あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

日本一の使い魔-01


何度失敗しただろう… ようやく現れた使い魔に対して始めは平民だし外れクジを引いたと思った。
しかしその使い魔はとんだ日本一いやハルキゲニア一だった…



ここはハルキゲニア大陸のトリステイン王国という小国。
トリステイン王国にあるトリステイン魔法学院、敷地内で生徒の1年生が2年生へと昇級する為に
必須とされる使い魔召喚の儀式が行われていた。
実際に必須と言っても魔法を使う貴族には失敗のしようも無い程の事なのだが…
学園の教師であるコルベールには、召喚に失敗しないとは言えない生徒が気がかりだった。
生徒達はうんざりしながら、コルベールは祈りながら一人の成功を待っていた。

「何度失敗したら気が済むんだよ!ゼロのルイズ!」
「何度目で成功するか賭けようぜ。」「成功なんてしないんだから賭けにならないよ。」
罵りや嘲笑の言葉から湧き上がる怒りの感情を押し殺し、
ゼロのルイズと呼ばれる少女は自分の使い魔が現れる事を信じ杖を振るった。
「(お願い!贅沢は言わないから、小さな虫でもいいから来て!)」

無常にも結果は爆発ばかり…

一向に成功の兆しの見えない生徒に対し見かねたコルベールは
「ミス・ヴァリエール、今日は日が悪いみたいなので後日改めてと言うことでいかがですか?」
と提案する。一人の生徒にばかり時間を割く訳にもいかずコルベールは提案する。
「先生!お願いします。待ってください・・・あと一回、あと一回だけお願いします!」
ここで出来なければ留年は確実だろう。失敗は出来ない・・・
「わかりました。ミス・ヴァリエール・・・もう一度だけですぞ。」
ルイズにあと一度だけのチャンスをコルベールは与えた。
生徒達からは
「どうせ失敗するんだし、もういいじゃないか?」
「使い魔の召喚も出来ないなんて本当にゼロだな!」
「あと一回なんて、お約束のヒーロー物語じゃないんだから、成功しないのが世の常だな。」
「ルイズのダメっぷりはハルキゲニア一だよな。」
と嘲笑われ今まで我慢していたルイズが切れた。
「見てなさいよ!あんた達の使い魔なんて目じゃない位、すっごい使い魔召喚してやるんだから!」


「宇宙の果てのどこかにいる、私の下僕よ! 神聖で、美しく、そして強力な使い魔よ!
 私は心より求め、訴えるわ。我が導きに応えなさい!」
呪文を唱え杖を振るうと、今日一番の大爆発が起き辺りは土煙で覆われた。
「何だよ!やっぱり失敗じゃないか!」
「僕の使い魔が失神しちゃった。どうしてくれるんだゼロのルイズ!」
自分達に被害が及べば文句の一つでも出るのは当たり前である。

その様子を少し離れた所から見ていたクラスメイトのキュルケ
「やっぱり失敗しちゃったみたいね。」
キュルケと一緒にいたタバサは
「何かいる…」
土煙が晴れていくとそこに何か影が。
「えっ?じゃあ成功したって事?」
「現れた使い魔、只者じゃない。」

爆発が起こった中心には奇妙な格好をした男が一人たっていた。
男の格好は黒いウェスタンルックに身を包み、白いギターを背負っていた。
そんな萩原流行みたいな格好はハルキゲニアでは奇妙な格好としか取れない。
作者の周りでも十分変な格好には違いないのだが。

「おい。ルイズが変な格好した平民を呼び出したぞ。」
「でも、何かカッコいいわよ。」
「杖持ってないから平民だよな?」

一方ルイズはその男の前へと歩み寄り訪ねた。
「あんた誰?」
変な格好の男は
「俺は私立探偵、早川健だ。」

ここから物語は始まる


新着情報

取得中です。