あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの使い魔様は根腐れしてやがる!!1話目


それは春の使い魔召還の儀に突然やってきた。
何度も失敗しても諦めなかったルイズの召還に答えてやって来た。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・
それは天に悠々とそびえ立っていた。
「ゼロ・・・のルイズが・・・」
誰かが呟いた。その声に嘲りと多少の哀れみを込めて、
「う・・そ・・・」
ルイズは泣きそうな顔で目の前の現実を否定しようと、教師であるコルベールに涙目で訴える。
だが、コルベールはなんとも残念な表情で冷たく重い一言を言い放つ
「残念ながらやり直しは出来ません」・・・と、

そしてルイズは召還されたモノに対峙した。
学友であるはずの男子からは蔑みの言葉が飛び交い、女子からは哀れみの視線が突き刺さる。

だが、彼らはまだ、その雄雄しくそびえるソレが彼らの想像しているものよりも
ずっとやっかいで危険なモノだとは誰一人気がついていない。
だからルイズの心を深くえぐる様にヤジを飛ばすのだ。

「ゼロのルイズがゴミバケツを召還した!!」と、

ルイズは自分の事が情けなくて心がはち切れそうだった。様々な思いを持って臨んだ召還の儀、
何度も、何度も失敗しては馬鹿にされてそれでも諦めずに挑んで、
やっと成功したと思ったら召喚されたのはゴミバケツ・・・しかもそれに契約しろと言う。
私が何か悪い事をしたのかと心で毒づき、後で全員ふっ飛ばしてやると不穏な事を考えながら
件のゴミバケツに意を決して契約のキスをしようと近づいたその時!!

ガポオォン!!
「がっふああ!?」
唐突にゴミバケツの蓋が飛び上がり、ルイズの顎を見事に打ち抜いた。
見事なアッパーを喰らって宙に舞うルイズ、そして・・・
「な、なんだ!!ゴミバケツから人が沢山出てきたぞ!?」
そう、ゴミバケツからなんと5人もの人が出てきたのだ。
出てきた人々は皆、一様に白い服に首元にリボンをつけており、個人で違った眼鏡をかけていた。
そのうち4人は額に何かしらの文字らしきモノが掘り込んであり、唯一、髪の毛を生やした男がどうやら彼らの長のようだ。
「いやぁ、よいしょっと」
ゴミバケツから華麗に空中トリプルアクセルを決めながら地面に着地する謎の集団の長
「みぎゃああ!!」
その足元にはお約束の如く、ルイズが・・・そして次々に飛び降りる面々
「よっと」 「ぎゃああ!!」
「ほっと」 「ゆだあああ!!」
「おっと」 「いたあああ!!」
「おいしょ!!」 「ぐあああああ!!」
もう最後の方は名門貴族の子女なんかみじんも感じさせない悲鳴で悶絶するルイズ、
そしてあまりにも現実離れした事態に唖然となる一同、それらを見渡して男たちは・・・

「博士、目的地とは違う場所に出ましたよ?」
「ふむ、A君、これはどういう事だろうね」
「博士!!なんかタイムマシーンの設定がめちゃくちゃになってます」
「むむ、と言う事はC君、先ほどの時空の揺れが原因で別世界に飛ばされたかもな」
「あー、そこの髪の毛の薄い方、2週間程でふさふさに戻る壷買ってみませんか?」
「なんと!!おいくら程で!?」

お前ら!!人の上でいつまで雑談してるんだぁ!!」
華奢な体のどこにそんな力があったのか踏みつけていた5人(+コッパゲ)をぶっ飛ばして復活するルイズ
「あ、あ、あ、ああ、あんた達!!きききき貴族にこんな事してただで済むと思っているの!?」
怒り最高潮でマトモに呂律も回らないし、吹っ飛ばされても平然としている5人に、
ルイズのテンションは更にヒートアップ
「大体あああ、あんた達は一体誰なのよ!!それとなんでゴミバケツから出てくるのよ!!」
一気にまくし立てるルイズを見ても尚、その男たちの長らしき男はマイペースにゆったりと起き上がる
その様子を見ていた小太りの男子が笑いながら大声で叫んだ

「ゼロのルイズ!!平民に馬鹿にされてんぞー」
大笑いが起こったと思った瞬間にその小太りにどこからとも無くスパナが飛んできて顔面直撃!!
そのまま轟沈、白目を剥いてその場に倒れてしまった。
いったい何処からと皆が首をかしげる中、謎の博士と呼ばれた男は咳をして、名乗った。

「私?私めは科学者 根腐軸盆です」
「助手Aです」
「助手Bです」
「助手Cです」
「助手Dです」

ここにハルケギニアの歴史を塗り替える(悪い意味で)使い魔が召喚されたのであった。

 ・・・・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・
 ・・・・・・・
 ・・・・
 ・・
 ・

「はい、んじゃあとっとと契約済ませといて、先生ミスタ・Bと話あるから」
生徒の進退よりも自分の生え際の進退を気にする男、コルベールのおざなりな説明と
ルイズの熱心な説得(自分勝手な意見を延々と喋っただけとも言う)により今、まさに
契約の儀が執り行われようと・・・
「我の使い魔となせ・・・」
ぷちゅうう・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・
 ・・・
 ・
「ねぇ、この生物は?」
「人喰いゾリラのゾーリンちゃんです」

がぷ

「ぎゃあああああ!!」

やっぱ召喚されてねぇかも・・・



新着情報

取得中です。