あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ウルトラ5番目の使い魔-05



 第五話
 大ピンチ!! ルイズを救え

 大蛍超獣ホタルンガ 登場!


「ルイズ!! くっそぉ!!」
 超獣ホタルンガの発光体の中に取り込まれてしまったルイズを見て、才人は背中のデルフリンガーを抜くと走り出した。
 剣を抜いたとたん、彼の左手のルーンが輝きだし体が信じられないほど軽くなっていく。
「ダーリン!? 無茶よ!!」
「……もう止められない、飛んで」
 シルフィードがキュルケとタバサを乗せて飛び立った。
 フーケのゴーレムに翼に傷を負わされているはずだが、それでもさすがに風竜の飛翔能力は高かった。
 ホタルンガの正面では、オスマンとコルベールが幾つかの詠唱時間の短い呪文でうまいぐあいに右に左にと注意を引いている。
 もしどちらか一人に注意が集中したら、あっというまにあの溶解霧で溶かされてしまうだろう。キュルケとタバサは普段頼りなく見える二人の教師の巧みな戦い方に、その評価を改めていた。
 しかし、一歩一歩と歩み寄ってくるホタルンガに、その戦い方も限界に来ようとしていた。
「やはり、通常魔法程度では何発当たっても効き目がないですか。このままでは」
「仕方あるまい、お互い本気を出さねばならぬ様だな。幸い相手は超獣じゃ、遠慮する必要もないじゃろ」
 ふたりは決意を確かめるように顔を見合わせると、呪文の詠唱に入った。だが、これまでのものと違って詠唱時間が長く、一見して上級スペルだと分かる。
 ホタルンガは至近まで近づいたためか、溶解霧を使わずに二人を踏み潰そうと迫ってくる。だが。
「待ってください!! あの超獣の中にミス・ヴァリエールが閉じ込められていますの!!」
 ふたりの教師が何かとんでもない魔法を使おうとしていることを悟ったキュルケが大声で叫んだ。
「何ですと!?」

 とっさに攻撃を解除したオスマンとコルベールは詠唱をフライに変えて飛びのいた。今いた場所が巨大な足で踏み潰されて大きくへこむ。
 ふたりはホタルンガの反対側へと跳んだが、昆虫の複眼からはそう簡単には逃れられず、ホタルンガは再び二人に襲い掛かっていった。

 だが、そのときようやくホタルンガに追いついた才人は、ルイズの閉じ込められているホタルンガの発光体へと斬りかかっていた。
「でやぁぁっ!!」
 渾身の力を込めて、斬る、斬る。
 しかし、かつて青銅のゴーレムを切り裂いたことのある才人の剣を持ってしても、半透明のプラスチックのような発光体は、わずかな切り傷がつくだけでまったく刃が通らない。
 それでもあきらめずに斬りつけるが、そのとき振り下ろされてきた尻尾によって才人は10メートルは吹き飛ばされてしまった。
「うわぁっ!!」
 体が落下の瞬間受身をとって衝撃を最小限にしたが、緩和しきれなかった分の衝撃が彼の体を貫いた。
「いててて……」
 叩きつけられた背中がひどく痛む、とっさにデルフリンガーで受け止めたのと、下が草地でなかったら立ち上がることさえできなかっただろう。
 だが、ホタルンガはまだオスマンとコルベールに向かっていて、彼に背中を見せている。
「ちっ、奴にとっては俺の斬撃なんか蚊が刺したほどにも感じねえってのか」
 才人は毒づいたが、剣なんかで斬れる相手ならそもそも苦労なんかしないことは分かっている。ただし、それはあきらめる理由にはならない。
「今度こそぉ!!」
 立ち上がった才人は再びホタルンガへと斬りかかっていった。
 両手に構えて全力で発光体へと振り下ろす。しかし、発光体はゼリーのように柔らかそうな外見とは裏腹に、前よりわずか1センチ程深くしか刃をめり込ませてはくれなかった。
「うわあっ!!」
 再び才人は尻尾を横から受けて吹き飛ばされた。
「大丈夫か!? 相棒」
「な、なんのそのこれしき」
 デルフには強がって見せたものの、あちこちすりむいて血がにじんでいるだろう。
 まだ骨には来ていないが、打撲で体の節々が痛い。
「まだやるのか?」
「ご主人様のピンチに助けるのが使い魔の仕事だろ。それに、ルイズには後で言ってやりたいことが山ほどある。蹴られようと鞭で打たれようと、どうしてもこれだけは言ってやりたい言葉がね」
「真面目だね」
「冗談、俺はその言葉とは対極の人間だよ。まあ、強いて言うとすれば……」
「なんだ、興味あるね。言ってみな」
 からかうようなデルフの言葉に、才人はやや自嘲的に答えた。
「小さいころから憧れてきたヒーローたちを裏切るようなことだけはしたくねえ!! 俺だって、ウルトラマンだ!!」



 そのころ、ホタルンガに取り込まれたルイズはようやく意識を取り戻していた。
「う、ううん。こ、ここは? ……はっ、そうだ、わたしは超獣に」
 何があったかを思い出したルイズはあたりを見渡した。
 真夜中だったというのに周りはやたら明るい、どうやら小部屋のようなところに閉じ込められているようだ、そして地震の最中であるかのように激しく揺れる。
 だが、窓のように外が見える先に、見覚えがある尻尾が揺れ動いているのを見て、彼女は自分が最悪の状況に置かれていることを悟った。
 とっさに脱出の方法を考える。だが自分は武器になるようなものは持っていないし道具の持ち合わせも無い。
 ある物といえば杖だけだが、自分にできるのは爆発を起こすだけ、しかもこの狭さでは巻き添えを喰ってしまう。
「……っ、くっ……」
 冷静に考えれば考えるほど、自分のふがいなさばかりが思い出されて、悔しくてたまらなくなってくる。
 サイトは自分を散々止めたのに、自分はといえば大きなことを言って飛び出してきたというのにあえなく捕らえられてしまった。
 生意気な使い魔の言ったとおり、自分の行為は蛮勇でしか無かったのか? それを認めたくなくて自然に涙があふれてきた。
 だが、ルイズの口から嗚咽が漏れる前に、すぐそばから小さくうめくような声が聞こえてきた。
「うっ……くっ、こ、ここは」
「!? あなたは、ミス・ロングビル……いえ、フーケ!!」
 なんとすぐ足元に、あの土くれのフーケが倒れていた。
 ルイズは気づいていなかったが、彼女が吸い込まれた際に、偶然近くに倒れていたフーケもまたホタルンガに飲まれていたのだ。
 意識を取り戻したロングビル、フーケにルイズは必死で恐怖を押し殺しながら杖をかまえた。
「あなたは、ミス・ヴァリエール?」
「ち、近寄らないで!! このヤプールの手先め!!」
「……!? ヤプールの、手先!?」
 ルイズの言葉を聞いて、フーケは愕然とした。
 そして同時に、ぼやけていた記憶が蘇ってくる。あの夜、私はヤプールと名乗る黒衣の男に捕まった。それからいったい私はどうしていたのだ?

「あんた、まさか何も覚えていないの?」
 フーケは黙ってうなづいた。そしてルイズの口から、あの夜から今まで自分が何をしてきたのかを聞かされて慄然となった。
「大量、殺人鬼……?」
「そうよ、貴族も平民もお構いなしに、女子供、それこそ赤ん坊にいたるまでね!!」
「……そんな……っ」
 あの夜、ヤプールはフーケに言った。「復讐したいか」と。
 答えはイエスだ、貴族など、存在を見るだけで吐き気がする。苦しみ、悔しがる姿を見て大いに愉快になったこともある。
 だが、その怨念と執念をヤプールに利用されて、いいように操られてしまった。
 確かに復讐は望んでいた、だがこんな血塗られた方法を望みはしなかったはずだ。獣のようにむさぼり歩く道など望みはしなかったはずだ。
「く、ああぁぁっ!! ヤプールぅぅっ!!」
 ぶつけようのない、怒りと屈辱、決してここまでは踏み越えないと決めていた一線を破らされた罪悪感が彼女のなかをかけめぐった。
「……」
 ルイズも言葉を失った。
 フーケの事情は分からない。しかし、どのみちここにいれば遅かれ早かれ生きてはいられないだろう。
 結局何の名誉も誇りも得ることも守ることもできなかった。
 あの使い魔は、自分が死んだら自由になってどこかにいくのだろうか、そう考えると、なぜか不思議とまた涙があふれてきた。
 だが、かすんでいく視界のなかに、その使い魔が自分の捕らえられている場所を目掛けて、剣を振りかざして突っ込んでくるのが映ると、ルイズは涙を振り払って立ち上がった。
「サイト!? 来ちゃだめぇ!!」
 声など届くわけがない。しかし彼女は叫ばずにはいられなかった。なぜなら彼はたった剣一本で超獣に挑みかかろうとしているのだ。
 不規則に振り下ろされる尻尾と踏み鳴らされる足、どちらも直撃したら人間などひとたまりも無い。
 けれども、彼は超人的な身のこなしでそれを回避すると、ルイズの閉じ込められている発光体へと剣を振り下ろした。
「あんた、わたしを助けるために……? あっ、危ない!!」
 振り下ろした剣ごと押し返されて才人は再び飛ばされた。だが、それでも彼は立ち上がって向かってくる。
 しかし、疲労とダメージは蓄積していっているのは確実で、今度は近寄る前に尻尾で跳ね飛ばされてしまった。
「も、もういいわよ!! これはわたしの責任だからもうやめなさい!! あんたもうボロボロじゃない!!」
 叫べど届かないのは分かっている。しかし、泥と血にまみれてなお立ち上がってくる姿を見たら叫ばずにはいられなかった。
 またサイトが跳ね飛ばされる。そして起き上がって向かってくる。
「もういい……もういいから……」
 いつの間にか、ルイズの両目からは大粒の涙があふれていた。



「く、くそぉ、なんて頑丈さだ」
 もう何度目かの突撃と撃退の後、才人はデルフリンガーを杖に、肩で息をしながらつぶやいた。
「ガンダールヴの力を持ってしても斬れないとは、ありゃほんと化け物だねえ」
「ん、ガンダールヴ? なんだそりゃ。いや、それよりも、もう一回いくぞ」
「待て、今度しくじったら本当に死ぬぞ、あいつを切り裂くのは俺でも無理だ」
「だったら、どうしろって言うんだよ!?」
「ちったあ考えろ、押してもだめなら引いてみろってね。剣は斬るためだけにあるわけじゃねえだろ」
 デルフの言葉に、才人は考え込むと、はっとして柄を握りなおした。
 たったひとつ、方法がある。しかししくじればルイズも巻き込んでしまう危険性もある。
「自分の力を信じろ。そうすりゃ、不可能と思うことも可能になることもある」
「この無責任野郎、万一ルイズに傷でもつけたらへし折ってやるからな。覚悟しろ、行くぞ!!」
 デルフリンガーを水平にかざし、才人は最後の突撃に打って出た。
 ホタルンガはまだオスマンとコルベールに気が向いている。しかし暴れまわるホタルンガの尻尾の動きはさらに激しくなっている。
「うぉぉっ!!」
 だが、彼はそれを自分でも信じられない動きで回避すると、発光体に全力を込めてデルフリンガーを突き立てた。
「刺さった!!」
 才人渾身の刺突は、見事発光体を打ち抜き、内部に5センチほど切っ先を覗かせていた。
 しかし、彼のふんばりもそこまでで、体を大きく振ったホタルンガの遠心力には耐えられず、才人はデルフごと再び振り飛ばされてしまった。


「サイト!! バカバカ、あんた本当に死んじゃうじゃない。やめなさいって言うのに」
 ルイズの叫びも届かず、サイトはギーシュとの決闘のときより無残な顔になりながら立ち上がってくる。
「やめろって……いうのに……くっ」
 ルイズはとっさに杖を壁に突き当てた。
 ここで自分がなにを唱えても、結果は爆発しか起こらないことは分かりきっている。しかしそれでもじっとしていることだけはできなかった。
「ファイヤー……」
「待ちなさい」
 呪文を唱えようとしたルイズの肩をフーケがつかんで止めていた。
「無駄よ、この壁には通用しないわ」
「だから何よ!! わたしの使い魔が死にそうになってまで戦ってるのよ!! 主人のわたしが、わたしが黙っているわけにはいかないじゃない!!」
 精一杯虚勢を張っているが、ルイズの顔は涙で崩れて言葉とは釣り合わない。
「あの使い魔は、あなたにとってなんなの?」
「えっ……な、なんでもないわよ!! つ、使い魔は使い魔じゃない!!」
 突然のフーケの言葉に、ルイズは今度は顔を真っ赤にして目を白黒させる。
「そう、そういうこと……」
「って、あんたはどうなのよ!! あんたみたいな盗賊には、どうせ守りたいものなんか何も無いんでしょう!! 誇りも、人も」
「……誇りはすでに捨てたけど、人はまだあるわよ」
「えっ」
 ルイズの答えを待たずに、フーケはルイズの杖に自分の手をそろえた。
「な、なによ?」
「頑強な壁も、わずかなほころびから崩れるものよ」
 フーケはルイズの手をとって、さっき才人がつけた壁面の傷を杖で指した。
「その傷に私が錬金をかけて土にするわ、おそらく一瞬しか効かないだろうから、その瞬間にあなたの錬金を打ち込みなさい」
「……なぜわたしを手助けするの?」
「さあ、なんででしょうね。それより、早くしないとあなたの使い魔君死んじゃうわよ」
「!?」
 才人は足を引きずるようにして向かってくる。このままでは確実につぶされてしまうだろう。
「いくわよ。3、2、1、『錬金!!』」
「『錬金!!』」
 物質変換と破壊の魔力が相乗し、分子と原子を揺り動かして、その結合を引き裂く。
 その瞬間、ホタルンガの尾部から巨大な爆煙が吹き上げた。
(私としたことが、貴族に手を貸すなんて、所詮盗人にはこんな最後がお似合いなのかもね……ごめん、もう帰れないけど、許してくれるよね……)
 爆発の逆流に飲み込まれ、フーケは自分を笑いながら意識を失った。
 だが、才人、ルイズ、フーケの決死の攻撃は、ついにホタルンガの発光体を貫いて風穴を開けさせることに成功した。
「ルイズー!!」
「サイトー!!」
 開いた穴は直径20サントにも満たない小さなもので、小柄なルイズでさえ通り抜けられないものであったが、ふたりの心をつなげるには充分だった。
 伸ばした手と手が結ばれて、ふたりのリングが光を放つ。
 合体変身!!
 闇夜を切り裂く正義の光、ウルトラマンA参上!!

「テェーイ!!」
 巨大化したエースが背中からホタルンガを跳ね飛ばした。
 ホタルンガは頭から地面に叩きつけられて這いずりもがく。

「ウルトラマンA!!」
「やっぱり、来てくれたのか」
 体力が限界にきかけていたコルベールやオスマンがエースの登場に快哉をあげた。
 同時にタバサとキュルケも、再び見るエースの勇姿に喜びと期待のまなざしを向ける。

 エースは離れた場所にフーケを下ろすと、ホタルンガに向かって構えをとった。
「デヤッ!!」
 戦闘態勢をとるエース、対してホタルンガも怒りの咆哮をあげてエースを威嚇する。戦いのときは来た。

 今、双月の夜を舞台に、ウルトラマンAとヤプールの第2ラウンドが始まろうとしている。

 続く


新着情報

取得中です。