あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

白鳥の使い魔

 その時、サモンサーヴァントの呪文を唱えた若い女……キュルケは自分が呼び出した
使い魔……大きなな白鳥をポカンとした顔で見つめていた。
 呼び出された白鳥のほうも見慣れぬ風景に驚いたのか、コォコォと澄んだ高い声で
鳴きながら長い首を器用に曲げてキョロキョロと周囲を見回している。

 おかしい。
 その時その場にいた全員が(自らの使い魔召喚に対する不安で他人のことに気を
掛ける余裕が無かった約1名を除いて)、そう思った。
 何故なら、サモンサーバントの魔法が呼び出す使い魔は、“術者に相応しい”ものな
はずだから。
 キュルケは“火”の“トライアングル”なのだから、普通に考えれば火竜や火蜥蜴、
鳥ならば極楽鳥といった火の属性を持った生き物が使い魔として召喚されるはずだ。
 しかし、キュルケが呼び出したのは白鳥。鳥であるから基本的な属性は“風”。水に
関わりの深い鳥であることから“水”の属性があるとも考えられる。(万が一ペンギンや
ダチョウが呼び出されてしまった場合どう判断するかは難しいところだ。)
 白鳥という鳥は、普通に考えてキュルケとの接点は何も無い最も彼女に相応しくない
生き物のひとつなのだから。


「ミス・ツェルプストー。」
 キュルケは、担任教官の咳払いで我に返った。
「貴女が意外に感じるのも分かりますが。」
 契約を促す声に肯きながら、改めて自らが呼び出した使い魔を見てみる。
 白鳥といえば鳥としては最も大きな鳥の一つだが、キュルケが呼び出した白鳥は頭が丁度
キュルケの顔のあたりにあるのだから、その白鳥のなかでも群を抜いて逞しく大きい。
全身は一点の曇りもない純白で、その美しさには神々しささえ感じられた。
 ついさっきまで身体をぶるぶると震わせたり翼をバタバタと羽ばたかせていた白鳥は、
今は落ち着いたのかじっと大きく澄んだ黒い瞳でキュルケの顔を見つめている。
「まぁ、いいか。」
 キュルケは肩をすくめると、白鳥に向かってにっこりと笑いかけた。
「貴方が人間の男性だったら一目惚れしてたと思うわ。」

 そう言って白鳥の首を抱き契約の呪文を唱えるキュルケの姿はとても美しくエロティックで
すらあったと、後に“風邪っぴき”の二つ名を持つ風メイジは語っている。


 それはこの時期ハルケギニアのあちこちで見られる普通の光景。
 しかし、今は誰も知らない。
 キュルケが呼び出し後に“ゼウス”と名づけられた白鳥が、色々な意味で“キュルケに
相応しい”存在だったことを。



新着情報

取得中です。