あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

スナイピング ゼロ-17



タルブ村の上空三千メイルに、アルビオンの主力艦隊であるレキシントン号の姿があった。存在を誇示するかのごとく、
悠然と君臨している。その周囲には、友軍の戦列艦が分散して警戒に当たっていた。
 トリステインの艦隊は全て爆沈され、艦上のあちらこちらで水兵達が万歳を繰り返している。そんな状況に、ボーウッドは
眉をひそめていた。因みに総司令官であるジョンストンも万歳をしていたが、こちらに対しては無視している。

「上手くいきましたな、艦長殿」
 隣に風竜を従えたワルドが、ボーウッドに耳打ちする。先ほどまで自国の村を焼き払っていたとは思えない、冷やかな
表情をしている。
「別に、ただ戦争が始まっただけだ。それ以上でも、それ以下でも無い」
 ボーウッドは、ボソリを呟いた。その言葉を聞いたワルドは、口元を歪める。
そんな二人の元へ、ジョンストンが近づいて来た。まるで子供が欲しかった玩具を手に入れたかのような、嬉しそうな笑みを
浮かべている。

「艦長、伝令から情報だ。港町のラ・ロシェールに、トリステイン軍が展開したらしい。速やかに艦砲射撃の準備を
進めてくれたまえ」
「了解しました、司令長官殿」
ボーウッドは水兵達に艦砲射撃の準備をするよう命じると、ワルドに顔を向ける。

「で、君はどうするのかね? トリステイン軍が砲撃で全滅する様を、高見の見物かな?」
 ワルドは首を横に振ると、ボーウッドに背を向ける。
「まだ敵軍に竜騎士が残っているかもしれませんので、周囲の警戒でもしてきますよ」
 そう言って歩き出そうとした時、伝令が走り寄って来た。真っ直ぐにジョンストンの元へ向かい、何やら報告をしている。
何事かと思ったボーウッドは、ジョンストンに問いかけた。

「何かありましたか?」
「ん? あぁいや、別に大した事では無いよ」
 そう言いながら、ジョンストンは帽子を被り直す。そして、ボーウッドとワルドに言った。

「何でも、奇妙な形をした竜騎士が一騎、こちらに接近しているらしい。まあ、一騎ほどなら驚くに値しないがね」


「相棒、右下から続いて三騎あがって来るぜ!」
「ヤー!」
「相棒の相棒、左から十騎ばかり来やがったぜ!」
「は~い♪」

 レキシントン号から五百メイルほど離れた二千五百メイル上空で、二人はアルビオンの竜騎士隊と空中戦を行っていた。
時速150キロを誇る火竜の約二倍、時速287キロの速度でヘリを縦横無尽に操り竜騎士隊を翻弄している。
 敵の背後に回り込んで銃撃すると言う単純な戦法で、二十ほどいたアルビオンの竜騎士隊は、すでに片手で
数えられるまでに数を減らしている。

「まったく、この飛行機械ってのは凄いね! おもしれえわホントに!」
 二人の操縦士の間で、デルフリンガーが大声で叫ぶ。
「本当に、私もビックリしたわ!」
 後部座席からルイズが体を乗り出して、大声で声をあげた。

「天下無双と言われてるアルビオンの竜騎士隊を軽々と撃ち負かしちゃうんだもん、流石は私の使い魔ね」
 アンリエッタから譲り受けた水のルビーをはめた右手を、強く握り締める。本人に聞くと、お守りのためとのこと。
左手には、始祖の祈祷書をしっかりと抱き締めている。

 マスケットの銃口に丸い弾を入れながら、リップは楽しげに口を開く。
「私達の持つ武器の性能がチートすぎるからよ、こっちだけズルして無敵モードだし」
 ドアの窓から銃口を突き出し、竜騎士に向けて発砲。弾丸は不規則に動きながら、複数の竜騎士と火竜を穴だらけに
した。ガクリと姿勢を傾け、地表へ落下していく。

「有効射程が竜の吐く炎よりずっと上ですから、近づかれる前に撃つだけだから簡単ですよ」
 大した事では無いとでも言いたげな表情をしながら、セラスは窓からハルコンネンを突き出し残った竜騎士に向け引き金を
引く。落雷のような音を響かせ、火竜の頭部を粉砕。竜騎士はフライの呪文を使い、なにか叫びながら地表へ落ちていった。


「やったわ! アルビオン竜騎士隊、全騎を撃墜。トリステイン竜騎士隊の仇を討てたわ!」
 ルイズは立ち上がると、両手でガッツポーズを決めた。それと同時に、始祖の祈祷書が足元にドサリと落ちる。あっと声を
あげ、ルイズは慌ててしゃがみこむ。
 それを見た(どこに目があるのか分からない)デルフリンガーが、ニヤニヤしながら(どこが顔なのかも分からない)
口を開く。(どこに口があるのかは分かる、鞘の部分だ)

「ご主人さまよ、喜ぶのは良いけど国宝の書物はキチンと扱いなよ」
「言われなくても分かってるわよ、ちょっと手元が狂っただけなんだからね!」
 大声で反論しながら始祖の祈祷書を拾い上げようとして・・・ふと、ルイズの手が止まった。
「どうしたよ、ご主人さま。鳩が豆鉄砲くらったような顔して?」
「・・・・・・」
「マスター?」
 不審に思ったセラスが振り向くと同時に、ルイズが顔を上げた。両目が大きく見開き、呆気にとられたかのような表情だ。

「え~と・・・どうかしました?」
「・・・セラス、ちょっと聞いてくれない?」
「なんですか?」
 二人のやり取りを、リップは眼鏡をキラリと光らせながら見つめている。

「私、読み手に選ばれちゃったみたい。いや、何かの冗談かもしれないけど・・・」
「「はぁ?」」 
 セラスとリップが揃って首を傾げる。その時、デルフが話に割り込んだ。
「まさかとは思うけど、それってもしかして・・・虚無のことかい?」
「授業で先生が言ってた、虚無のことですか?」
 セラスは召喚された後で見学した授業を思い出した。確か、四大系統の他に失われた系統魔法があるって言ってたような?



「そうよ! ほら見て、始祖の祈祷書に古代のルーン文字が浮かんでるでしょ?」
 ルイズは始祖の祈祷書の適当なページを開き、二人に見せつける。だが、二人は再び首を傾げる。
「どうしたのよ二人とも、文字が読めないの?」
「いや、そうじゃなくてですね」
「じゃあ何よ!?」
「文字が見えないんですけど・・・」
 セラスの冷静なツッコミが、穏やかに響いた。


「竜騎士隊が全滅しただと!? しかも、たった一騎の竜騎兵だけで?」
 レキシントン号の後甲板で、総司令官のサー・ジョンストンは伝令の報告を聞いて呆然としていた。
ハルケギニアで一、二を争うアルビオンの竜騎士隊が、わずか一騎の敵軍の竜によって壊滅させられたと言うのだ。

「本当に竜騎士隊が全滅したのか!? 生き残りはいないのか?」
 伝令の襟首を掴み上げ、額がくっ付きそうなほどの距離で問いただす。伝令は震えながらも、なんとか報告を続ける。
「竜は全滅しましたが、竜騎士は数人ほど生存が確認されています。現在、タルブ村を占領している兵士達によって保護
されています」
 ジョンストンはホッと息を吐く。 

「分かった、数人ほどは生きているんだな。竜騎士に伝えろ、動ける者は地上の兵と共に占領を維持せよとな。
負傷してる者については、治療を受けるように」
 敬礼をして、伝令は走り去って行った。それと入れ替わるように、ボーウッドが歩み寄る。

「わずか一騎で二十騎を打ち負かすとは、まさに英雄ですな。この戦いが終わったら、是非とも会ってみたいものです」
「同感だな」
 相槌をうった所で、ワルド子爵がいなくなっている事にジョンストンは気づいた。
「艦長、ワルド子爵はどうしたのかね?」
「ワルド子爵ですか?」
 部下達の働き具合を見つめていたボーウッドは、ジョンストンに向き直る。
「子爵なら、我が竜騎士隊が全滅したのを聞いてから飛び立ちました。敵軍の竜に挑んで行ったと思われます」
 ジョンストンの眉が、ピクリと動く。


「大丈夫なのかね、相手は我が竜騎士隊を全滅に追いやった強敵だぞ。子爵は皇帝の側近の一人でもあるし・・・」
 弱音を呟きだしたジョンストンに対し、ボーウッドは自分の唇に人差し指を当てた。
「総司令官殿、周りに部下がいるのですぞ。そのような言葉は、慎んでください」
 ハッとした顔をして、ジョンストンは周囲に目を向ける。どうやら、聞かれてはいないようだ。帽子の傾きを直しながら、
ラ・ロシェールに視線を向ける。

「子爵には、生きて帰って来るのを祈るしか無いな。艦長、左砲戦の準備だ」
「了解しました」
 ボーウッドは大声で指令を出した。
「総員、左砲戦準備! 上方及び下方、右砲戦準備! 弾種、散弾!」


タルブの村を占領したアルビオン軍から距離にして五百メイルほど離れた町、港町ラ・ロシェール。
そこにトリステイン軍は陣を張り、立て篭もっていた。
 その中には、アンリエッタの姿があった。右隣には同伴すると言っていたマリナと側近のシーリン、左隣ではマザリーニが
将軍達と何やら話しあっている。

「あれが、アルビオン軍・・・」
 アンリエッタは軍旗を掲げて前進する兵士達と、上空に浮かぶ艦隊を見て顔色を変えた。背後で控えていたアニエスが
近付いて、耳打ちする。

「殿下、怖いのは分かります。ですが、今は落ち着いて冷静を保って下さい。指揮官が取り乱しては、部下まで取り乱して
しまいます」
 額に浮かぶ汗を袖で拭いながら、アンリエッタは手綱を握る手に力を込める。
「ごめんなさいアニエス、心配をかけてしまって」
 そう言うアンリエッタの呼吸は、明らかに乱れていた。アニエスは少し考えると、アンリエッタの手を取り胸に当てさせる。


「殿下、このような時は深く呼吸をするのが良いと聞いております。大きく息を吸い、そして吐いてください」
 アンリエッタは言われた通り、胸に手を当てたまま深く呼吸をした。淀んだ肺に新鮮な空気が入り、不安に苛まれていた
心が落ち着いていくのを感じる。
「大丈夫ですか?」
 マリナが隣に寄り添い、優しく声をかける。アンリエッタは平気ですと口を開こうとした時、爆音が轟いた。
地面が大きく揺れ、危うく落馬しそうになる。音の聞こえた方角に目を向けようとして、アニエスに両目を塞がれた。

「見てはいけません、殿下は正面だけに意識を向けてください!」
「わ、分かったわ。正面ね」
 アンリエッタを敵軍に注意を向けさせつつ、アニエスは湧き上がる吐き気をなんとか抑えていた。敵艦隊から放たれた
砲弾によって、見方の一部に被害が出たのだ。それも、人や馬が散弾と岩によって砕け散ると言う、恐ろしい死に方で。

「敵は空から強力な支援を受ける三千、我が軍は砲撃の的となった二千」
 マザリーニの号令によって空に空気の壁を作るメイジ達を横目で見ながら、アニエスは小さく呟く。
「勝てるのか・・・こんな、圧倒的な差で?」
 更に砲撃が加えられ、空気の壁が破られる。人や馬が岩といっしょくたになって、宙に舞い上がる。頬に飛び散った血を
拭いもせず、小さく口元を歪めた。

「まあ、武器を持っているだけ・・・ダングルテールの虐殺に比べればよっぽどマシだな」
 マザリーニの号令により、騎馬隊が前進を始めた。腰に下げた剣と背中に背負った新式のマスケットを頼りに、
アニエスは馬を走らせ敵陣に向けて突進して行った。





新着情報

取得中です。