ!」
「平民?どう考えても乞食じゃないか!」
「ゼロのルイズ、その辺の乞食を連れてくるなよ!」

ルイズの召喚したものが人間だとわかるといなや
口々に罵倒をはじめる同級生達
ルイズは「ち、違うわよ!ちょっと失敗しただけよ!」
と反論するが誰も耳を貸さない。

ルイズはそんな同級生達を忌々しげに睨みつけたあと
教師であるコルベールに食ってかかった。
「ミスタ・コルベール、もう一度召喚させてください!」
「いけません、ミス・ヴァリエール 
 使い魔召喚の儀式は神聖なものです。
 例外は認められません。」
「で、でも平民…どころかどう見ても乞食じゃないですか!
 こ、こんなのってこんなのって…!」
「確かに人間を召還したのは例のないことかも知れません
 ですが大丈夫ですよ、ミス・ヴァリエール
 召喚に応じた使い魔は主人にとって必ず良い働きを
 してくれるのです。これには例外は絶対にありません。
 さぁ早くコントラクト・サーヴァントを」
「で…でも…でも」
傍から見ればとてつもない人道無視な意見を
言いあってるような気がするが
ルイズは渋々とうなずくと倒れて目を回している
「ソレ」のすぐ傍まで来た。

「あんた…感謝しなさいよ、普通は貴族にこんなことされるのなんて
 一生ないんだからね。」

そして顎を持ち上げて顔をもちあげる。
その時ルイズははじめて「ソレ」の顔を見た。
(わ… い、意外と顔立ちいいわね…この平民
 遠くからは泥と煤で汚れててわかんなかったけど
 これならコントラクト・サーヴァントもそれほど辛くも…
 な、何をいっているのかしら貴族の私が平民n(以下略))
何やら小言でブツブツ言ったかと思うと
何かを振り払うかのように頭をブンブンと振り回す。
やがて気を取り直したのか、ゆっくりと深呼吸をし
「5つの力を持つペンタゴンよ、その力もて我の使い魔となせ。」
コントラクト・サーヴァント即ち使い魔契約の呪文をとなえる。

そして
ルイズの唇が「ソレ」の唇と触れた。

ぷちゅ

(ん、何だろうこの感じ…)
その時ルイズは不思議な感覚に襲われた。
間違いなく今自分は見ず知らずの平民の男と初めて会ったはずなのに
しかも生まれて初めてのふぁーすときすなのにも関わらず
なぜかかつて出会ったことのある感覚
そしてなぜか懐かしさを感じた。
唇をはなす。

「うわ!痛っ!イタタタタタタタ!!!」
 「ソレ」ことリュカは声をあげた。


リュカ「こ、ここは?一体」
ルイズ「ようやく気づいたわね!
    私はルイズ・フランソワ(以下略)あなたのご主人様よ!」
コルベール先生「おや珍しいルーンだね。ちょっと失礼するよ。」
リュカ「一体なんなんですか!? これは。僕はどうしたんですか。」
コルベール先生「ここはトリステイン魔法学院です、あなたは使い魔(ry」
リュカ「え!?じゃぁ僕は召喚され(ry」
ルイズ「あんたどこの平(ry」


・・・閑話休題






「…つまり君は僕に使い魔になってくれという訳だね。」
使い魔のルーンが刻まれ暫くは思いもよらない痛さで
我を忘れていたリュカであったが、それが収まると
今の自分の状況に愕然とした。
まったく自分の知らない土地
知らない風土
そして彼の見たことのないモンスター達
目を離すと完全に自分の常識とは違う世界にいるのである。
何よりも不可解なのは目の前にいる女の子で
突然自分を呼び出しておいて使い魔になれという
あまりにも理不尽な要求であった。

「そうよ、あんたは私にコントラクト・サーヴァントで
 召喚されたのよ!そもそも平民が貴族に、しかも由緒正しい
 ヴァリエール家に仕えることが出来るなんて滅多にないのよ。
 感謝しなさい。」

ふふん、とルイズはそれほどない胸をはって答えた。
どうやら完璧に自分がやっていることが
正しいと信じて疑っていないらしい
(まるで昔のヘンリーみたいだなぁ)
リュカは心の中で苦笑した。
今は遠い国で国王補佐をやっている彼の親友は
誘拐紛いのことをやっておきながら平然としている
この少女にあったら何と言うだろうか。
そんなことを考えると今の自分のおかえた状況にも関わらず
自然と笑みが漏れてくる。
「あんた、人が話してるのに笑うなんてどういうつもりよ!」
「あっごめんごめん」

とりあえずこの数分間この女の子と話してみてわかったことは
ここは、自分が元いた場所から随分と遠くの国に運ばれてきたということ。
この国では魔法を教える学校が存在するということ。
この学校はその国の貴族が集まる名門校で
二年になると行われる使い魔の儀式で
この女の子が唱えた呪文に使い召喚の呪文のせいで
自分が突然サラボナからここに召喚されたということだけだ。
後、ルーラが使えなかった。

はっきり言って拉致監禁どころの話ではない。
何しろいきなり呼ばれて使い魔という名の奴隷になれと言っているのである。
しかも既に契約の証とやらのルーンはついている。
無論己の意思とは無関係にである。
普通の人生を送っているであろう人間であれば
パニックをおこしても仕方のない状況ではあるのだが

(まいったなぁ…奴隷にされるのは始めてじゃないけど
 どうやってこの場を切りぬけようか。)

なぜかリュカは妙に落ち着いている
というのは実は以前、これよりもっと酷い手段で拉致され
問答無用で10年もの間文字通りの奴隷として
働かされていた経験をもっていたからであった。
そうであるからこそある程度の理不尽に慣れているし
余裕も出来る。

(とりあえず帰る手段に関しては
 ゆっくり探そう、それにサラボナに残してきた仲間達なら
 必ず僕のことを探してくれるはずだ。)

こういう時はあせらずに状況をまず受け入れること。
小さい頃から度々理不尽な目にあってきたリュカの処世術でもあった。

(それにせっかく纏まった時間もとれたことだし
 プロポーズに関してもゆっくり考えられそうだ。)

…前向きの方向が微妙に違う気もするが

「とにかく僕はこの国とは違うところから来たんだ。
 だから悪いけどいずれ僕は戻らなきゃいけない。
 でもそれまでの間までなら君の使い魔をやろう。
 これでいいかい?」

「ばっ馬鹿なこと言わないでよ!使い魔と主人の契約は一生のものなのよ。
 勝手なこと言わないでよ!」

リュカからの提案にルイズは強い口調で否定する。
しかし内心ルイズの心の中ではある葛藤が起きていた。

呼び出したのはどこにでもいそうな平民の使い魔
となればこの平民が使い魔契約を解除して(解除できればだが)
どこへなりとでも行って
新しい使い魔を呼び出せるのあればそれに越したことはないのである。
しかし…
生まれて初めて成功した魔法で呼び出した使い魔なのだ
その点でもこの平民にはルイズはルイズなりに並々ならぬ思いがあったし

何より

(なぜかこの平民を見てるとなんかこう…懐かしい気持ちになるのよね…)
コントラクト・サーヴァントを成功させて以来
ルイズはこうしてリュカと話しているが
初めてリュカの目を見たときはなんともいい様のない衝撃を受けた。
まるで吸い込まれそうな深い深い黒曜石のような瞳
同時に優しくて暖かくて何かに抱かれているようなそんな不思議な気分にさせられた
(ちぃ姉さま…)
ルイズはそんな目をしている彼を今は遠くにいる動物好きで病弱の姉を思い浮かべた。

「とっとにかく駄目よ!使い魔はご主人様の言うことに従わなきゃいけないのよ!」
 一気にそう捲し立てるルイズ
 その顔はなぜか真っ赤に染まっていた。


その後ルイズのサモンサーヴァントが
無事に成功したことで授業も終わり解散の時間になった。
「ハハハ!じゃぁな!ゼロのルイズ」
「あいつ未だにフライも使えないんだぜ!」
「おいゼロのルイズ、その乞食といっしょに早く帰るんだな!」
 そう言うと生徒達は杖をふって呪文を唱える。
 とたんに生徒達の体は浮きあげる空を駆けていく。
 生徒達は口々にルイズを嘲い罵りながら学園へと戻っていった。
「もう!なんなのよ!どいつもこいつも!」
 ルイズは悪態をつきながら地面を踏んだり蹴ったりしていたが、
やがて落ち着いたのか
「ほら、帰るわよ。早く来なさい。」
「……………」
 そう言われたリュカは口をポカンと開けて空を飛んでいく生徒達を見ていた。


リュカとルイズは学院に「徒歩」で戻り
そのまま2人はルイズの部屋に直行した。

一般的な平民の家庭で間取りの広い室内
飾り気はないがおそらく名のある職人に作らせたであろう高価な家具の数々、
2~3人が優に寝れる広さのベットには皺一つない清潔なシーツがかけられ
高級な衣装が何着も入っていそうな衣装棚は埃一つなく佇んでいた。
テーブルには見た目冷たそうな水差しと菓子が置かれ
教科書と思わしき書物が何冊も上に置かれていた。

今でこそ友人に王族がいるという奇妙な人脈をもつリュカだが
それでも彼は普段は魔物と野宿をして過ごす冒険者である。
だからこそ久方ぶりに見る貴族の部屋というやつには
未だに耐性が出来てないし
目の前の小さな女の子がこんな部屋に一人で住んでいるものと
想像してしまい思わず目を白黒させた。
「…なに驚いてんのよ。言っておくけどね、
 わたしたちはまだ学生だから贅沢は出来ないっていうんで
 これでもまだ質素にしてるほうなのよ。」

普通の何気ない暮らしを送ってる人間からすれば
思わずこめかみにハイキックの2~3発お見舞してやりたくなる台詞であるが、
リュカは気にもせず部屋を見回している。

そしてそのまま窓際まで近づくと空を見る。
「月が…二つ…!」
 その通り夜空には赤い月と青い月が二つ寄りそうようにして浮かんでいた。
「なによ、月がふたつあるのは当たり前じゃない。」
 ルイズは驚いているリュカにどうしたことかと言わんばかりに
呟くと無視して椅子に座りいつもの日課なのであろう
授業の予習と復習を兼ねて教科書を読み始めた。

ルイズが読書に没頭している間
窓から二つの月を見つめながらリュカは考えた。
先ほどの未知の飛行呪文といい
目の前の二つの月といい
もしかしたら自分は全く知らない世界に誘いこまれてしまったのかも知れないと

そして思い出す
母マーサも自分達のいた世界とは違う世界に送られてしまったということ。
いくらなんでもここが父の手紙に書いてあった魔界とは思えないが
もしかしたらここに母の手がかりがあるかも知れない。
手がかりを掴みたいのは山々だが
しかし今の自分には何の手段もない。
死線を潜り抜けた頼もしい仲間達も今はいず
装備も宿屋に置いてきてしまったので今は丸腰だ。
唯一いつも肌身離さず持ち歩いている道具袋には
旅先で手に入れた重要なアイテムや薬草などが入っているが
その数は少なく何も知らない異世界でどこまで役に立つのか全く未知数だ。
「頼れる知人も
 装備も
 そして頼れる仲間もいない。
 ないない尽くしのゼロの魔物使いか…」
 リュカは自嘲するように呟いた。


新着情報

取得中です。