あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの魔王-3

「くっ、まさかこんな事になろうとは....」
オルステッドは大量の洗濯物を抱え、広大な学園の中をうろうろしていた。
話は昨日まで遡る。

「あ~、これ洗濯よろしく」
「・・・・・!これは......こんな物を洗濯しろと....?」
「何よ....着た物を洗濯するのは当然でしょ?」
「いや、そういう訳じゃないんだが....私は一応男だぞ....?」
「何よ....アンタは私の使い魔でしょ?私の命令だから大人しく聞きなさいよ」
「はぁ......分かった....痛っ、急に腕の付け根が......」
「私は怪我人に甘くないわよ?」
「・・・・・・・・」

        • 数日前までは魔王と言われた男がこんな事をするはめになるとはな.....
立ち止まり、冷静に考えていると、
「あら?そこのお方?」
突然後ろから声を掛けられる、振り返ると大きな洗濯籠を抱えたメイドが立っていた


「ふぅ、何でも世話になってすまないな....」
満腹になった腹をさすりながら私は彼女に礼を言う
「気にしないでください、私が好きで勝手にやっているだけですから」
シエスタは顔を赤らめながら答える。
「そういえば、一つ聞きたい事があるんですが....」
「?」
「オルステッドさんは何故、そんな酷い怪我をされていたんですか?」
「・・・・・すまない....この事は....誰にも話したくないんでね.....」
「!、すいません......私、無神経で....」
失礼な事を聞いてしまったと思ったのか、急いで頭を下げるシエスタ
「気にする事は無いさ....、そんな事より、なんでも世話をかけっぱなしというのは
なんだかスッキリしないな....手伝って欲しい事はないか?遠慮せずに言ってくれ」
そんな彼女の健気さに思わず微笑みながら、私は答える。
「う~ん、そうですね....もうすぐ学生さん達のお昼御飯の時間なので
お食事を運ぶのを手伝ってくれませんか?」
「あぁ、分かった、喜んで引き受けさせて貰おう.....」


「ふぅ....これで終わりか.......」
全てのデザートを配り終えて、食堂の隅に座り込む。
「ふふふ....人の役に立つのも....悪くないな....」
そう呟きながら一休みしていると、いつの間にか人垣が出来ているのが見えた。
(・・・・何かあったのか....?)
少し興味をそそられ、見物しに行くと、そこには、顔を赤く張らせた男と、
恐怖で顔を引き吊らせるシエスタの姿があった。
「どうした?シエスタ!?」
人混みをかき分け、シエスタの元に駆け寄る。
「ん?おやおや、君はゼロのルイズが喚びだした、死に損ないの平民じゃないか?
君には関係無い話だ、これから僕がそのメイドに貴族に対する正しい礼儀を教えて上げよう
としてる所だ、邪魔物は引っ込んでいたまえ。」
後ろで喋り続ける男を無視し、シエスタに事情を聞く
「何があったんだ?」
「・・・私が香水の瓶を拾って渡そうとしたら、女学生の方が二人、
あの方に詰めよって叩いて走っていったと思ったら、私、私、私....」
軽くパニックになっているらしく、所々分かりにくかったが、簡単な話は読み込めた。


「・・・・ふん、貴様の愚行が引き起こした、自業自得の事じゃないか....
それで彼女に八つ当たりするのか?貴様には貴族として、いや男としてのプライドが無いのか....?」
この言葉に相手の男が激高する
「平民がごときが貴族に向かって・・・!もういい!!
君には身を持って貴族の恐ろしさを知って貰う必要があるようだな!!」
「ふん....というと?」
「簡単な事だ....決闘だ!!....といいたい所だが、どうせ怪我を理由に断るんだろう?この臆病も......」
「・・・いいだろう」
この言葉に周りを取り囲んでいた群衆が急に黙り込む。
「ちょっとアンタ待ちなさいよ!!!」
様子を見ていたのか、人混みをかき分け、ルイズが抗議の声を上げながら近づいて来る。
「何考えてるのよ!!平民がメイジに勝てる訳無いじゃない!!」
ルイズの話を無視し、話を進める。
「ハハハッ!ルイズ!君の使い魔は随分聞き分けがいいじゃないか!
場所はヴェストリの広場だ、逃げるなよ!」
そして男はその場から去って行った。
「オルステッド、今からでも遅くないわ、謝って来なさい」
「・・・ここまでしておいて逃げろと?」


「そういう訳じゃない!それにアンタ、怪我治ってないじゃない!!」
「・・・リハビリ程度には丁度いい小物だ」
「・・・・こんだけ忠告したからね!!もう知らない!!!」
業を煮やしたのか、ルイズは怒りながら、走り去って行った。
突然、シエスタに手を握られる
「オルステッドさん......私のせいで....」
「・・・・気にするな....貴方のせいじゃない....それに心配しないでくれ....
私はあの程度の男にやられはしないから.....」
そう言い、オルステッドはシエスタの手を放し、広場に向かった。

決闘が始まると聞き、野次馬が大勢広場に向かった。

この後、目を覆いたくなる惨劇が起こると誰も知らずに....

新着情報

取得中です。