あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

お前の使い魔 6話


わたしは、ヴェストリの広場で頭を抱えていた。
周りの生徒に聞いた、決闘にいたる過程はこうだ。
ギーシュが香水の瓶を落とし、それをダネットが拾い、ギーシュに渡した。
しかし、その香水をギーシュは受け取るのを拒否し、ダネットはギーシュが落としたと言い張った。
それを見た周りの男子が騒ぎ出し、その香水は、ギーシュと付き合っていたモンモランシーがギーシュに送ったのものだとわかった。
そこで済めば良かったのだけれど、このギーシュ、一年生の女子と二股を掛けていて、それをたまたま見ていたその一年生の女子が怒ってギーシュを張り倒す。
んで、今度はそれを見ていたモンモランシーが怒り狂ってギーシュを張り倒し、二股がバレた上に、二人の女子が傷ついたと言ってダネットにいちゃもんを付ける。
当然、ダネットは怒って反論し、あれよあれよという間に決闘に至ったと。

「どう考えてもギーシュが悪いじゃない……」

わたしの呟きに、騒ぎを聞きつけたらしいツェルプストーが、わたしの隣で頷いた後、心配そうに呟く。

「でも、ダネット大丈夫なの?止めなくていいのルイズ?」
「止めたわよ。でも、あんたもダネットの性格、少しは知ってんでしょ?」
「あー……なる程ね。」

わたしも、ついでにメイドのシエスタも必死に止めたのだが、ダネットの返事はこんな感じ。

「悪いのはあのキザ男です。私は悪くありません。」

確かに事情を聞いた今、そうだと思うし、その上でいちゃもんまで付けられたのだから怒るのもわかる。
わかるけれど……。

「相手はメイジだってのに…ああもう!ほんとダメットなんだから!!」

それが聞こえたのか、ダネットはギーシュからわたしに視線を移し、声高らかに宣言した。

「私はダメじゃありません!このキザ男なんてちょちょいのちょいです。乳でかやメードの女と一緒に見てなさい!!」

メイドとは恐らくシエスタの事だろう。
ちなみにシエスタはというと、後ろで目に涙を浮かべながらあうあう言って、右往左往していた。
自分がやらせた仕事の結果、こうなってしまったのだから無理も無い。

「あちゃー…今のでギーシュ、完全にキレたわよ。」

ツェルプストーが言って、頭を抱える。
今やギーシュの顔色は、ツェルプストーの赤髪のように新っ赤になり、頭の上に鍋でも乗せたら熱湯ができあがりそうなぐらい怒っていた。
ギ-シュはドットメイジだ。だからメイジとはいえ、強力な魔法は使えない。
だが『メイジ』なのだ。
亜人とはいえ、戦闘力で魔法の使えないダネットとは天と地の差があるだろう。
ダネットの身体能力は少し知っていたが、下手をすれば、それが中途半端にギーシュに本気を出させ、結果としてダネットは大怪我を負ってしまうかもしれない。
ならわたしはどうするべきか?
少しでもダネットの怪我が軽く、尚且つギーシュの気が晴れたかという所で止めるしかない。
そんな事をしたら、自分も無事ではすまないかもしれないけれど、ダネットの大怪我を見るぐらいならその方がマシだ。


「ツェルプス……いえ、キュルケ。危ないと思ったら止めるわ。その時は手を貸して。」

悔しいが、自分の実力では止められないかもしれない。
だから隣のツェ……キュルケに頼む。
ヴァリエール家の者が、ツェルプストー家の者に頼みごとをしたなんて、お母様に知られたら勘当ものね。なんて考える。
だけれど、今はそんな事言ってる場合じゃない。
プライドを優先させて使い魔を死なせました。なんて事になったら、わたしは一生後悔する。
第一、そんな事でダネットを失いたくない。

「…………わかったわ。タバサ、あんたも手伝ってくれる?」

この前から家の名前でのみ呼ばれていたのに、わざわざ名前を言いなおしたという事は、それだけ真剣なのだろうとキュルケは察してくれたらしく、真顔で頷くと、自分の隣にいつの間にかいた青髪の生徒、タバサに協力を求めた。
タバサは小さく頷き、肯定の意思を示す。
そうこうしてる内に、ギーシュが決闘の宣言をする。

「諸君!!決闘だ!!」

沸き立つ生徒。
そんな生徒の姿を見て、わたしは唇を噛み締める。
こんなのがわたしと同じ貴族?
亜人とはいえ、女を寄ってたかってリンチするのがメイジの姿?
納得できない。納得できるもんか。

「僕はメイジだ。だから魔法で戦う。よもや文句はあるまいね?」

ギーシュが杖を振り、そこから現れた青銅のゴーレムを自分の前に出し、ダネットを小馬鹿にした顔で見ながら言う。
それを見たわたしは、しめたと思った。
ギーシュの魔法は、ゴーレムの同時数対召喚だったはず。
まだ一体ということは、ギーシュは本気を出していない。
恐らくはギーシュも、女相手に本気は出せないという事だろう。
これなら、酷い結果にはならないかもしれない。
そんな事をわたしが考えていると、ダネットはエメラルドグリーンに輝く二つの短剣を片手に一本ずつ持ち、器用にくるりと回した後に不敵に微笑んだ。

「文句なんてありません。」

それを聞いたギーシュは、少しの驚きや怯えも無いダネットを見て、少しだけ怯んだが、薔薇の造花を模した杖を口の高さまで上げ、尚も口上を続けようとする。

「言い忘れたな。僕の二つ名は『青銅』。青銅のギー」
「やあっ!!やあっ!!」

ギーシュの口上を遮り、ダネットの気合いというには可愛い声が広場に響く。
ダネットはゴーレムに斬りかかり、澄んだ音がしたかと思った時には、タンという音を立ててくるくると回転しながら自分が立っていた場所に戻っていた。
斬りかかられたゴーレムを見てみると、胸のあたりがざっくりと十字に斬られ、緩慢な動作で地に崩れ落ちようとしていた。

「ちょっとルイズ…何よあれ……むちゃくちゃ強いじゃないあの子……」

キュルケの驚きが隠せない言葉が聞こえたが、驚いてるのはわたしもだ。
あいつ、あんなに強かったんだ。
わたしの脳裏に、召喚した後に言っていたダネットの言葉が蘇る。
『世界を破壊しようとした三体の巨人を倒した。』
今も信じてはいない。
信じてはいないけれど……でも、もしかしたら……。
呆気に取られたわたし達や、他の生徒が口を開けてぽかんと見ている中、まさかゴーレムをあっさり破壊されると思っていなかったギーシュは半狂乱になり叫んだ。

「わ、ワルキューレエエエっ!!」


杖を振り、薔薇の花弁を落として六体のゴーレムを繰り出し、ダネットと距離を取る。
マズい。本気だあのバカギーシュ。
視線でキュルケに合図し、キュルケも悟ったのか、タバサに目配せする。
そしてわたし達が決闘の場に飛び込もうとした時、ダネットは言った。

「ようやく本気を出しましたか。ならば私も手加減しません!!」

何ですと?まだ何かあるっていうの?
もしかして、亜人特有みたいな変な魔法とか使えたりするんじゃないでしょうね。
ダネットは二本の短剣をくるくると回して握りなおした後、ギーシュに向かって短剣を突きつけ、その名前を口にした。

「迅速の刃をくらうがいいです!秘剣、くる鈴斬!!」

ヴェストリの広場が静寂に包まれる。
しっかり10秒ほど経過した後、どこからともなく笑い声が聞こえだした。

「……ぷっ!!くるりん?」
「駄目よキュルケ!笑っちゃ……プッ!!」
「み、ミス・ヴァリエール?し、真剣なんですから笑ってはいけないかと」
「…あんただって肩が震えてんじゃないのよシエスタ」
「凄いネーミングセンス」
「た、タバサ、勘弁してよ…ぶふっ!!」

最初、何で笑いが起きてるか理解できないという表情だったダネットは、ようやく技の名前が原因だと気付き、真っ赤になりながら反論しだした。

「ば、馬鹿にしないでください!!ええい!!お前達に目にモノ見せてやります!!いきますよキザ男!!」

駆け出したダネットの姿を見て、周りに釣られて笑いそうになっていたギーシュの顔が真剣になる。
わたし達も笑うのをやめ、その動きを見た。
いや、見えなかった。
ゴーレムとギーシュの中に飛び込んだのまでは確認できたのだが、その後に見えたのは、空高くに打ち上げられたギーシュの前にいたゴーレムの姿。
そして、打ち上げられたゴーレムの下に向かって、緑色の塊のように丸まったダネットが飛び込んでいく。
くるくると回りながら、遠心力で何度も何度もゴーレムを斬り裂き、一瞬でゴーレムだったものは青銅のガラクタとなってしまう。
回転は勢いを増し、もはや最初の形さえわからなくなってしまったゴーレムに向けて、「沈めてやります!」と叫んでゴーレムの身体をぶち抜いた。
いや、青銅だぞそれ。金属の中では柔らかいとはいえ、それなりに硬いんだぞ。
わたしが心の中でツッコミ入れた時には、粉々になったゴーレムがバラバラと地に落ち、同時にダネットもスタっと着地していた。
着地したダネットは、ゴーレムを破壊されて放心しているギーシュに向かって短刀を突きつけ言った。

「キザ男に喰らわせて首根っこへし折ってやるつもりでしたが、ちょっとだけしくじりました。なのでもう一回!!」
「あんたはギーシュを殺す気か!!」

こっそりダネットの後ろに回っていたわたしが、ダネットの頭に平手打ちを食らわせ、スパーンと心地よい音が広場にこだまする。
叩かれたダネットは涙目になりながらわたしを見て、真っ赤になりながら怒り出した。

「な、何をするんですかお前!!…ハッ!!もしやお前、このキザ男とグルだったのですか!!」
「違うわよ!!」

スパーンスパーンと立て続けに平手を食らわせる。
教室に入った時のようなやり取りをしていたわたし達を、ギーシュの言葉が遮る。


「ルイズ!!なぜ決闘の邪魔をした!!」
「いや、あんなの食らったら死ぬでしょあんた。」

わたしの反論に、「うっ……」と言って固まるギーシュ。
そして、俯いたまま、小さな声で呟くように言った。

「僕の……負けだ……」

こうして、ギーシュとダネットの決闘は、ギーシュの敗北宣言により幕を下ろした。……ら、良かったんだけれど。

「で?あんたあれを本気でギーシュに食らわせるつもりだったの?」
「当たり前です!首根っこへし折ってやるのです!!」
「短刀を抜くな!!しまいなさい!!ギーシュもいちいちビクビクしない!!」
「どうしてそのキザ男を庇うのですかお前!!やっぱりお前、そのキザ男とグルなんですね!!」
「違うって言ってるでしょうが!!この!!この!!」
「痛っ!!痛っ!!何をするのですかお前!!おのれ…こうなったらお前もくる鈴斬を受けなさい!!」
「上等よ!!あんたなんて爆破してやるわ!!このダメット!!」
「へーんだ!!お前のへなちょこ術なんて怖くありませーん!!」
「言ったわねえええ!!食らいなさい!!」
「きゃあ!!お前っ!!本気でやりましたね今!!」
「本気も本気。大本気よ!!今日という今日は、わたしがご主人様だって身体に染み込ませてやるわ!!」
「上等です!!泣いたって許してやりません!!」
「いくわよダメット!!!!」
「来なさいダメルイなんとか!!!!」

こうして起こりかけた、第二回ヴェストリの広場の決闘は、わたし達の後ろに回っていたキュルケのげんこつと、タバサの杖の一撃で幕を下ろしたのだった。




新着情報

取得中です。