あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの夢幻竜-15


ゼロの夢幻竜 第十五話「盗賊の狙い」

『土くれ』。この言葉である人物を想像する者がトリステインに一体どれだけいるだろうか?
恐らく粗方の人間がこの言葉を一つの単語として用いるだろう。『土くれのフーケ』。
正体不明で神出鬼没な事で名を馳せるその怪盗は、魔法を用いて貴族の屋敷等を襲いお宝をまんまと奪っていく事で有名である。
その存在に貴族達の大半は怯え、名前が一度でも出ようものなら戦々恐々としている。
というのも、彼等がどんなに厳重な警備網を布こうがフーケは鮮やかに突破し、気づいた時には時既に遅しという状況が度々あったからだ。
加えて、そんな風に犯行を犯す事もあれば、屋敷自体を吹っ飛ばしたり等かなり荒っぽい事もやってのける時がある。
出方と手段の多様化の為に、警備の者達もめっぽう降り回されっ放しというのが現状だった。
分かっているのは次の三点。
男女かどうかも分からぬフーケは、時たま犯行の際大きさにして30メイルはあろうかというゴーレムを使う事が鍵となり、少なくとも土系統のトライアングルクラスメイジという事だけは分かっていた。
それと犯行現場に『秘蔵の○○、確かに領収いたしました。土くれのフーケ。』という被害者にとっては非常に鼻持ちならない文面のサインを残していく事がお決まりになっていた事。
そして狙う獲物の大半はマジックアイテムに集中していた事だった。
さて、その当のフーケは今魔法学院本塔の壁に垂直に立っている。
彼女の狙いはこの塔の5階にある宝物庫に隠されているという『深海の宝珠』だった。
地道に調査を続けた結果、ここにある事は間違いないと踏んだのだが、実際その場の近くへ来てみると大きな問題が発生した。
足の裏で探ってみても分かるが壁は厚く、またかなり頑丈に作られている為に早々簡単な方法では破壊する事は出来ないと分かる。
フーケは悔しそうに歯噛みした。

「『固定化』の魔法以外はかかってないみたいだけど、これじゃ私のゴーレムでもどうしようもないね!
やっとここまできたっていうのに……かと言って手ぶらで戻る訳にはいかないからねえ。『深海の宝珠』はもう目の前にあるっていうのに……ん?」

そんな時彼女は壁の一部にそこまで小さくはない真新しい窪みを見つけた。
何か大きな衝撃波によって削り取られた様な……そんな感じだ。
先程まで中庭の辺りで大きな音が引っ切り無しに聞こえていたがそれと関連性があるのだろうか?
まあいい。外壁の他の部分を見ても目立つ傷はそこぐらいな物だ。
言い換えれば物理的に脆弱なものになっていると言う事。
そこを攻めない手は無い。
フーケは自分の幸運さに小唄でも歌いたくなったが、そこはぐっと堪え一言だけ呟いた。

「ツキは最後の最後でお出まし……って事ねぇ。」

自分に自分の杖が向けられている。
魔法が使える事が前提である貴族にとってこれ程屈辱的な事は無い。
だがキュルケは少しでも余裕を見せる為に、無理矢理にでも僅かな笑みを捻り出しながら言う。

「やるじゃない。取って置きの隠し玉には少し驚いたけど。」

すると当のラティアスは杖をくるっと一回転させてキュルケの方に差し出した。

「私もです。攻撃と防御の連携をあれだけ上手く組み立てられたら、普通は攻め込めないですよ。実際途中まで上手く立ち回れませんでしたし。……手合わせして良かったです。」

ラティアスがそう言ってふっと微笑む。
キュルケもその様子に微笑みながら話を続ける。

「んで?あなたは私にもうご主人様にちょっかいを出すなとか言い出すのかしら?」
「二度と……とは言いません。……偶になら許します。」

その言葉を聞いてキュルケはきょとんとする。
ちょっと、それってあまり変わってないんじゃないの、と。
しかし、ラティアスの発した言葉の裏に隠された意図を読み取ると、キュルケは小さく吹き出した。
ラティアスの手に掴まり、彼女は立ち上がりつつ短く答える。

「ありがと。」


ところで、二人が交わしている会話が聞こえずとも、遠くから見ていたルイズはこれまでに無い充足感を感じていた。
使い魔であるラティアスが家の宿敵とも言えるキュルケを打ち破ったからである。
最初こそ苦戦を強いられるように見えたものの、新たに見せた能力……不可視化を使って勝利したのだ。
最早今なら、スクウェアクラスの騎士を乗せた火竜を相手にしたって負ける気が起きない。
気づけばラティアスはキュルケに杖を渡し、こちらに向かって歩いていた。
ルイズはその身をひしと抱き締め、嬉々とした声を上げる。

「凄い!いいえ、もう凄いなんて物じゃないわ!そんな言葉も霞んじゃうわ、ラティアス!」

ラティアスはその言葉に照れたようで軽く頬を掻いた。
しかし、直ぐにいつもの表情になってルイズに囁く。

「有り難う御座います、ご主人様。でも、もしキュルケさんの隣にいるちっちゃい人が相手だったら私は多分負けていたでしょう。」
「え?」

その言葉にはっとしたルイズは、キュルケの隣に佇む青髪をした小柄な少女、タバサに目をやった。
特に先程の結果に取り乱す事も無く黙々と本を読み続けている彼女が相手だったならラティアスは勝てないと?
怪訝そうな表情でタバサを見つめ続けるルイズにラティアスはその理由を述べる。

「あの人の属性で、あの人の知性で勝負になっていたら多分私は手も足も出なかったでしょう。
空を飛べる事や技を出す事は言うまでも無く、今初めて使った不可視化も対抗策はあっという間に練られていたでしょうね。」

信じられないといった目でルイズはラティアスとタバサを交互に見た。
勿論ルイズとてタバサの力量がある程度見切れないほど愚かではない。
彼女が使い魔召喚の儀において風竜を召喚した事から彼女は風系統であり、且つ相当な力量を持つメイジであると察しはついていた。
しかし、ラティアスが自分の事をそこまで卑下するほどの実力を持っているのだろうか?
そう思っていた時、地面が小さく震えた。
何かと思ってキュルケが背後に向かって振り返ると……

「な、何よ、これ!」

たっぷり30メイルはありそうな巨大な土ゴーレムが立っていた。
しかもそれが大きさに合わない機敏な動きでこちらに迫ってきている。
突如現れたその存在に平常心を保てる者が果たしてどれだけいるだろうか?
少なくともその場にいる者達の中には誰一人としていなかった。

「逃げるわよ!」
「言われなくてもそうするわ!!」

ルイズの言葉に否応無く反応するキュルケ。
ラティアスは一瞬で元の姿に戻り、ルイズを両腕で掴んで空中へ舞い上がる。
タバサはシルフィードを呼び出してそれに乗るとほぼ同時に、走っていたキュルケも乗せた。

「ご主人様。あれは一体何なんですか?」
「土ゴーレムよ……あんな大きな物を操れるなんてきっとトライアングルクラスのメイジだわ。」

ルイズはラティアスの質問に的確に答える。
その言葉を聞いたラティアスは小さく呆ける様に呟いた。

「流石はご主人様です。」


フーケはゴーレムの肩に乗ったまま、壁にある窪んだ所に向かって拳を打ち振るうよう操る。
衝突の瞬間、彼女はゴーレムの手を鉄へと変化させていたが、それでもまともに人一人通れる穴が出来るまでに3~4回は叩かなければならなかった。
何とか開いたその穴へ、フーケはゴーレムの腕伝いで入っていく。
中をざっくばらんに見渡す事もせず、フーケはある一画を目指し走り出す。
行動は全てにおいて、俊敏且つ狡猾に行わなければならない事がフーケの考え。
そして目指した一画にはいかにも高価そうな宝石箱がずらっと並べられていた。
が、フーケはそれらには目もくれず、一番右端にある木彫りで装飾も少ない質素な箱に手をつける。
鍵がかかってはいたものの、特に『固定化』の魔法が施されている訳でもなかったので『錬金』でその鍵を土くれにし、一応中身の確認をする。
自分の視界に映ったものを見てフーケはつい薄ら笑いを浮かべてしまう。
箱の中には目も覚めんばかりに青く、そして美しく輝く『深海の宝珠』があったからだ。
それにしても随分と古参なやりくちではないか。
一番重要な秘宝という物は一番それらしくない外見、若しくはそれに準じる物に収められているなど。
しかしこれが一体どういう形でマジックアイテムという力を発揮するのだろうか?
が、それについて考えている時間は無い。
箱の蓋を閉めた後でそれをローブの下にしまった彼女は去り際、壁にこんな書置きを刻んでいった。

「『深海の宝珠』、確かに領収いたしました。土くれのフーケ」

ゴーレムは本塔より離れ、魔法学院の城壁を一跨ぎで越す。
異常なまでの地響きをたてながらそれは草原を進んでいたが、あるポイントまで辿り着くと一気に崩れ小さな小山となった。
そこから少し離れた場所で旋回するタバサの風竜とルイズを背中に乗せなおしたラティアスはその様子を特に何をするというわけでも無く見つめていた。

「ご主人様、あのゴーレム壁を壊してましたけど、一体何をしていたんでしょう?」
「宝物庫。」

ふいに口をついて出たラティアスの質問に答えたのはタバサだった。
その言葉にぎょっとしつつ、ルイズはゴーレムを操っていた者に関しての特徴を必死で思い出していた。

「そう言えばゴーレムの左肩辺りに見えた黒ローブのメイジ、壁の穴から出てきた時に何かを抱えていたわ。」
「じゃあ泥棒じゃないですか!急いで追いかけましょう、ご主人様!」
「無理よ。もうその本人が見えなくなっちゃったもの。」

そう言ってルイズは小山の辺りを指差す。
成程。そこには人っ子一人、鳥の一羽も見当たらない。
犯罪が正に行われた場面に鉢合わせたにも拘らず、何も行動に移す事が出来なかった。
出来る事は限られていることぐらい分かってはいても、その事をラティアスは内心歯噛みしてしまった。


新着情報

取得中です。