あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

虚無と狂信者-07



ミスロングビル、真の名を土くれのフーケと呼ぶ、は悩んでいた。あの破壊の杖の使い方が分からない。
学院の連中を誘き寄せようかとも思ったが、あんな化け物がいるのでは下手に動けない。というか動きたくない。
そもそもあの吸血鬼共とは酒場で知り合った。明確なギブアンドテイクの元に手を組んだだけだ。
しかし、その強さは明らかに異常ということは分かった。それをあんなにもた易く倒す吸血鬼と神父。
どうもオスマンの話だと奴らは吸血鬼を狩るものらしい。
その話を聞いた時、奴らの話に乗り吸血鬼と成らないでよかったと思ったものだ。
そしてこれからの身の振り方を考える。はっきり言ってこの秘書の仕事の収入は悪くない。
ただ、盗賊の仕事ほどでは無い。
考え事をしていると何かにぶつかった。それにフーケは悶絶する。
赤いコート、帽子、サングラス、そして眼。吸血鬼を狩る吸血鬼。アーカード。
フーケは平静を装ったが内心は気が気で無い。
自分の正体に気づいているのでは?
やつは笑って自分を見ている。そして何事も無いように去って行った。
彼がどこまで知っているのか分からなかったが、裏の道はもうやめようと思った。
あんなのがうろつき始めた世界に居てはもはやいけない。
自分は死ぬ訳にはいかないのだ。
たった一人の家族の為に。



「……何故あんなことを?」
サイトはいきなり問われ焦った。おそらく竜のことを言っているのだろう。
「うーん、まあ可哀そうだったからかな?」
「……それだけ?」
「?それ以外になんかある?」
タバサは続けて問う。
「村人達に頭を下げたのは?」
「そりゃあ、頼みごとがあるからな。それに無駄な諍いは謝っても避けたほうがいいだろ。」
セラスはその会話を聞き、アンデルセンに問う。
「あの、もしかしてサイト君って、………凄くいい人じゃないですか?」
「いや、凄くいいって程じゃ。」
「だって無駄な諍いを避けるって……ねえ?」
「え、何で?普通の人はそうでしょ?」
その言葉にセラスの顔色が悪くなる。アンデルセンも固まる。
「サイトさんって天使?それとももしかして私たちがおかしい?」
「うろたえるな、キリスト教徒はうろたえない。」
明らかにうろたえている二人にサイトが聞く。
「ど、どうしたんですか?」
「い、いやすいません。そういう思考の人が全くいない世界から来たので…。」
「あの、同じ世界ですけど…。」
会話をしながら(ヨーロッパ怖ぇ…)と思うサイトだった。



置いてきぼりをくらったベルナドットはボケっと竜の側に座っている。周りには村人のほとんどが集まっていた。
「居辛えなあ。」
不意にその中から一人の少女が飛び出した。その手には大きな魚が持たれている。村人達の制止も聞かず少女は竜に近寄る。
差し出されたそれを食べると、竜は嬉しそうにお礼を言った。その平和な様子を見て、村人達にざわめきが起こる。
「全くどっちが化け物か分からんわい。」
先程の老婆が現れ、辺りを見回して言う。
「確かにあんなことがあって不安になるのはそうじゃ。だがそれで必要以上に怯えてどうする。
ましてそんなことで暴力を振るっておったらわしらが化け物になってまうわい。」
竜は不思議そうにベルナドットを見る。彼は笑ってその頭を撫でた。

「これでいいでしょう。」
アンデルセンの回復法術は竜の怪我を治した。竜は喜んで彼の顔を舐める。
その穏やかな笑顔にセラスとベルナドットは顔を見合わせる。
(演技ですかね?)(擬態だな。)
彼らは神父が普段は孤児院で働き、子ども達に好かれていたなどということは想像だにしなかった。
「どうもありがとうなのね。」
「これでどこでもいけるな。」
しかし、韻竜は首を振ってサイトに言う。
「お願い、一緒に連れてって欲しいのね。」
その言葉にサイトは戸惑う。犬猫とは訳が違うのだから。しかし、タバサが、
「学院なら大丈夫。それに居たいならこの森にいてもいいと思う。」
と言い、村人達の方を見やる。
「恩人達の頼みなら仕方ねえや。」
「割と可愛いじゃない。」
そしてタバサは、韻竜は貴重ゆえに貴族に知られるとアカデミーが危ないことをするから言いふらさないで欲しいとも告げた。
この頼みも村人達は受け容れてくれた。



「きゅいきゅい、しっかり掴まってるのね。お兄さま、お姉さま、神父さま。」
澄み切った夕焼けの中、四人をのせ、青い竜は飛ぶ。
「ちょっと竜!何で私は入ってないのよ!」
「あなた何もしてないじゃない。それに私にはイルククゥっていう立派な名前があるのね。」
イルククゥはえへんと胸を張る。
「イルククゥって?」
「私たちの言葉でそよ風って意味ですわ。」
「人間たちの間では、それでは目立つ。」
タバサはしばし黙考し、口を開く。
「シルフィード。風の妖精。あなたの名前はそれ。」
「シルフィード!きゅいきゅい!」
「よろしくな!シルフィード!」
サイトの言葉に嬉しそうに鳴くシルフィード、歌うように今つけられた名前を復唱する。
「わかった?おチビ?今度から竜じゃなくてシルフィードって呼ぶのね。」
「誰がどチビのへちゃむくれだってーーー!」
「そ、そこまでは言ってないのね。」
笑いながらサイトはふとわいた疑問を口にする。
「なあ、何であんな所で怪我してたんだ?」
サイトの問にシルフィードは悲しげに話し始めた。



風韻竜はもともと人のほとんど入れない危険な森の奥地に居た。今ではシルフィードとその両親しかのこっていないが。
しかしある日、黒髪で長髪の女がやってきた。その女は、長い銃を使ってシルフィードと両親を瞬く間に撃ち落とした。
そしてシルフィードは命からがら逃げ出したのだ。

「凄かったのね、あの銃。風の障壁でも止まらないし、おまけに弾がギュインギュイン動いたのね。」
「そんな銃あるの?本当に。」
アンデルセンには心当たりがある。あの吸血鬼の、あの狂った大隊の中尉、魔弾の射手。
そして、頻発する吸血鬼絡みの事件。
(まっすぐ帰るという訳にはいくまい。)
「だから…シルフィード独りぼっちなのね。」
「大丈夫だって。」
サイトは沈むシルフィードを撫でてあげる。
「俺にタバサに神父、他にも学院に行けば仲間がいるから、な?」
振り向きながらサイトはタバサに同意を求める。タバサは少し下を見て、頷いた。
シルフィードがまた、嬉しそうに鳴いた。




「黙ってて御免。」
図書室にてタバサがアンデルセンに話す。
「構いません。」
正直言ってむず痒い。このような年端もいかない少女に気を遣わせるとは。
それより、アンデルセンは懸念する。
「私の回復法術では母上の病を治す可能性はほとんどありませんよ。」
病気も気休め程度のものである。しかしタバサは首を振る。
「構わない。」
アンデルセンは分かっていた。彼女が欲しいのは希望だと。
母親が治る。ほんのわずかな可能性。それだけが彼女を繋いでいる。
だから魔法以外の回復を行う自分はその希望なのだ。
「ねえ。」
タバサが聞く。
「あなたやサイトの世界なら、かあさまの心を治せる?」
普通に考えたら、難しい。だが地球の科学ならあるいはエルフの魔法を解決できるかもしれない。
無論金は馬鹿のようにかかるが。
「そう。」
無表情で彼女は去って行った。
その後、気付くとアンデルセンはただ祈っていた。
(異教徒のために祈るか……)
彼は自身の変化に驚いたが、別段悪い気はしなかった。



サイトはアンデルセンに頼みこみ、稽古をつけてもらうことにした。
用いるのは銃剣二本、対するアンデルセンは銃剣一本。
しかしサイトの攻撃は全くといっていいほど当たらない。
「何故だかわかるか?」
考え込むも、いっぱいありすぎて分からない。アンデルセンの答えはシンプルだった。
「お前に力がないからだ。」
「それは分かってます。」
「速度を出すにも技を使うにも銃剣一本まともに持てないお前では無理だ。
だからまずは力だ。力が無ければ拳銃一つまともに使えん。」
アンデルセンは続ける。
「そして力をつけるより前に、戦わなければならない状況が来たなら。」
「なら?」
「前進あるのみだな。」
その言葉の意味はよく分からなかった。

「はあ、全く人使いが荒いですね。」
トリステインの城下町、黒髪の女性は裏町の一室で寛いていた。眼下にはこの部屋の住人だったものがみえる。
「泥棒の次は竜退治、そんで次は待機ですか…。あ、それグールにならない様処理して下さい。地下水さん。」
言われた男は手に持ったナイフを振り呪文を唱える。死体は燃えだし、しばらくすると今度は水で消火された。
「ったく、お前も大概だぜ…。」
地下水の今度の体は水のトライアングルメイジの吸血鬼だ。
吸血鬼になった代わりにナイフに操られる哀れな者。
ふと、部屋の外から何者かが入って来る。二人だ。
一人は黒いローブを身に纏った女。表情は窺い知れない。
もう一人は分厚いコートに身を包んだ長身の男。襟を立てているので口元は読めない。
ただ、その眼光は驚くほど鋭く、深い。
リップバーンは目を細め挨拶する。
「お久しぶりです。大尉。」



そして一月後

どこだろうここは?
四角い城の群れの中で何かと対峙している。見たことも無い景色だ。そこにおぞましい量の兵士達がいる。
そしてそれらの奥にいる男、知っている。キュルケの使い魔だ。あの化け物が笑っている。
「どうする?どうするんだ?化け物はここにいるぞ。キリスト教徒、倒すんだろ?勝機はいくらだ?
千に一つか万に一つか
億か兆かそれとも京か。」
私は答える。
「それがたとえ那由他の彼方でも
俺には十分に過ぎる。」
その声は私のものではない。
だがそれは私のよく知った声だった。

「ちょっとルイズ何ぼけっとしてんのよ。」
キュルケの言葉にまどろみから覚める。女王陛下の行幸の為学院の生徒達は押し並んで女王を出迎えている。しかしルイズは呆けていた。
今朝見た夢は何だろう。おそらく私の使い魔の記憶ではないか。
そういえばアンデルセンとアーカードの因縁はよくわかってない。
そう思い隣にいる使い魔を見るが、彼はいつもの調子の笑顔で行列を見ていた。
ふとルイズはグリフォンに跨った貴族を発見し、顔を赤らめる。
「知り合い?」
後ろからタバサに話しかけられ、軽くビビるルイズ。
「あ、あんたには関係ないわよ。」
次に思い浮かんだのは、自分の使い魔を尊敬するあの少年だった。



「まずは体を鍛えろ。」
そうアンデルセンに言われたサイトはとりあえず中庭でトレーニングを始めた。銃剣を使って素振りしたり走り込んだりだ。
一月ほどのトレーニングの甲斐あって、それなりの運動能力は身につけた。平ぺったかった体に少なからず筋肉がついてきた。
そして今日も中庭で銃剣を振るい、汗を流すサイト。一息つけて持ってきたコップに卵と牛乳を入れ、かき混ぜ、飲み干す。
「うんめえー」
その後、ストレッチをする彼の眼に人影が映った。その人はこそこそと辺りを見回しながら女子寮にはいろうとする。
気になったサイトはトレーニングの為の上半身裸姿のまま、十三課のコートを手にその人に近づく。
「どうしたんですか?」
振り向き様にその人は呪文を唱える。杖の先から突如出現した濁流は、
彼に悲鳴を上げさせることもなく押し流した。
「ご、ごめんなさい。」
その可憐な声はもはやサイトの耳に届いていなかった。






新着情報

取得中です。