あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ナイトメイジ-11


時は少しさかのぼりルイズ達がアンリエッタを城外へ連れ出した日の夕刻のこと。
グリフォン隊隊長ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルドは詰め所の机に組んだ両手をつき、思考を巡らせていた。
「ふむ」
今晩の城の警備はグリフォン隊である。
その当番となっている隊員達に隊長たるワルドとは別系統で命令を下した者がいるのだ。
いや、命令というには少しおかしいかもしれない。
隊員達は口を濁していたが、どうやらアンリエッタ王女に命令……というかお願いをされたようなのだ。
そのお願いの内容はまちまちではあるが、総合してみると夜のある時間帯に警備の穴を作っておくということになる。
「さて」
なぜ王女が警備に穴を開けるのか。
おそらくは何者かを引き入れるためだろう。
では、だれを城内に引き入れるのか。
ワルドの持つ情報では該当する人物は出てこない。
なぜ引き入れるのか。
これもわからない。
王女を逐一監視しているわけではないが、そのようなことをする理由は欠片も見あたらない。
だが、これが元でトリステインがひっくり返るような事態をとなる可能性は十分にある。
「そうだな」
ワルドは立ち上がり、傍らの杖を腰に挟む。
今夜は正規の勤務以外にも動かなければならないようだ。


そして時間は元に戻る。
苦笑いのアンリエッタとついでのギーシュ、それにあきれ気味で手をうちわにして耳のあたりを扇いでいるベル。
とにもかくにもアンリエッタ一行は夜のトリステインの通りで足止めを食っていた
むぅきーーーー、とばかりに頭をかきむしるルイズが落ち着くまで待つしかない。
下手に触れたらいろんな意味で爆発しそうだし。
そりゃもういろいろと。
だが、その危険きわまりない生体爆発物に触れる強者が現れた。
「やれやれ。せっかく城からうまく抜け出したのに、それじゃ台無しになるじゃないか。ルイズ」
「何ですって……あ!」
ルイズは口を開けたままになってしまう。
そこにはルイズが今のような姿を見せたくない人がいる。
「ワルド様……」
だからルイズの声は懐かしさと恥ずかしさ、それに憧れで震えてしまった。
「久しぶりだな!ルイズ」
「お、お久しぶりです」
もう、どうしようもなく恥ずかしい。
ルイズは赤く染まった顔をうつむけたままになる。
こんな姿を見せてしまってどうしたらいいか思いつくはずもない。
「君との再会を楽しみたいが、少し待ってくれないかな?」
「は、はい」
ワルド様にはしたない女と思われないかしら。
この恥ずかしさはいつになったらなくなるのだろう。
永遠に続きそうな気がする。
ルイズはただ、ひたすらそんなことはないと思いたかった。


メイド服の少女、すなわちアンリエッタの前に立ったワルドは彼女を頭の上から足先まで一通り見たあと膝をつき、頭を垂れた。
「魔法衛士隊グリフォン隊隊長、ワルド子爵と申します。アンリエッタ王女殿下」
「存じています」
魔法衛士隊の中でも彼はひときわ目立つ人物だ。
覚えていないはずがない。
「では姫、深夜の冒険もここまでにいたしましょう。城ばかりでなく街も衛士達により守られているとはいえ何があるかわかりません。どうか城へお戻りください」
「いいえ、できません」
アンリエッタは昨夜の決心をそのままにきっぱりと答えた。
「ワルド、私は自らの責任のために、そしてトリステインのために私自身が行かなければなりません。ですから行かせてください」
「ですが……先ほども申し上げたように姫に何かあればどうするのです。それこそトリステインはどうなるのです」
「何もありません。私は責任を果たした後、必ず帰ってきます」
アンリエッタの声に宿る力は衰えない。
ワルドの視線を受け止め、一歩も譲らず揺るがない。
「しかたありません。では、姫。この一行に私も加えていただけないでしょうか」
「あなたを?」
「はい。実は姫、今宵の警備はグリフォン隊が担当しているのです。このまま姫に旅立たれては、我がグリフォン隊が責任をとらされてしまいます。隊は解散となるやもしれません。そうなれば、隊員達の処遇はどうなるか。しかし、これが姫直々の命令であり、隊長である私も同行するとなれば言い訳も立ちます」
「そ、それは」
「それに、姫の一行には我が愛しき婚約者、ルイズが加わっております。できますれば、婚約者を守る名誉を得る機会をこの私にお与えください」
──婚約者?
アンリエッタがそのことを知ったのは今が初めて。
ギーシュはさっきのルイズみたいにうろたえているし、ベルは口元に笑みを浮かべている。
ルイズは両手で赤くなりっぱなしの顔を押さえているけど。
そしてアンリエッタは──
アンリエッタはそれに自らとウェールズを重ねる。
拒否はしたくない。
でも、どうすればいいかわからない。
だからアンリエッタは傍らのベルを見た。
──ここまで導いてくれたベルなら何か教えてくれるかもしれない。
ベルはわずかにうなずく。
それでアンリエッタの心は決まった。
「わかりました。ワルド子爵、同行を許可します。私を、そしてルイズを守ってください」
「では、姫」
立ち上がるワルドは、建物の陰に手を向けた。
「馬車をご用意いたしいました。どうぞこちらへ」


正直、一行はほっとしていた。
目的地のアルビオンに行くには港のあるラ・ロシェールに行かねばならない。
しかし、そこまでどうやっていくか……実は何となく歩いていこうということになっていたのだ。
といってもラ・ロシェールは王都の近くにある港町ではない。
けっこう遠いのだ。
そこまでの道は舗装されていて歩きやすいのだが、旅慣れていないアンリエッタに貴族の二人が耐えられるかどうか。
冷静に考えるとワルドが来てくれてどれだけ助かったかよくわかる。
それに事情を知ったあとにはできる限りの準備を整えてくれた。
これもアンリエッタ達にはまねのできないことだ。
だが、ルイズはいらついていた
──あそこに座るのは婚約者の私のはずでしょ。
御者台で手綱を握るワルドの横に座っているのが事もあろうにベルなのだ。
外の様子をよく見るため、要は見張りということなのだがルイズはワルドを取られているようで気に入らない。
それが何かとても仲が良さそうで……。
ならば、というわけでルイズは二人の間に割り込んだ。
「ルイズ、どうしたんだい?」
「私、中よりこっちのほうが好きなんです」
「そういえば、ルイズは馬が好きだったね。中より椅子は堅いが、それでいいならこっちにいるといいよ」
「は、はい!」
声が震えていて様にならなかった。


ルイズは「どうよ」とベルを見てやるが、ベルはルイズが思った通りの困った顔なんて全然していない。
口の両端をこれでもかと言うほど広げて笑っている。
──やられた!これじゃ、自分が子爵様をどう思っているか宣伝しているようなものじゃない!!
「なるほどねえ」
何かに納得しているベルに何か言ってやりたがったが、何を言ってもワルドへの思いをあらわにしてしまう。
──またはしたない女と思われるかもしれない。
結局ルイズはのどまで出かかったベルにたたきつける文句を飲み込んで、耐えに耐える。
「ところで、ルイズ。彼女は何者なんだい?学院の生徒じゃないようなんだが」
その声にルイズは体中にため込んだものが抜けていく思いがした。
今にも爆発する寸前だったのだ。いろいろと物理的にも。
これで無理なく話題を変えることができる。
「あ、はい。これは私の使い魔のベール・ゼファーです」
「これ、ということはないでしょ。これは」
「あんたなんかこれで十分よ」
ルイズはそういうが、ワルドはベルを興味深げに見る。
「意外だな。まさか人間を使い魔とするとは思わなかったよ」
「初めまして。我が主の婚約者様。ベルとお呼びください」
「あんた、やけにかしこまっててるわね」
「第一印象は大切よ」
とたん、ワルドは笑いがきこえる。
ルイズの顔にはまた血が上ってくる。ここにいるのはいたたまれないが、離れるのも嫌だ。
「何かおかしな事をしたました、私?」
「いやいや、そういうわけじゃないよ。仲がいいと思ってね。ルイズはいい使い魔を召喚したようだ」
「そ、そんなことありません!こんな、こんな、変な使い魔」
「だが、君の使い魔は役に立っているんだろう。聞いたよ、土くれのフーケを追い払って学院の秘宝を取り返したそうだね。彼女にも手伝ってもらっただろ?」
「そ、それは……」
ルイズはあからさまに沈んでしまう。何か全部ベルの手柄と言われているような気がしたのだ。
「使い魔を見ればメイジがどれほどの力を持つかわかるように、使い魔の働きもメイジの実力を現すものさ。なら、土くれのフーケを撃退するほどの使い魔をもった君の力も推して知るべし、さ」
そういわれると悪い気はしないが、その評価の元がベルとなるといまいち釈然としない。
実に複雑な気分だ。
「それにルイズ、こうやって君と再会して確信したよ」
「え?」
ワルドはルイズの耳元に口を近づけ、そっとささやく。
だれにも……馬車の中にいる二人に聞こえないように。
「君には特別な力がある。そう、他人にはない特別な力が。僕にはわかるのさ」
「え?そんな、まさか」
ルイズにはそんな心当たりは一つもない。
いや、一つあったような気がする。
確か、あれは……
「それってもしかしてこのルーン?」
ベルの声が過去を探ろうとした思索の手を止めた。
それっきりルイズは思い出すのを忘れてしまった。
「知っているのかね?」
「ええ。伝説の使い魔、ガンダールヴ。それと同じルーンなんでしょ?」
「ほう」
「でも、大きな声で言うことじゃないわね」
「なぜかね」
「だって、ルイズは伝説って言うほどの魔法を一回も成功させた事がないでしょ。それに、こういう秘密はかくしておいた方がおもしろいわ」
「まさに、そうだ」
ルイズごしに視線を合わす二人は互いにうなずきあう。
「君とは気が合いそうだ」
「そうね」
どこか自分の知らないところで二人が通じ合っているような気がしてルイズはとにかく慌てた。
「ちょ、ちょっと二人とも!!ワルド様まさか!」
──ベルのことが!?
「いや、ルイズ。怒らないでくれ。そうだな、今言ってしまおう。実はね、これが終わったら正式に君に結婚を申し込もうと思ってたんだ」
「ええっ!」
「そうなったら、君の使い魔と折り合いが悪かったら困るだろ?」
「え?えあ、あ、ああああ?」
もはやルイズの舌はまともに回らない。
悪い気はしない。
しないのだが、いつの間にそこまで話が進んでしまったのかわからない。
わからないから、舌は絡まり続けていた。


その頃の馬車の中
本来王族が使うものとしてはいささか不足ではあるが、この馬車もそれなりに高級な代物である。
中で話す声は外に漏れないし、外の声も中にはなかなか響かない。
ただし、大声は別である。
特にルイズが最後に騒ぐ声は鮮明に聞こえた。
「まあ、ききましたか?ギーシュさん。ルイズが結婚をするそうですよ」
「ええ、そうみたいですね」
椅子に座る王女は窓から見える風景に目を移し、少しだけ目を伏せた。
大切な何かを思い出すように。
「姫、どうなされたのですか?」
「いえ……ルイズが少し羨ましいと思いまして」
ギーシュはこれでも女心にはたまに敏感になる。
目の前の姫が何を思うのか、おぼろげながらわかりかける。
「あ、いえ。何でもありません。今のは忘れてください」
ギーシュはこれでも忠義に篤い貴族である。
言われたとおりにすっぱり忘れてしまった。


新着情報

取得中です。