あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ウルトラ5番目の使い魔-36a



 第36話
 シルフィを返して!! (前編) 二大怪盗宇宙人参上

 宇宙超人 スチール星人
 怪宇宙人 ヒマラ 登場!


 それは、ある夏の日、例えばギーシュあたりが。
「もーいーくつ寝ると、なーつやーすみー♪」
 とか下手な歌をのたまわってる、いつもと変わらないそんな蒸し暑い日の夕方から始まった。
「美しい……」
 この日、誰にも知られずにトリステインにやってきた宇宙人ヒマラは、トリステイン魔法学院の尖塔の上から、夕焼けに
照らされる魔法学院をしみじみと眺めていた。
 そして、その隣では同じく黒マントの怪人が学院の庭を這いまわったり、宙を飛んだりしている幻獣たちを見て。
「珍しい生き物たちだ……」
 と、つぶやいていた。
 そして、二人の怪人はやがて顔を見合わせると。
「ふっふっふふふ、では計画にとりかかろうか」
「むふふふふふ……首尾よくな」
 果たしてその"計画"とは何なのか。それは、まだ誰も知らない。


 それから、特に騒ぎも起きないまま、一週間ほどの時が流れて、またトリステインに朝が来た。
 小鳥がさえずり、パンの焼ける匂いが香ばしくただよう平和な朝。けれど、そんな平和は長くは続かなかった。

「死ねーっ!! このバカ犬ーっ!!」
 早朝の学院に、朝の静寂をぶっ壊す怒鳴り声と、それに遅れて轟いてきた爆発音が、屋根の上の雀たちを
追い散らして、魔法学院に朝が訪れた。
「おお、今日はまた一段とすごいなあ。この威力だと、寝ぼけてルイズのベッドにサイトが潜り込んでたってとこかな?」
 爆発の音量から推理して、ギーシュがのんきな声で言いながら男子寮から出てきた。
「おはよう、ギーシュ」
「今朝はこれまでも五指に入るほど大きな音だったな。おかげでばっちり目が覚めたよ」
 ギーシュに続いて、女子寮からかなり離れているはずの男子寮から、今の爆発音で叩き起こされた生徒達が
続々と着替えて登校を始めていた。
 この、週最低一回程度は必ずある大音響は、春以来魔法学院の名物になってきていて、いい目覚ましとして
学生達にはもはや慣れたものとなっている。最初の頃はうるさいと苦情が来て、ルイズにもコルベールから
注意があったこともあったのだが、キレたルイズがそんなこと覚えているわけもなく、またこれがあった日には
例外なく学院の全員が目を覚ますので、遅刻がゼロになるという副産物もあり、今となっては奨励する空気も
あるくらいである。
 そんな中で、ギーシュは登校しようとせずに、寮の周りをキョロキョロとしている太っちょの生徒を見つけて
声をかけた。
「おーいマリコルヌどうした? 探し物かい」
 そういえば、フリッグの舞踏会の時から彼と話をするのも久しぶりだなと思いながらギーシュは彼に歩み寄っていった。
あのとき、ガラキングとバンゴに追いかけられて、必死に逃げていた姿は忘れられない。
「あっ、ギーシュか……なあ、ぼくのクヴァーシル見なかったかい?」
 ギーシュは記憶の井戸の底から、しばらく聞いていなかったその名前を引っ張り上げた。
「クヴァーシル? ああ君の使い魔の……確かミミズクだったっけ」
「フクロウだよお。昨日から、何度呼んでも来ないんだ、今日は使い魔を使った実習があるっていうのに」
 丸っこい顔を、人から見たらあまり危機感を感じさせないふうにこわばらせてマリコルヌは言うが、やはり
その顔のせいでギーシュはあまり真剣になれずに答えた。
「鳥の使い魔はどこに飛んでいくか分からなくなることがあるからねえ。エサをやり忘れて遠くに行っちゃったんじゃ
ないのかね?」
「そんなあ……まあ、確かに最近世話をサボってたかもしれないけど……そんなひどいことはしてないはずだよ」
 とは言うものの、学院の生徒で使い魔の世話を真面目にやっている者は少数派に入る。タバサのシルフィードや
キュルケのフレイム、ギーシュのヴェルダンデはかなり恵まれているほうなのだ。なお、当然のことだがもっとも
扱いのひどい使い魔は才人である。
 試しにギーシュが地面に向かって呼んでみると、すぐさま地面が盛り上がって大きなモグラの頭が顔を出してくる。
「おお、やはりすぐに来てくれたか!! やはり君は可愛いねえ。ほらねえ、常日頃から愛情を持って接していれば、
使い魔はすぐに答えてくれるものなんだよ」
 誇らしげに胸を張ってギーシュは言う。一般には伝わっていないが、惚れ薬の巨大化事件以来、ギーシュの
溺愛ぶりにも磨きがかかったようだ。
「うーん……そこまではちょっと、けどこれまでは呼んだらすぐに来てくれたのになあ。感覚の同調もできないし、
まさか鷹か何かに襲われてなければいいけど……いや、まさか悪い奴に捕まったりしてるんじゃないか」
「おいおい、フクロウ一羽を誰が捕まえるって? 心配しすぎだよ、それじゃあそのうちヤプールの仕業だとか
言い出すんじゃないだろうね」
 それはもちろん冗談だったのだが、どうやらマリコルヌはそうは聞こえなかったようだ。
「そ、そうだそうに違いない!! きっとぼくの才能に目をつけて、クヴァーシルを人質にとって言うことを聞かせようと
しているんだ!! 悪の手先になって学院の女の子達に手をかけることになってしまったら……ああ、ぼくには
とてもできない。その前に、愛する君達の手でぼくを殺してくれ」
「……」
 流石に、ギーシュさえも言うべき言葉を失ってしまった。同類と思われては敵わないと、そっと距離をとっていく。
 そこへ、端から見ていたらしいギムリとレイナールがおはようと声をかけてきた。
「災難だったなギーシュ、しっかし気色悪いなあいつは」
「うーん……悪い奴じゃあないんだけど、あの癖はちょっといただけないねえ。それにしても、使い魔が
いないとメイジとして格好がつかないだろう。早く見つかるといいんだけどな」
 使い魔とメイジは2つで1つ、切っても切れない関係にある。ギーシュの場合はいきすぎの感があるが、
それにしても、いるのといないのではメイジとしての評価に大きな差が出る。
「そうだね。けれど、そういえば最近使い魔を連れている人が少ないみたいに思うな。何か、悪いことの前兆で
なければいいんだけど」
「おいおいレイナール、まさかお前もヤプールの仕業かもしれないっていうのか? 考えすぎだよ、ろくに世話も
せずに使い魔に愛想をつかされる奴が多いってだけさ」
 ギムリは楽観的に言ったが、レイナールはバム星人、そしてスコーピスの事件に立ち会って、事件の前兆を
察知する危機探知能力、端的に言えば第六感が鋭くなってきているように見える。
「本当に、誰か恐ろしいことを計画してるんじゃなければいいんだけど……」
 外れていれば、それが一番いいが……と、レイナールは自分が間違っていることを切に願った。


 だがしかし!!
 そのころ魔法学院では、本当に世にも恐ろしい計画がスタートしようとしていた。

 ここは普段誰も近づかない学院の宝物庫。
 そこに、今不気味な笑いを浮かべる一人の男がいた。
 彼は壁の一角にしゃがみこみ、ぼそぼそと手のひらの何かに語りかけている。

 その正体とは……

「うひょひょ、行けモートソグニル、この日のために準備した秘密の節穴を通って、女子更衣室という禁断の花園の
秘密を暴いてくるのじゃーっ」
 なんと、魔法学院学院長のオールド・オスマンその人であった。彼は、己だけのユートピアを作り上げるという
野望の元、公務の合間を縫って、この恐るべき計画を進めてきたのだった。
 だが、長い下準備を終えて、今こそ作戦をスタートしようとしたとき、彼の後ろにどす黒いオーラをまとった
何者かが姿を現した。
「ちょっと、オールド・オスマン」
「なんじゃ、今大事なところなのに……げぇ!? ミス・ロングビル、いつの間に!!」
「最初からです。それよりも、わたくしだけではありませんことよ」
 こめかみに青筋を浮かべるロングビルの後ろには、同じような顔をした女生徒がいっぱいのたくさん。
 皆さん無言で乗馬用の鞭やら棒っきれやらを持っている。
「ま、まさか最初からということは……」
「蛇の道は蛇といいますか、それよりどれだけセクハラに耐えながら貴方の秘書をしてきたと思ってるんです? 
さて、皆さん。この哀れな子羊に厳正な裁きを」
「死刑」

 こうして、世にも恐ろしい悪魔の計画はスタート前にストップされた。
 魔法学院は、今日も平和だった。


 だがしかし、本当に、本当に恐ろしい計画は、別のところですでに開始されていた。
 そのことを、事前に感知できた者は、残念ながら誰一人としていなかったのだ。

 学院にルイズの大爆発が響き渡るよりも前、生徒達が起き出すより早く、食堂のコック達は生徒達の朝食を
用意するのと平行して生徒達の使い魔のためのエサを作っていた。
 この魔法学院は2年生からそれぞれメイジのパートナーとなる使い魔を召喚して、共に生活していくのが
カリキュラムとなっており、元はといえば才人もそれでこの世界に呼び出されたものであった。
 使い魔の種類は才人のような例外を除けば、モグラ、カエル、鳥などの一般的な動物から、珍しいところでは
キュルケやタバサのようにドラゴンの類などの幻獣を呼び出す者もいる。
 しかし、この日はどういうわけか集まってくる使い魔達の数がやたらと少ないように見えた。
「変ですねえ。いつもならみなさん、この時間になると飛んでくるんですのに」
 本日の餌やり当番になっていたシエスタは、使い魔達の少なさに不思議な顔をした。
 使い魔達の中で、特に目立つ風竜のシルフィードやサラマンダーのフレイムはいる。けれども、それ以外の
やや小さめな使い魔達の頭数がどうも少ない。
「ふうん、ねえシルフィちゃん、みんなどこに行ったのか知らない?」
「きゅーい?」
 シルフィードは分からないというふうに、首をひねって答えた。竜は幻獣の中でも特に頭が良く、ある程度人間の
言葉も理解できるというので、試しに聞いてみたのだが、やっぱり無理だったかとシエスタはため息をついた。
もっとも、隠しているのだが、ある程度どころか完全にシルフィードはシエスタの言葉を理解していた。ただ、シルフィードは
他の使い魔達と違って、森の中に自分だけの居住スペースを作って住んでいるので、本当に知らなかったのだ。
 エサが大量に余ってしまったシエスタは、仕方なく料理長のマルトーに相談に行ったが。
「どうせ貴族の放蕩息子達のことだ、適当に連れまわしてるんじゃねえか、ほっとけ」
 そう言われて仕方なく引っ込んだのだが、その次も、そのまた次もやってくる使い魔達の数は減り続けた。
 シエスタは不安に思ったのだが、生徒達からは何の達しも無かったので何も言えず、日々減っていく使い魔達の
数を数えているしかできなかった。

 そして3日が過ぎた朝。
「この、超、超、大馬鹿犬ーっ!!」
 AZ1974爆弾も真っ青な大爆発とともに、またにぎやかな朝が来た。
 けれど、この日は3日前のようにさわやかな目覚めとはいかなかった。

「フレイムー、フレイムー、どこ行っちゃったのーっ!!」
「ヴェルダンデー!! ぼくのヴェルダンデー!! 出てきておくれーっ!!」

 朝から、授業も忘れて使い魔達を探す声がいくつも学院に響き渡る。
 すでに使い魔の厩舎は空になっており、さらに主人と同居している使い魔や、放し飼いにされているものも
ほとんどがいなくなっていた。
「これは……もうただ事じゃねえな」
 その騒動を、才人は日課の洗濯をしながら眺めてつぶやいた。だが、その顔はどうにも緊張感に欠ける、なぜなら。
「あの、サイトさん……お顔、大丈夫ですか? 手当てしたほうがいいんじゃ……」
 と、シエスタがたまりかねて言ったように、才人の顔はルイズのこっぴどい折檻によってシュガロンかオコリンボールの
ようにボコボコになっていたからだ。けれど、もはや慣れたものである才人のほうは、一応声だけは平然とした様子で答えた。
「ああ、大丈夫大丈夫、もう2、3時間もすれば腫れもひくって」
「そ、そうなんですか……すごいですね。ところで、今回は何をしたんですか?」
 引きつった顔で感心するシエスタの隣で、とりあえず才人は洗濯を続けながら話した。
「別にたいしたことじゃねえよ。引き出しの中にカエルのおもちゃを入れておいただけなのに、あんにゃろ親の敵みたいに
目ぇ血走らせながらぶっ叩きやがって。いくらなんでも鞭が三本もダメになるまで殴ることはねえだろ。おまけに最後は
超特大の爆発ときやがった」
 才人はルイズがカエルが苦手だと知って、ちょっとしたいたずらを仕掛けたのだが、まさかここまでルイズが怒るとは
予想していなかった。が、シエスタは仕方なさそうに言う。
「それは、ミス・ヴァリエールも怒りますって、サイトさんだってゴキブリやネズミは嫌いでしょう。それと同じですよ」
「でもさ、あいつは日ごろからたいした理由もないのに俺を殴るしさ、限度ってもんがあるだろ」
 シエスタはそれを聞いて苦笑した。なぜなら、シエスタにはルイズの気持ちが手に取るように分かったからだ。
一言で言ってしまえば才人に構ってもらいたいけど適当な理由がないから、特に意味無く怒って気を引こうとする。
シエスタはとっくに卒業した心理だが、その程度も分かってやれない才人も鈍い。
 才人はなかなか自分の非を認めようとはしなかったが、シエスタに。
「でも、今回はサイトさんのほうから手を出したんでしょ?」
 と、言われて言葉に詰まり、やがて自分のしたことが以前ギーシュと決闘したときの理由と同じと追い討ちされて、
ようやく自分が悪いことをしたんだという気持ちになった。
「けれども、この状況はどうなってんだろうな。使い魔達が揃っていなくなるなんて」
 頭を切り替えて当初の問題に返ると、とりあえず洗濯の手を動かしながら周りを見渡した。
 庭には、今朝使い魔がいなくなったギーシュ、キュルケのほかにも、マリコルヌやギムリなど2、3年生が数人探し回っている。
「ええ、今朝はとうとうタバサさんのシルフィちゃんしか来なくなっちゃったんです」
「ふーん……けれど、ほとんどいなくなった割には騒いでる奴は少ねえな。自分の使い魔がいなくなったってのに」
 シエスタは少し悲しそうな顔をした。
「ほとんどの生徒さん達は、使い魔がいなくなってもたいして気にしていないみたいなんです。世話もわたし達に
投げっぱなしの人も多いですし……」
「……」
 それを聞いて才人も露骨に嫌な顔をした。要するに、ペットの世話がめんどくさくなって捨てる飼い主と一緒だ。
人間の都合で連れてこられたというのに、飽きたらポイ、地球でも動物が主役のアニメや映画が流行る度に
似たような問題が起こるので、才人にもなじみはある。そういう者達に比べれば、才人は主人が構ってくるだけ
まだ恵まれているほうか、痛いけど。
 しかしギーシュ達のように使い魔を大切にしている者には重大な問題だ。

「サイトー!! ぼくの、ぼくのヴェルダンデを見なかったかね!!」
「あたしのフレイムも、昨日からずっと見ないのよ。希少種だからだれかにさらわれたんじゃないかって心配で」

 彼らのほかにも、ギムリ、レイナールとおなじみのメンバーが才人の周りに集結している。
「おいおいみんなかよ。悪いけど、どれも見てないぜ。それよりも、先生には知らせたのか?」
「いや……使い魔の管理は主人の義務だから、使い魔のことには教師は関与してくれないんだ」
 そりゃ単なる責任放棄じゃねえのかと才人は思ったが、この学院の教師は数人を除いてろくなのがいなかったな
と思い返して納得した。
「お願いダーリン、フレイムを探すの手伝って。あの子があたしを放っていなくなるわけないわ。きっとフーケ
みたいな盗賊の仕業よ」
 いつもカラカラと陽気なキュルケも今回ばかりは焦っている。初めてキュルケと会ったとき、フレイムのことを
随分と自慢していたが、秘めた愛情ぶりはギーシュに負けないくらいに熱い。微熱に隠れた高熱か。
 単なる使い魔の家出なら手を出すつもりはなかったが、いいかげん事件性を帯びてきた以上、見逃すことも
できないかと才人はあきらめた。
「まさかこんなことにヤプールは絡んでないと思うけど、一応調べてみっか」
 そう言う才人の顔はいつの間にか腫れも引いてすっかり元のさえない面構えに戻っていた。再生怪獣
ギエロン星獣かライブキングの遺伝子でも入っているのではなかろうか。

 そしてルイズとタバサも呼んできて、さらにルイズにロビンを見なかったかと尋ねていたモンモランシーも
加わって、またまたこの面子が勢揃いした。

 と、その前に。
「ルイズ、今朝はごめん。俺が悪かった」
「な、なによ。まだわたしが怒ってるとか思ってたわけ……わ、わたしは全然っ怒ってなんかないからね、
だから、もう……頭を上げなさいよ」
 顔を赤くして必死に視線を逸らすルイズと、ほっとした表情を浮かべる才人、どうやら仲直りできたようだ。
けれど、物陰から嫉妬深い目で見ている何者かがいたが、この際無視して問題あるまい。
 まあ、どうせ明日になったらすっかり忘れてまた揉めるに決まっているんだし。そんなこんなで、時間を
とられて、気づいたときには昼を過ぎて太陽が傾き始める時刻になっていた。


「それにしても……まーたこの顔ぶれか、なんか妙な因縁でもあるんじゃねえのか」
 授業をサボって集まったそうそうたる顔ぶれに、見えざるものの手を感じて才人は頭を掻いた。
 けれど、早くも状況を忘れてお祭り気分のギーシュは皆を見渡して演説をぶる。
「なーにを辛気臭いことを言ってるんだね。学院の危機に我ら水精霊騎士隊ことWEKCの勇士8人が再び勢揃いした。
これは未来の栄光へと続く始祖のお導きに違いないではないか!!」
「いや、別に学院の危機でもなんでもねえし」
「そもそも8人ってなによ。あたしはあんた達の騎士ごっこに参加した覚えはないわよ」
 調子に乗るギーシュに才人とルイズが冷静にツッコミを入れる。タバサやモンモランシーもそうだそうだと
うなづいているが、ならなんでこんなところにいるんだと言われれば、そばにいないと安心できない人間が
いるからだと思うしかない。が、口が裂けてもそれは言えない。
「で、これからどうするよ?」
 女子達のきつい視線がいい加減痛くなったので、とりあえずの主題に話を戻した。
「決まってるだろ、ぼく達の使い魔をさらっていった奴を探し出してぎったんぎったんにしてやるんだよ!!」
「そうよ、あたしをコケにしてくれたからにはただじゃ済まさないわ。丸焼きどころか骨の髄まで火を通して
やんなきゃ気がすまないわよ!!」
 今回ギーシュとキュルケのテンションが異様に高い。特に火系統のキュルケは文字通りに燃えている。
二人とも使い魔への愛情度は学院でも5本の指に入るのは間違いなく、その怒りのボルテージはマックスを
向かえようとしている。
 しかし、意気込みはいいが具体的にはどうするべきか。
 こういうときには知恵袋たるレイナールの出番だ。
「えーと……賊の正体はわかんないけど、ぼく達の使い魔が狙われているのは間違いない。だから、賊は
必ず学院に残ったほかの使い魔も狙ってくるはずだ。そこを狙って現行犯でとっ捕まえるてのはどうかな」
「なーるほど、それで残った使い魔といえば……え、俺?」
 皆の目が才人に集中する。一応才人も使い魔のうちだ。
 だが数秒後には「だめだな」と言わんばかりに一斉に視線を逸らされた。
「なんだよ、言いたいことがあるならはっきり言えよ!! ああどうせ俺は誰も欲しがりませんよ。悪うございましたね!!」
 逆ギレしたくなる気持ちも分からないでもないが、どんな好事家も才人は初言でいらないと言うだろう。
 けれど、才人はダメだとしても囮はいる。今学院で他に残っている使い魔といえば……
「タバサ」
「……わかった」
 キュルケの懇願するような眼差しに、タバサは空に向かって口笛を吹いた。すると、空の彼方から青く
大きな姿が一直線に舞い降りてくる。
「きゅーい!」
 着陸したシルフィードはうれしそうにタバサにすりより始めた。フレイムやヴェルダンデは主人に溺愛されて
いるが、シルフィードほど主人に懐いている使い魔はいないだろう。
 が、タバサはそんなシルフィードに無表情のまま『錬金』で作った首輪をひょいとはめてしまった。
「きゅい?」
 目を瞬かせながら、シルフィードは「何これ」と言うようにタバサを見た。
「エサ」
「……きゅいーっ!?」
 気づいたときにはもう遅い。見守っていた才人やルイズ達は仕方が無いとはいえ、手を合わせたりして
一斉に祈りを捧げた。
「……ごめんねタバサ、あなたの使い魔をこんなことに使わせちゃって」
「どうせシルフィードもいずれ狙われただろうから、別に問題ない。今は、これが打てる最善の手」
 まあタバサの言うとおりなのだが、シルフィードはそりゃないよと涙目になっている。
 けれど、ギーシュはどうやら違う考えがあるようだった。
「いや、ミス・ツェルプストーの考えにも一理あるが、もっといいエサがあるぞ」
「は?」
 すごく誇らしげな顔をしているギーシュを見て才人はやな予感がした。こいつの言ういい考えが当たった
ためしがないからだ。
 無駄な時間をとられることを恐れた才人はとっさに一計を案じた。
「へーっ、その様子じゃ自信ありそうだな。ようし、それじゃお前と俺達でどっちが早く犯人を捕まえられるか
競争しようぜ」
「ほほお、それはいい考えだ。では、ギムリ、レイナール、ぼくに着いて来たまえ、手柄はぼく達のものだぞ!!」
「おお、頑張れよー!!」
 こうして、ギーシュがなかば強引に二人を連れて行ってしまうと、才人はニヤリとほくそえんだ。
「うし、大成功」
「悪知恵が働くわねあんた。それともギーシュが単細胞だからかしら、まあ、向こうには期待しないで
こっちでさっさと解決しちゃいましょ。日が暮れたらもう探しようがないわ」
 いつの間にか、夏の長い日もだいぶ落ちて、日差しに赤みが混じり始めて、夕焼けがそろそろ始まろうとしていた。
 囮役のシルフィードはいまだにわめいている。
「きゅーい!! きゅーい、お姉さまひどいのねーっ」
「ん? 誰か今何か言ったか?」
 聞きなれない声がして、才人は思わず周りを見回した。
「気のせい、気のせい……このっ!」
 なんでかシルフィードの頭をぽかりと殴ったタバサに怪訝な顔をしつつ、逃げられなくなったシルフィードを
引き連れて一行は森に向かった。


 一方そのころ、学院のてっぺんにある学院長室では、オスマンが椅子に縛り付けられて、夕日に赤く
照らされながら、黙々と書類と向かい合わされていた。
「とほほ、もういい加減許してくれんかのー」
 あの覗き未遂事件以来、ロングビルと女子生徒達によって9/10殺しくらいに痛めつけられたオスマンは、
かろうじて一命をとりとめたものの……いや、ルイズでさえここまではやらないだろうというくらいにぼろ雑巾の
ようにされて生き残っていること自体奇跡と言えるが、これによって信用を完全に失ったオスマンは、杖を
取り上げられたあげくに、魔法の拘束具によって学院長室に閉じ込められて、たまっていた仕事を一日中
やらされているのであった。
「はーあ、どうしたらいいんじゃ、これ」
 机の上には文字通り山積みの書類の山、溜め込んでいた自分が悪いとはいえ、さすがに気が滅入る。
「なあ、ちょっと休ませてくれんかの?」
「ダメです。その書類が全部片付くまで、絶対外には出しません」
 扉の外から見張りの冷たい声が響く、女子生徒達の怒りはまだ収まっておらずに、生かさず殺さずの
復讐が連日こうして続いていた。カンヅメにされる漫画家みたいなものだが、トイレ以外本当に一歩たりとも
外に出されないのはつらい。食事も以前の才人並の粗末なものに落とされていた。
「ふぅ……ところで、ミス・ロングビルはまだ帰らないかね?」
 ロングビルは昨日王宮に提出する書類を持っていってもらい、そろそろ帰ってきてもいいころなのだ。
「いいえ、まだお帰りになっていません」
「ふむ……また何か事件に巻き込まれていなければよいのだが」
 そう言って、気晴らしに窓の外を何気なく眺めたとき。
「ん、あれは……」
 学院の西の塔の先端に、黒い人影らしきものが立っているのが見えた。夕日が逆光となってシルエットしか
分からないが、マントをして、手に何か箱のようなものを持っているようだ。
「学院長!! しっかり仕事してください!!」
「はっはぃぃ!!」
 しかし、ちょっとでもサボろうとすると鬼のような声で雷が落ちる。比喩ではなく本当に雷撃が来るので
無視することはできない。すでに、年寄りをいたわろうとする気持ちは誰一人持っていなかった。
 しぶしぶ、それらの苦痛の山に向かうオスマンであったが、何気なく手にした一枚の便箋に目が止まった。
 そこには、ハルケギニアの文字で短く。

"ガクインヲ、イタダク  ヒマラ"

 と記されていた。


 そして、学院長室の真下の中庭の一角では、ギーシュがなにやら奇妙な作戦を実行しようとしていた。
「なあ、こりゃ何の冗談だよお、放してよお!」
 そこには地面に打ち込まれた木の杭に縛り付けられている丸っこい物体。つまりはマリコルヌが
はりつけにされて放置されていた。その異様さといったら、通りかかる女子生徒やメイドがのきなみ目を覆って
逃げ出していくほどである。
 この、前衛芸術のオブジェも真っ青の気色悪い見世物に、少し離れたところから隠れて見ている
レイナールとギムリはギーシュに意味を問いたださずにはいられなかった。
「おいギーシュ、あれは何の冗談だよ!?」
「あんな気色悪いカカシは今まで見たこと無いぞ、何だ!? 呪いか、呪いの儀式なのか」
 しかしギーシュは憤る二人に自信たっぷりに言った。
「ふふ、君達……この天才ギーシュ・ド・グラモンの頭脳が犯人の狙いをズバリ突き止めたのだよ。
狙われているのは使い魔、つまり普通では手に入らない希少な生き物達だ……それはつまり?」
「つまり……?」
 二人は、このころになってようやく才人が感じた嫌な予感を感じ始めていた。が、それでも一応は
WEKCの隊長ということになっている男の言うことに、一縷の希望を抱いて聞くが。
「つまり、犯人は珍獣コレクターということだよ!! そして珍獣といえば、このミスターマリコルヌを
おいて他にはいな……あれ、どうしたのかな君達、杖なんか出しちゃって?」
「ギーシュ、ほんの少しでも」
「お前を信じた……」
 二人は肩をぶるぶると震わせて、そして目いっぱいの怒りを『エア・ハンマー』と共に吐き出した。
「「俺達が、馬鹿だったよ!!」」
 二人の渾身の一撃がギーシュを盛大にふっとばし、学院の壁に見事な『大』の形のくぼみをこしらえた。
「あーアホらしい、おいサイト達のほうを手伝いにいこうぜ」
「そうだな、行こう行こう」
 もはや壁の一部となったギーシュには目もくれず、二人は踵を返すと学院の外へ向かって歩き始めた。
 だが、ふと上を見上げたレイナールの目に、学院の尖塔の上から小さな人影が紙切れのようなものを
投げたのが映った。
「あれは……おいギムリ、あれを……」
「ん……?」
 けれどもギムリが反応するよりも早く、その小さな紙切れのようなものが一瞬にして空を覆うほど広がって、
彼らの視界を真赤に埋め尽くしてしまった。


 後半部へ続く。



新着情報

取得中です。