あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの社長-01




「宇宙の果てのどこかにいる,私の僕よ!神聖で美しく、そして強力な使い魔よ!私は心より訴えるわ、我が導きに答えなさい!」




ここ、トリステイン魔法学院では、今日は2年生の使い魔召喚の儀式を行っていた。
2年生達はここで、一生の僕であり、友であり、目で耳である使い魔を次々と召喚していった。
たった一人の例外を除いて。
その例外こそが「ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール」
先ほどの呪文を唱えたトリステイン魔法学院の2年生であり、
そしてこの儀式を行っている中庭を爆発で穴だらけにしている張本人である。
もっとも、彼女自身が起こそうとして爆発を起こしているわけではない。
彼女はなぜか,全ての魔法を発動させようとするたびに失敗し、代わりに爆発を起こしてしまうのである。
故に“ゼロのルイズ”という不名誉なあだ名までついている始末である。
魔法成功率ゼロ、そしてゼロの記録更新はこの使い魔召喚の儀式でも,続いていた。

「ミス・ヴァリエール、そろそろ時間がありません。次で最後としましょう。」

爆発続きで体力も減ってきたのか,肩で息をしているルイズに声をかけたのは、
学院の教師でありこの儀式の監督者でもあるジャン・コルベールだった。
そもそもこれで35回目の失敗であり、コルベールは他の生徒には教室に戻り自習するようにと伝えていた。
この場に残っているのはコルベールのほかに、からかい半分で見ている
ルイズのクラスメイトのキュルケとその親友のタバサのみであった。


もう日も暮れ始め、いつまでも成功する見込みのないルイズにはかわいそうだとは思うが、
いつまでもこれを続けているわけにも行かない。
彼女の努力は知っているが,こればかりは結果を出せなければどうにもならない。
コルベールはそう思い、苦渋の思いでルイズに終了を告げた。

「わかりました、これが…最後です。」

ルイズはそう言うとその最後の1回に全てをかけるかのように目を瞑り、意識を集中させ、もう一度呪文を唱えた。

「宇宙の果てのどこかにいる,私の僕よ!」
(お願い…これが最後のチャンスなの!)

「強靭で!最強で!そして無敵の使い魔よ!」
(私はゼロなんかじゃない!だから,その証のために…)

「私は心より訴えるわ、我が導きに答えなさい!」

そして,やはり起こる先ほどまでと変わらない爆発。
目を伏せ,首を振るコルベール。
からかうつもりが,流石に不憫になったのか同情するような目で見るキュルケ。
しかし、タバサだけはルイズの少し前方、爆発のあった付近へ視点がずれていた。
煙の中に,うっすらと影が見えたのである。

(成功したっ!?しかもキュルケのサラマンダーなんかよりずっと大きい!)

しかし、その煙の中から現れたのは、青年であった。


長身の体躯、マントのように腰まで長いコート、腕には鉄板を貼り付けたような見たことの無い腕輪。
そして何より精悍な顔つき。

(これが…私の使い魔?)

ルイズがそう思うのも無理は無い。今まで召喚されてきた使い魔たちは皆、かえるやらモグラやら,とりあえず動物だったのだ。
いや、むしろ,人間の使い魔なんて見たことも聞いたことも無い。

「ぬぅ…一体何事だ…?貴様らは一体何者だ?」

ルイズが、いや、ルイズを含む4人が思考をめぐらせている時、先に声をかけてきたのは青年のほうだった。

「……ミスタコルベール。召喚のやり直しを求めます。」
「ダメです。」

コルベールはこう続けた。

「ミス・ヴァリエール。召喚の儀式はメイジとして一生を決める神聖な物なのです。
やり直すなど,この儀式に対する冒涜です。
君が好むと好まざると,君が召喚した以上、彼は君の使い魔と決まったのです。
断固として,やり直しは認められません。」

断固として認められなかった。
あきらめたのか、ルイズは青年に近づき

「おい,召喚だなんだと,何を訳のわからないことを…」


「あんた、感謝しなさいよね!貴族にこんな事されるなんて、ありえないことなんだから!」

と、いいつつ、コントラクトサーヴァントの口付けをしようと試みるが…
届かない。
当然である。
ルイズの身長は153サントに対して目の前の青年は少なくとも185サントはある。
背が届かないのである。
コホン、咳払いをして、コルベールがレビテーションの魔法をかけ,強引に契約は完了した。

「ぬっ!貴様何を…ぬあっ!何だこれは?」

青年の左手に契約のルーンが刻まれる。その痛みに青年は顔を苦痛にゆがませる。

「それは契約のルーン、あんたは私の使い魔として契約されたの。」
「使い魔の契約だとっ!?ぐおっ!」

(珍しい形のルーンだな…後で調べておかなくては)
コルベールは青年の手のルーンをすばやく書き写した。

「それで…あんた名前は?」
「ふん、他人に名を聞くときは、先に名乗るものだと習わなかったのか?礼儀を知らない小娘が。」
苦痛に顔をゆがませながらも、皮肉を返す青年。
ふぅ,とため息をつきながらルイズは答えた。

「私はルイズ。ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
このトリステイン魔法学院の生徒であり、あなたのご主人様よ。」

と,ルイズが無い胸を張りながら青年に向かって答えた。

「さて,あんたの名前は?」

相手の皮肉に冷静さをもって返したルイズ。相手もこれでは答えざるを得ない。



「俺の名は…海馬瀬人。海馬コーポレーション社長にして最強のデュエリスト、海馬瀬人だ。」




新着情報

取得中です。