あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

鋼の使い魔-33


 夕陽に染まるアルビオン、ロサイス港。
 見下ろす地平線を背に、艤装を完了した『レキシントン』号の甲板上に主要各艦の長が整然と不動のまま並んでいた。
 彼らの前に設えられた台上には『レキシントン』号艦長ボーウッド。今回の親善艦隊の総指揮を貴族議会から任命されたジョンストン卿。
その他旗艦参謀員が並び、目の前に並ぶ艦隊構成員達を視界に収めている。
 ジョンストンは一歩踏み出して声を張った。その声は制音【サイレント】の応用によって甲板上はもとより艦隊各艦へと伝えられ、総ての船員達に聞こえるようになっている。
「諸君。愚かなる旧アルビオン王家との輝かしき戦いを乗り越えた英雄諸君。ここに停泊する戦列艦30、非戦列艦20にて私の声を聞いている英雄諸君」
 …アルビオン内乱の折、ジョンストンは自らは決して前線に出ることはなかった。レコン・キスタに所属し、王家に反目はしたものの、
明らかに積極的に王軍打倒に参加しなかった。
 彼は日和見に徹し、今、ここにいた。
「我々はロサイスを出発し、トリステイン領空上にてかの国の艦隊と合流した後、トリステイン中部からゲルマニア南部、そしてそこより南西に進路を取り、
帰国するものである。かの国の者たちに我々神聖アルビオン帝国が、始祖の権威に安座し怠惰に国を治めるあの者らへ、我らが彼らに劣る事無く、
優越する国の品格を有するものである事を示して欲しい」
 訓示が終わるとアルビオン式の敬礼と足を揃える音が乱れる事無く木霊する。
 ジョンストンが下がり、変わってボーウッドが前に出た。彼は自身も敬礼し、台上に向かった。
「当艦各員。此度の航路は当艦としては初めてとなる。さらに新艤装後とあっていくつかの面において操作上の変更をきたす箇所もあるだろう。
だが諸君らはいささかの懸念を持つ必要は無い。いつもどおりにやってくれ。
もっとも…船上の常だ、『不測の行動』も迫られるだろうが、この船で共に過した各員の冷静沈着なる行動に期待する。以上だ」
 艦長の敬礼に答えるように、眼前の船員達の敬礼が返される。
 それは乱れはおろか、たった一つの大きな音として帰ってくる。ボーウッドは我知らず満足げに頷くのだった。

 台上で訓示や指示が行われる中、黄昏る船の陰に入るようにして集団を見つめる一人の男がいた。
 お決まりの魔法衛士大隊兵制服と、唾の広く取られた羽帽子だ。…しかし今は、帽子が深く被り直されていて顔色が窺えない。

 号令とともに船員達が解散し、台上にいたボーウッドとジョンストンも艦橋に向かう通路に向かう。するとワルドが当然のようにその中に入った。
「見事な演説でしたなぁ、艦長、総司令殿」
 嘗ての彼を知るものがいれば随分と衝撃を受けるだろう、実に剣呑とした調子でワルドが二人に声を掛ける。
それにボーウッドは憮然としていたが、ジョンストンの方は機嫌よさ気に答えた。
「おお、子爵殿。正直言って、緊張しっぱなしだったよ。壇上に君を乗せられず閣下に悪かったと思っているくらいでね」
「とんでもない。私はあくまで客将。『不測の行動』までなんの配役もない、ただの乗り合いだ男に過ぎません。そうですな、艦長?」
 ボーウッドは押し黙ったまま、視線を通路に向けている。
「…親善訪問の『概要』は委細承知している。だが少なくともラ・ロシェールの合流地点までは子爵、君はまさに乗り合いだ客人に過ぎない。そこをわきまえてもらう」
「結構結構。大いに結構…」
 くっくっく、と篭る笑い声がワルドから聞こえて、ボーウッドはさらに表情を渋くするのだった。



 その日、アルビオン空軍艦隊は一等戦列艦『レキシントン』を旗艦としてロサイスを出港。ラ・ロシェールまでの航路を夜間航行で進むのだった。



 『開幕、長い一日』



 夜の帳が下りた、トリステイン魔法学院。
 既に夕食の時間も終わり、後はもう寝るだけ。勿論、眠らずに思い思いに夜を過す者も多い。
 幸か不幸か、そんな眠らない住人の一人にギーシュはいた。ただ、普段であればそれはモンモランシーか自分の部屋、なのだが、今はコルベール研究塔前にいる。
 目の前には木材に布を張った大きな天幕の下で、掲げられたランタンに照らされる半壊状態の『飛翔機』があった。

 ギーシュが昼間、ちょっとした好奇心から『飛翔機』を動かした時、誤った操作により完成したはずの飛翔機に早急の修復を必要とする損傷が加えられたのである。
 具体的には、風を掴むために計算されて作られた鉄枠が歪み、そこに張られた布が破け、後部にある噴射推進器の二本一組が使えなくなっている。
 大慌てで駆けつけたコルベールとギュスターヴだったが、結局のところ夜も更けた今になっても修理が終わらずにいた。
 ギーシュは指示されて資材置き場から織られたままの白い布生地をせっせと持ち込み、コルベールは飛翔機のフレームから羽布を剥し、
ギュスターヴは新たに鋼材を取り出して足りない部品を作っている。
「ミスタ・コルベール…まだ終わりませんか…?」
 当事者とはいえギーシュはかなり疲れていた。
「機体前面を作っている鋼材を凡そ全て点検しなければいけないので、もう少しですかな…」
 そう言ったコルベールは剥ぎ取った鉄の棒を見定め、使えるものは歪みを直し、使えなさそうなものをより分けている。
「明日からアンリエッタ王女の婚礼儀式が始まるから、学院全体の人も減る。そのうちに飛行実験をする予定なんだよ…」
 ため息も漏れそうなギュスターヴから『お前のお陰で余計な仕事が増えたじゃないか』といわんばかりの雰囲気がギーシュに伝わってくる。なんとも気まずい。
「う…で、でもさ。誰が見たってこんなもので空を飛べるなんて思わないよ。…いい所、フライフィッシャーの模型か何かにしか見えないじゃないか」
 と抗弁するギーシュ。ちなみに『フライフィッシャー』とは、アルビオンの洋上軌道上に生息しているといわれる伝説上の生き物である。
その姿はロマリア南方の海で見られる巨大なエイに似ているという…。

 半刻ほどしてから、流石に余り長い間引き止めておくのはかわいそうだからとコルベールはギーシュを解放してあげるのだった。

 …結局、フレームの修理が終わったのが手元の時計の針が日付を越した頃だった。
「明日の朝一番で布を張り直せば、大体正午頃には飛行実験が出来ますな」
 眼鏡を外して目頭を解すコルベールと、腰を伸ばしてトントンとするギュスターヴ。
 傍目には大の男二人が奇怪な玩具をせっせとこさえているようにしか見えない。実のところ、学院に務める教職者たちは殆どがそのように思っている。
間抜けなコルベールめ、また奇怪な道具を作って遊んでいるな。と。
 家を食い潰して道楽に励んでいるのだから、一般的貴族の価値観から見ればそのように見るのも当時は仕方のないところだった。



 ギュスターヴはそっと扉を開けて、ルイズの部屋へと戻ってきた。
 寝台では既にルイズが静かに寝息を立てている。
 閉じきらないカーテンから漏れる、変わらぬ明るさで双月の光がルイズの頬に掛かっていた。
 起こさぬ様に、そっと寝台の脇に丸められたマットを広げて、横になる。
「んぅ…」
「ん…?」
 起こしてしまったか、と思ったが、むにゃむにゃとルイズから寝言が漏れている。
「あんたは……私の…使い魔……なんだから……」
 …どうやらギュスターヴを夢に見ているらしい。せっかくの夢だというのに、眉をひそめて噛み付きそうな顔をしていた。
「……主人の……傍に……」
 ギュスターヴは暫くルイズの寝相を見てから、やがて埃も立たない様にそっと頭を撫でた。綿のような髪が流れ、次第にルイズの眉間の寄り上がりが解れ、
相から棘が抜けて穏やかなものへと変わった。
「ん……」
 ルイズが緩く寝返りを打つと、部屋に戻った頃と同じく静かな寝息が聞こえるようになった。

「嬢ちゃん最近はずっと机にかじりついてっから、色々と溜ってるんだろうよ」
 壁に立掛けたデルフはそう言った。
「…ま、仕方が無い。婚礼の儀式とやらが終わったら、たっぷり面倒見るさ」
 身に帯びるものを外して身体を伸ばし、静かにギュスターヴは眠りに付こうとした。
「相棒」
 だが、再びデルフがまどろむ間際に声をかける。
「……なんだ?」
「相棒は何時まで使い魔やる気なんだい?嬢ちゃんが死ぬまでかい?」
 うっすらと目を空けて、ギュスターヴは答えた。
「…ルイズが自分の道を見つけるまではここにいる。少なくとも」
「じゃあよ、そいつが見つかるまでは帰ることが出来ても帰らねーって言うのかい」
 脳裏にタルブに住まう背の曲がった老人が思い出されては、消えた。
「そうおいそれと帰れるわけでもないだろう。…時間はあるさ」

 幼い頃、自分が死んでも大地に還るアニマすらないのだ、とどこかで諦観した。
 その思いは年を経てもギュスターヴの心の中に残っていた。深淵な洞の様な孤独に浸りながら、せめて今生きることを謳歌して、死ぬ時は死ぬ。そう決めていた。
 なら、この生まれた地より遠く離れた異界だって生きるに都合が悪くもない。
「どこで何をしようと俺の勝手さ…なんて言うと、レスリーが怒りそうだがな…」
「なんか言ったか相棒?」
「なんでもないよ。…寝るぞ、起こすなよ」
 どこか自嘲気味に笑うと、ギュスターヴは再び眠りにつくのだった。






 ルイズはその時、一人小舟の上に居た。
 妙だ。さっきまでギュスターヴが一緒にいたはずなのに。
「ここ…どこ…?」
 自分の乗る小舟はオールも竿もなく、水の上を流れていた。
「ギュスターヴー、近くにいるんでしょー?」
 四方に向かって使い魔を呼んでみても、何も返ってこない。地平の先はインクを落としたようにぼやけていて、響く音を吸い込んでいく。
「ぅー…」
 恨めしげに鳴いてみても何も届かない。辺りは暗く、静かだった。
「もー、どこなのよここはー!」
 苛立たしく水面をぱしゃぱしゃと手で叩いてみても同じだった。空は薄暗く、水面が鉛色に揺れるのが見える。
 ルイズが途方にくれていると、薄暗い水の流れの先で、仄光る何かがこちらへと流れてくる。
それはルイズの小舟まで来ると流れてゆく事無く、小舟と併走するようにずっと近くに漂っていた。
「なにこれ…?」
 ぐっと手を伸ばす。光る何かに手が届き、拾い上げた。
 …それは濁りの一切ない大理石か何か、真っ白な石材から削りだしたと思われる卵のイミテーション(模造品)だった。
「綺麗…」
 感嘆するルイズの両手に収まる大きさの卵は、石材特有の滑らかな手触りが掌に吸い付くようだった。
 そしてそれはどこか…脈打っていた。手のひら越しに仔犬を抱いた時のようなしっとりとした暖かさが広がっていく。
 それを感じると、今置かれた場所がとても淋しいものに思えた。暖かな卵の温もりが逆に心に安らぎを与えてくれる様でもあった。
 孤独の中でルイズはやがて、親鳥が卵を抱くように卵のイミテーションを抱き込んで眠った。
 小舟はそのまま闇の中を流れていく。夢の中で眠るルイズを覆う闇を、更に濃くしながら…。



 翌日。朝食の時間が終わった頃、学院に王室の紋章の入った馬車がやってきた。
 受付をする衛兵に馬車に乗っていた王宮の役人が告げる。
「ラ・ヴァリエール公息女ルイズ・フランソワーズ殿をお迎えに上がりました」

 同じ頃、部屋でルイズは鞄に始祖の祈祷書を入れ、指には秘かに『水のルビー』を填めていそいそと支度に掛かっていた。
「これで準備はよし。…祝詞の原稿はもったし…」


 ルイズはこれから王宮に上がり、諸侯と共に婚礼の儀式に参加するのである。
 まず、夕刻から始まる諸侯の集まりに父ラ・ヴァリエール公と共に出席して翌朝、アンリエッタの一団と共にゲルマニア帝都ウィンドボナへと出発し、
彼の地で行われる式典で祝詞を読むのである。

 ルイズの部屋をノックする者がいた。
「開いてるわ」
 普段ならここでシエスタがやってくるのだが、帰省中のため別のメイドがやってくる。
「ミス・ヴァリエール。お迎えの方がお待ちになっています」
「もう少し待たせて頂戴。それほど時間はとらせないから」
 そう言ってルイズはメイドを素通りして部屋を出て行く。
「あ、あの、ミス・ヴァリエール!何処へ?!」
「貴方は迎えの馬車まで行って待つように伝えなさい」
 つかつかと足取り早くルイズは学生寮を出て行った。




 コルベール研究塔前では晴天の下、修理の終わった飛翔機に布を張り直す作業に追われていた。
 骨組みの上でピンと張られた布が継ぎ目を重ねるように貼り付けられている。継ぎ目から布が剥げるのを防ぐ為だ。
 鋼材から作った骨組みに布を合わせ、しわやたるみなく鋲や接着剤で貼り付ける。鋲も飛行中に緩んだりしないように、接着剤を塗りこんで骨組みに打ち付けている。

「ギュスターヴ!」
 ルイズはコルベール研究塔に寄って塔前の広場に広げられた作業現場にいるギュスターヴを呼んだ。
 飛翔機の前で梯子に登っていたギュスターヴは振り向くとルイズに手を振り、梯子から降りて近寄った。
「今日はもう王宮に行くんだろう?」
「そうなんだけど…暫く部屋を空けるから、顔見ておこうと思って……」
「ほぅ…」
 顎に手を当てしたり顔のギュスターヴに、ルイズはカッと顔を崩す。
「なっ、何よ?!ち、違うんだからね?連れて行けない使い魔がかわいそうになっただけなんだからね?!」
「はいはい、判ってるよ。…自分の使い魔なら信じてくれよ」
「…うん。……ところで…飛ぶの?これ」
 ルイズが怪訝そうに指差す飛翔機はまだ羽布の張り直しが半分ほどしかされていない。噴射推進器は予備を装填され、噴射口はゴミが入らないように今は布を縄で縛って蓋がされている。
「…飛ぶらしい。本当は昼前には飛ぶ予定だったんだがな」
「ねぇ、帰ってきたら怪我してました、とかだったら承知しないんだからね!」
 判ってるよ、と言ってふと、ギュスターヴは作業現場の台に掛かっている懐中時計を見た。
「もうそろそろ行かないと不味いんじゃないか?」
「え?……そうね。御者も待たせてるし、もう…行くわ」
 ルイズは軽く手を振ってその場を後にしようと歩き出した。
「ルイズ」
 ギュスターヴに声かけられ、振り返く。

 ギュスターヴは腰に手を当て、笑っていた。
「いってらっしゃい」

 ルイズはハッとして、暫く困惑したが、にっこり笑って、
「いってきます」

 そしてそのまま振り返らず、御者の待つ正門まで歩いていった。



新着情報

取得中です。