あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ガラの悪い使い魔-01

男は天へ昇り始める赤髪の女の手を強く掴んだ。

「カレンっ!」

「ありがとうッ!」

男の目からは涙が零れ落ちていた。
カレンと呼ばれた女は男の言葉を聞くと微笑みを浮かべ天へと昇り、そして・・消えた。

「いつか、また会おうぜ、みんな・・・」

女が消えた場所見上げ男は瞼を閉じる。

『長い旅を終え俺は多くのものを失った・・
この戦いで勝ち取った未来に、どんな意味があるのかなんて、分からない・・・でも、その旅もこれで終わり・・
俺の心を蝕む呪いは、ついに魂を飲み込もうとしている・・・たとえ、みんなの待つところに帰っても俺は俺でなくなっちまうんだ・・・・だけど、穏やかな毎日を過ごしていけるのならば・・・』

突如男の真上にまばゆい光を放つ鏡のようなものが現れるが、男は気付かない。

『それは、幸せなことなのかもしれない』

男の体が浮き上がる。
瞼を開けた男の顔は、とても穏やかだった・・自分を飲み込む鏡に気付くまでは。
「・・!?うおっ、眩しっ!」
男がその鏡のような物体に気付いたのは、ちょうど頭が飲み込まれる直前であった。
もがく男を無視するように、鏡は男の体をすっぽりと飲み込んだ。
崩れゆく世界の中に突如現れた鏡は、そのまま消えてしまった。そして・・・

「あんた誰?」
鏡みたいなものに飲み込まれたと思ったら、妙なガキが俺の顔を覗きこんでやがる。
「・・なにこれ?」
俺は自分の身に何が起こったのかさっぱり分からなかった・・

新着情報

取得中です。