あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

つかいま1/2 第十一話 シエスタの危機

「何処に目が光っているか分かりません。パーティーが終了してしばらくしたら、ご相談があります。
 ルイズ、ワルドとともに、学院長室に集合してください」

アンリエッタ姫殿下は、珍しく真剣な表情で、らんまにそう告げた。
やがて『フリッグの舞踏会』は終了し、ルイズたちは自室に引き上げ、地味な服に着替える。
良牙はワルドの攻撃でダメージを負っていたため、ブタのまま秘薬を塗ったあと、タオルで巻いて寝かせた。
こいつの異常な生命力なら、数日すれば治るだろう。いずれ一緒に地球に帰らなくては。

そして深夜。三人は密かに、学院長室の前に集合する。
「俺とルイズと、ワルドか。何の相談だろうな」
「さあ、あの方はいつもこんな調子よ。おちゃらけているかと思えばぱっとシリアスになって、
 枢機卿も顔負けの政治的判断をやってのけたりするそうだもの。
 王族はそんなもんじゃなきゃ、やってられないのかもね。ガリアの無能王もそうなのかも」
「頼もしいじゃないか。我々がお守りする甲斐のある方ってことさ」

中からオールド・オスマンが『魔法探知』の呪文をかけ、本人確認をしてから入室を許可する。
アンリエッタとマザリーニ枢機卿が三人を出迎えた。まずマザリーニが口を開く。
「ようこそ皆さん、お呼び付けして申し訳ない。しかし、ちと大事でしてな。
 ここは学院で最も結界の強い場所の一つ、密談にはちょうどよろしい」
学院長秘書が怪盗をやっていた、なんて環境だが、まあ常識的にはそうだろう。

「このワルドも、ということは、何か荒事ですかな? 品評会の優勝者もおいでですし」
「ええ、お察しの通りですわ、ワルド子爵。ミス・ランマも荒事には向いておられるようですし、
 ルイズは私のお友達。こんなことを頼めるのは、あなたたちだけ……」
そう言うとアンリエッタは、ぽろぽろと涙を零し出す。オスマンが話を受け、続ける。

「あー、わしがちょいと話を進めておこう。アルビオンで貴族の反乱が続いておるのは知っちょるな?
 最新情報によれば、もうアルビオンのほとんどは貴族議会派の反乱軍《レコン・キスタ》に占領され、
 《王党派》は国王陛下及び皇太子殿下とともに、国の端のニューカッスル城に篭城しておられるとか」

アルビオン。空に浮かぶ島国で、トリステインと同じぐらいの大きさがある古い王国。
その程度のことなら、らんまも噂話に聞いていた。
「その王様たちを、救出すりゃーいいのか?」
「ランマ、敬語よ敬語っ。誰の御前だと思ってんのっ」


マザリーニが痩せた指で口髭をひねる。
「さて、そこが政事の難しさ。アルビオンのテューダー王家は我が国の王家とも血縁関係にあり、
 救出して差し上げたいのは肉親の情。それに奴らの唱える『貴族共和制』だの『聖地奪回』だの、
 ハルケギニアの統一だのといった理想主義は、諸王国にとって見れば既成秩序を根幹から揺るがす思想……ふぅ」
と、ひとつ溜息をつく。
「さりながら、陛下や殿下を亡命させれば、強大な《レコン・キスタ》と正面から戦わねばならぬ。
 残念ながら我がトリステインは軍事的には弱小国、彼らの空軍には敵わないだろう」

アンリエッタは涙を拭き、ようやく口を開いた。
「なんとか王族の亡命の手助けをしようと、ガリアやゲルマニアにも打診したのですが、
 空の上を攻めるのは、かなりの難事業。なかなか色よい返事はもらえません。
 もはや《王党派》の運命は、神と始祖ブリミルにお任せする他ありません。彼ら自身もそう願っているようです」
「では、我々は何をすればよろしいので?」

「テューダー王家が滅びようと亡命して来ようと、《レコン・キスタ》の次の狙いはこの小さなトリステインでしょう。
 国家防衛の布石として、私は近々、ゲルマニア皇帝アルブレヒト三世に嫁ぎます。
 両国が連合して、《レコン・キスタ》の侵略行為を押さえ込もうという戦略です」
「何ですって!? あの野蛮な成り上がりどもと!?」
「これは国策だ、ミス・ヴァリエール」
叫び声をあげるルイズを、マザリーニが静かにたしなめた。オスマンも無言で肯く。

「……けれど、それには一つ、障害があるのです。
 私は以前、アルビオンのウェールズ皇太子に一通のお手紙を差し上げました。
 他愛もない、幼い少女の恋文。けれどそれが公表されれば、ゲルマニア側は婚儀を拒むかもしれない。
 あなた方は、その手紙を取り戻すため、アルビオンへ潜入していただきたいのです」
「恋文……では姫様は、ウェールズ殿下のことを……」
「勿論、かの地は戦場。道中にもいろいろ危険はあろう。また公表できぬ任務ゆえ、表立っての褒美はやれぬ。
 しかし、これは我が国を守るための……」

グダグダ続くマザリーニの話を遮り、らんまが声をあげる。
「おーし、分かった。手紙は取り返してくるし、王様も皇太子も救い出してくる。
 姫様と皇太子が婚約して、一緒に《レンコン喫茶》とやらをぶっ潰しゃあいいんだろ」


ルイズも皆も、思わず唖然とする。何だレンコン喫茶って、いやそれより。
「……ランマ、だからねえ……」
「俺にゃー、困っている人は見殺しにゃできねえ。政治の話はよくわかんねえし、
 もし王様の方が悪玉なら、ぶん殴ってでも改心させてやらー。それで万事解決だろ?」

自信満々で、敬語も使わないらんまが『にへっ』と笑う。それを見て、アンリエッタも微笑んだ。
「私は、一人の女である前に、国の責任者。私のエゴでこの国を戦火に晒したくはないの。
 ……でも、助けられるものなら助けて差し上げたいわ! 愛しいあの方を!
 それに反乱軍は粗野で乱暴で、蛮族や亜人まで手下にした《ならず者ども》だって聞いているもの!!」
「へへっ、そのセリフが聞きたかったんだ。大丈夫、愛と正義は必ず勝つもんですから」

ワルドが感心した様子で、顎鬚を撫でる。
「……ま、ミス・ランマの言う事も、よく考えればもっともです。
 どうせ奴らが攻めてくるなら、不遜ながら《王党派》を抱えていれば、錦の御旗になりますぞ。
 我らはアルビオンの王家を助け、王政復古のために戦うのだ、と。他の国々の賛同も得られるでしょう」

アンリエッタはマザリーニやオスマンとしばらく相談し、再びルイズたちに向き直る。
「では、改めてお頼みいたします。ルイズ、ワルド子爵、ミス・ランマ。
 できる限りのことをして、彼らを残酷な運命から救い出してください。けれど、あなたたちも命を大切にして下さいね。
 ルイズは私の、ただ一人の《お友達》ですもの!」

そう言うと彼女は、身分証明の代わりに、指に嵌めていた『水のルビー』の指輪をルイズに渡す。
トリステイン王家の秘宝で、アルビオンの王家には『風のルビー』が伝えられているという。

「アルビオン行きの船が出るのは、月に何度か訪れる『スヴェルの夜』の翌日。次の便まであと五日ほどあります。
 港町ラ・ロシェールまでは早馬で二日ほど。急がねばなりませんが、まだ準備が必要かも知れません。
 我々はひとまずトリスタニアに帰ります。ワルド子爵は学院に残り、出発の準備を整えてください」
「承知いたしました、姫殿下、枢機卿」

ぞろぞろと学院長室から出て行くアンリエッタたち。しかし、くるっと彼女は振り返る。
「あ、それと、ミス・ランマ」
「はい?」
「鉄の棍棒のジュリエットちゃんは、もう私のものですわよ」
「ああ、いーですよもう。戦う時は、峰打ちでデルフリンガーを使いますからっ」


翌朝。姫殿下一行はようやく、王都トリスタニアへ帰還する。オスマンも用があるとかで、秘書と一緒に王都へ向かう。
馬でも三時間ほど、昼には王宮に到着するだろう。学院は緊張感から解放され、いつものように騒がしい。
だが……。

「え? シエスタさんが、学院を辞めた!?」

メイドのシエスタの姿がない。らんまが使用人たちに訊ねると、昨夜貴族に連れて行かれたのだという。
「あ、ああ……姫殿下の一行にいた、モット伯っていやらしい中年貴族にさ。
 行儀見習いなんて言ってたけどよお、どうせ《お妾》だよ、あのスケベ野郎の慰みものに……!」
「宮廷の勅使もしているそうだけど、いい噂聞かねえんだよなあ、あのくるくる眉毛」
「何人も平民の女ばっかり集めて、ハーレム作ってんだってよお! けっ、いけすかねえ」
「まあ仕方ねえべよ、貴族に逆らったら平民は生きていけねえ……」
「マルトー親父も、娘みてえに可愛がってたのによお。よく気のつく、いい娘だったもんなぁ。
 あんなのにかどわかされちまって、親父も塞ぎこんで寝込んじまったよ」
学院の使用人からの評判も、あまり芳しくない人物のようだ。悪い貴族の、見本のような親父なのだろう。

「マルトーのおっさん!! 本当か、シエスタさんが……」
「おお、ランマか。『我らの剣』よ、本当さ。まったくいやな世の中だぜ、貴族ばっかり威張りやがって。
 そりゃ貴族の魔法はすげえし便利だけど、平民あっての貴族じゃあねえかなあ、ちくしょう」

ベッドに臥せるマルトーの声は弱々しい。ずい、と近くの使用人にらんまが詰め寄る。
「おい、使用人を辞めさせるんなら、学院長の許可が必要なんだろ! あのじじいは何してくれてんだ!!」
「し、知らねえよ! 俺らみてーな下っ端が、そんな事知るかよ!!
 どーせカネか女か、女の下着で釣ったんだろうぜ。どっちもセクハラじゃあ知られてる。
 シエスタは、物みてえに買われていって、あいつに飼われるのさ」

へっ、と笑った使用人を、らんまは張り手で吹っ飛ばした。
らんまの顔が、怒りに燃えて赤く染まる。シエスタは恩人であり、平民の仲間であり、なにより普通の女の子だ。
そんな女の子が、変態親父にいいようにされるなんて、想像したくもない。

「どこだ! その変態貴族の屋敷は!! 俺がシエスタさんを連れ戻して来てやる!!」


モット伯の屋敷は、学院から一時間ほど歩いたところにあった。そこへ近付くのは、二人の少女。時刻は昼過ぎ。

「なあ、やっぱりルイズがついて来ることはねえって。授業サボったんだろ?」
「ふん、あんたは私の使い魔じゃないの。一人で外をフラフラしちゃいけないわ。
 モットはスケベ親父でも伯爵よ、連れ戻すための交渉だったら、公爵家令嬢の方が箔がつくでしょ。
 それに身柄を買い受けるなら、おカネがいるんだし。なんならワルドを呼んできて、実力行使させようかしら」
らんまが苦笑する。女の敵、ということで、男嫌いのルイズもこの件には立腹しているようだ。

「そんなのは、俺がやるよ。さすがにデルフは持ってきてねーけど、中に入りゃあ武器ぐれーあるだろうし。
 それにワルドにはあんまり関係ねえ話だろ。大体、正面から頼もうって言って返してくれるわきゃねえよ」
「まぁ、そうだろうけど……」
「じゃあ、潜入用にこれ着てくんねーかな。髪は纏めて、こんな感じにして……」

二人はメイド服を着込み、使用人になりきる。らんまは手馴れたものであった。
ルイズに話をさせるとボロが出るので、らんまが門番に近付くと要件を告げる。ぶりぶりのぶりっ子演技で。

「ああ? モット伯さまにお会いしたい? なんだ、てめえら?」
「あのっっ、私たちは魔法学院のメイドなんですけどっっ。
 昨夜モット伯さまが、ここで面倒を見て下さるとおっしゃられたので、急いで来たんですぅ。
 ここに連れてきて下さった人は急ぎの用事があるとかで、もう帰ってしまわれてぇ。お屋敷に入れて下さぁい。
 それであの、シエスタさんって人が、先に来ているはずなんですうっ」

ルイズは、あまりのらんまの豹変ぶりに頬を引きつらせる。初老の門番は特に怪しみもせず、門を開いた。
「はぁん、伯爵さまの慰みものが、また来やがったか。可哀想になぁ。
 ほれ、入っていいぜ。武器なんか持ってねえだろうし、持ってたっておめえらなら、どうってこたねえしよ」

屋敷の中は広くて豪勢だが、あまり人はいないようだ。さらわれた女の子たちは、地下にでもいるのだろうか?

「あっさり潜入できたわね。でも、どーすんの? モットのとこへ踏み込んで、コキャッと始末しちゃう?」
「始末はしねーって。ひとまずシエスタさんを取り戻せばいいんだ。
 まあ股間を使い物にならなくするぐれーは、そのあとで当然しとくけどな。
 ……あのっ、そこのかっこいいお兄さんっ。モット伯さまはどちらかしらっ(きゃはっ)」
「あんた、立派に女の武器を活用してるじゃない。……私だって、もう少し胸があれば……」

モット伯やシエスタたちは、昼間から地下の大浴場で沐浴しているらしい。なんと不埒な、破廉恥な。
らんまはとりあえず、壁に掛けられていた剣と短剣を拝借し、武器にする。ルイズには一応、杖がある。


「この階段を降っていけば、大浴場か。教訓を踏まえて、下に男物は着ているけどよ。
 ……そういや、モットも当然メイジだよな。何使いだっけ?」
「確か、水のトライアングルよ。二つ名は『波濤』。数年前に奥さんを亡くしてから女狂いみたいになって、
 平民の女の子を掻き集めているそうよ。表面的には『行儀見習い』ってことで、それは認められてはいるわ。
 でも、もう何十人といるはずなのに、誰もこの家から戻ってこないとか……」

二人の背筋がぞぞっとする。まさか、死体で人形を作っているとか、悪魔の生け贄にしているなんてことはあるまい。
きっと、多分。ただのヒヒ親父だ、それで充分だ。
しかし、そこへ絹を裂くような乙女の悲鳴が響き渡る!!

「ランマ! あの声は!」
「ああ、シエスタさんの声だ!! 地下から聞こえてきたぜ!」
らんまは『ガンダールヴ』で強化された脚力を用い、ルイズを抱えあげて地下へ走る!
ばんっ、と大浴場の扉を開けると、大きな浴槽にお湯が張ってある。そこには異様な怪物がいた。

身長は2メイルほど。体は赤黒くて体毛はなく、ぬらぬらとした粘液に覆われ、血管が無数に浮き出ている。
眼はぎょろりと大きく飛び出して鼻はなく、大きな口には牙が並ぶ。まるで蛙人間、いや半魚人だ!
そいつの大きな右手の指が、裸のシエスタの右腕を掴んでいた。取って食おうというわけらしい。

「きゃ、きゃあああああ!!? なに、なにこの化け物!?」
「シエスタさんっっ!! くそっ、間に合え!」
らんまが短剣を投げ、怪物の右手首に突き立てる。怯んだ隙にらんまは剣を振りかぶって跳躍し、右手を切り落とす!
シエスタは気絶して、お湯を浴びて男になった乱馬の胸に倒れこむ。怪物はおぞましい叫び声をあげる。
三人は怪物から距離を取り、浴槽から上がった。

「何なんだ、こいつは!? おいモット、どこだ!!」
「し、知らないわ。こんなの、私は知らない。本で読んだ事もない」
蒼白な顔をしたルイズは、メイド服を脱ぎ捨てた乱馬の腕にしがみついた。歯の根があわない。

浴場の奥の方から、男の声がした。中年の貴族、モット伯だ。
「それはな、『なりそこない』というんだよ、お客さんがた」
「も、モット伯! あんた、ここでいったい何をしているの!?」
モットはそれに答えず、静かに、呟くように喋る。豪奢な服を着ているが、よく見ると眼が少し、ぎょろりと大きい。

「水の国トリステインの北の端、ダングルテール(アングル地方)に小さな村があった。
 そこに数百年前、いや千年も前だったか、人魚(マーメイド)が漂着したそうだ。
 上半身は女、下半身は魚。醜いものも美しいものもおるが、その本性は人食いの化け物……」

モットは浴槽から短剣を拾い上げ、自分の手首に切り傷をつける。
「その肉を食らえば不老不死となり、死ぬほどの傷を受けても必ず治る、とか」

その傷は、すうっと塞がり、瞬く間に消えた。

(続く)

新着情報

取得中です。