あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

新約・使い魔くん千年王国 第三章 水と風

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

『水の精霊』の頼みを受け、一行はガリア側の岸辺へ向かう事になった。
とりあえず村に戻って事情を説明し、準備を整える。一周すれば200リーグはあろう湖の対岸に向かうのだ。
舟で行けば、数時間はかかるのではないか。空を飛ぶ『魔女のホウキ』はあるのだが。

「それにしても、水底まで襲ってくるメイジなんて、かなりの使い手よ」
「系統は、なんだろうな。二年半前にも同じような事があったのかも知れない」
「おそらく、『風』ね。火は当然水中では使えないし、土は沈んでしまうだけ。
 水メイジなら水中でも呼吸できるけど、『水の精霊』は水に触れただけで相手を操れる。
 でも『風』なら、周囲に空気の球を作って水に触れずに行動できるもの」
風か。ワルドの件もあり、手強いイメージがある。トライアングル級だろうか。

「だけど、いくら相当の使い手でも、『水の精霊』のテリトリーまで降りていって喧嘩を売るなんて!
 スクウェア級のメイジか、よほどの命知らずか。空気の球を潰されたら確実に死ぬのよ!」
ならば、『水の精霊』やヴォジャノーイの助力も仰げるという事かも知れない。
とは言え、独力で解決する方が望ましいだろう。

ぱしゃぱしゃと足音をさせて、松下は湖面を歩き出す。濡れているのは靴底だけだ。
「ちょ、ちょっと! あんた、そんな事もできたの!?」
「ぼくを誰だと思っている、『東方の神童』だぞ。これぐらいの術はできて当然だ。
 湖の様子を見がてら、歩いて渡ってみる。差し渡し30リーグほどだろう、半日で着く。
 きみはモンモランシーやギーシュたちと一緒に、ホウキで渡ってきたまえ」


《…逆風のために弟子たちが漕ぎ悩んでいるのを見て、夜が明けるころ、
 (イエスは)湖の上を歩いて弟子たちのところに行き、そばを通り過ぎようとされた。
 弟子たちは、イエスが湖上を歩いておられるのを見て、幽霊だと思い、大声で叫んだ。
 …しかし、イエスはすぐ彼らと話し始めて、「安心しなさい、私だ。恐れることはない」と言われた。
 イエスが舟に乗り込まれると、風は静まり、弟子たちは心の中で非常に驚いた》
 (新約聖書『マルコによる福音書』第六章より)


その前の夜、トリスタニアの王宮にて。
新女王アンリエッタは無数の公務に忙殺され、しばらく寝る暇もない日々だった。
ようやく仮眠が取れる。亡き父王の寝室にある巨大なベッドで、アンリエッタはうつ伏していた。
明日の朝も早い。ゲルマニアの大使との折衝が控えている。疲労を顔に出しては見くびられる。
この頃は栄養ドリンク代わりに酒量が増えた。二日酔いは水の魔法で消せるが、積もる疲労は癒し難い。

「はぁ…………疲れた」
さしもの腹黒女王も、人間だ。弱音の一つも吐きたいが、吐き出す相手がいない。
枢機卿は厳しいし、護衛や女官に吐けば外国の間諜に伝わるだろう。幼馴染の友達は、外出中だという。
年頃の娘だというのに……私は、ほとんど色恋もした事がない。王族に、まして女王に滅多な恋愛はできない。
すぐスキャンダルの種にされ、戦争の道具だ。結婚は政治の一環でしかない。
王座の重圧に精神が擦り切れそうになり、またワインの杯に手が伸びる。

扉が、ノックされる。また仕事か。億劫そうにガウンを羽織り、誰何する。
「ラ・ポルト侍従長? それとも枢機卿? 名乗りなさい、また厄介ごとですか?」
だが、返事はない。すっと杖を引き寄せ、語調を強める。
「誰ですか? 名乗りなさい! こんな夜更けに女王の寝室を訪問するのです、名乗らないという法はありませんよ。
 無礼者、と叫んで人を呼びましょうか?」

「僕だよ、アンリエッタ。この扉を開けておくれ」
………幻聴だ。酒の飲み過ぎだ。彼は確かに、死んだと報告されたのだから。
しかし、アンリエッタの胸には期待もあった。この声は確かに、あの恋人、愛しの皇太子。
「ウェールズだ。きみの従兄、アルビオンのウェールズだ」
「本当に、ウェールズさま? いいえ、あの方は裏切り者の手にかかって、亡くなられたはず」
形見の『風のルビー』もここにある。嘘だ、嘘だ、敵の謀略だ。

「死んだのは影武者さ。きみの大使、ミス・ヴァリエールの使い魔くんは、たいした策士だったよ。
 敵を欺くにはまず味方から。では、僕がウェールズだという証拠を『聞かせよう』」
アンリエッタは震える。おお、この声、この瑞々しい命の波動は、間違えようはずがない。
「風吹く夜に」
「水の誓いを」
ラグドリアンの湖畔で、何度も交わした、二人しか知らない合言葉。
アンリエッタが扉を開くと、懐かしい笑顔が待っていた。


「おお、ウェールズさま……よくぞ、ご無事で」
あとは、声が震えて話が続かない。胸に顔を埋め、若き女王は泣き暮れる。
「心配をかけたね、アンリエッタ。相変わらず泣き虫だ」
「てっきり貴方は死んだものと……。もっと早くにいらして下されば、よかったのに」
「敗戦の後、巡洋艦に乗って大陸へ落ち延びた。敵に居場所を悟られないよう、ごく僅かな部下とともに、
 何度も隠れ家を変えながらトリステインの森に潜んでいた。城下にやって来たのは、二日前さ」

皇太子の手紙を届けてくれたのは、あのルイズの使い魔であるマツシタ少年だった。
彼は偽の手紙を敵に取らせ、本物を持ち帰った。ならば、この殿下も……。
「きみが一人でいられる時間を調べるため、待たせてしまったね。まさか白昼堂々と、謁見待合室に並ぶわけにもいかないだろう?」
「意地悪ですわ、ウェールズさま。どんなに私が悲しみ、寂しく辛い日々を送ったか、男の方には分からないのね」
「分かっているから、こうやってお忍びで来たんじゃあないか。愛しているよ、アンリエッタ」


二人はしばし抱き合う。やがてアンリエッタが口を開いた。
「ご遠慮なさらず、この城にご滞在下さいな。艦隊に大ダメージを受けた『レコン・キスタ』には、
 今のところ我が国に攻め込む力はございませんもの。やがては情勢を整えて、貴方を旗頭に押し立て、
 各国と連合して王政復古の義軍を起こし、誇り高きテューダー王家の旗を再び翻らせましょう!」
勇ましい女王に、ウェールズも苦笑する。
「おお、アンリエッタ。すっかり女王陛下が板についたじゃあないか。
 けれど、トリステイン一国では、遠くアルビオンへ攻め込むことは不可能だ。
 だから僕は、ゲルマニアやガリアとも連合しなければならないと思っている」
「そのために、現在私が寝る間も惜しんで折衝中ですわ。貴方さえいれば、各国もノンとは言えませぬ」

ウェールズは肯いて、続ける。
「僕も、ガリアのさる高位の貴族と連絡を取ることに成功した。信頼できる相手さ。
 国境の『ラグドリアン湖』で密かに会見する手筈になっている。ついてはきみも臨席して欲しい」
「ああ、貴方と誓約したあの湖で、王政復古を誓えるのですね。万一に備え、近衛兵もお付けしましょう。
 今夜はゆっくりお休み下さい。愛を語らいたいのは山々なのですけれど……」
「明日出発では間に合わないんだ。今すぐ行こう」

ウェールズはアンリエッタをぐいっと抱き寄せ、唇を奪うとともに魔法の秘薬を含ませる。
幸せな気分のまま、女王は眠りに落ちた。


深夜。ラグドリアン湖の広大な水面に、双月が映える。
「ルイズ。何か気配がする、注意しろ。『占い杖』も動き出した」
湖畔の森の中、小声で松下が呟く。ルイズも無言で肯き、モンモランシーたちを制する。
敵だ。相手はおそらく、風のトライアングル級。何人いるのかは、『全にして個』なる精霊には分からなかった。
だが、そう大人数でもないだろう。

人影が岸辺に現れた。漆黒のローブを纏い、深くフードを被って顔を隠している。
人数は二人。やや長身のメイジと、かなり小柄なメイジ。二人は水辺に立って、小柄な方が風の系統魔法を唱え始める。
「あれだな。よし、奇襲をかけよう。ギーシュとヴェルダンデは、地中から奴らの足元に陥穽を掘るのだ。
 モンモランシーはお得意の水中戦に持ち込むため、そこから湖の中に入っていろ。やばそうならヴォジャノーイを呼べ。
 ルイズは……ロビンと連絡係をしていろ。重要な役だ」
「私、蛙は嫌いなんだけど……まあいいわ、行ってらっしゃい。事情を聞きたいから、殺しちゃダメよ」
「言われるまでもない」

松下は、茂みに巣を張っていた『蜘蛛』を何匹か捕まえていた。
それらに何事か呟き、ぱあっと空中に放り投げる。蜘蛛たちは一斉に糸を噴き出し、丈夫な網がふわりと二人を襲う。
「『エア・ハンマー』!!」
「『ファイアー・ボール』!!」
小柄な方から風の槌が、長身の方から火の玉が飛んで、網を破壊する。
声からすると、二人とも女性。しかもまだ若い。
その足元に、ガボッっと大穴が開く。二人は咄嗟に飛びのき、距離を取る。

「待ち伏せとはね! ヴォジャノーイたちも、知恵をつけてきたってわけ!?」
「排除する」
二人は杖を構えるが、その声音は確かに聞き覚えがあった。
「待て! きみたちは、タバサとキュルケか!?」
「え? まさか……マツシタくんと、ルイズ!?」
呆気に取られ、一同は顔を見合わせた。


「………なるほど、そう言うわけだったのね。二人とも、すっかり人間をやめてしまって……。
 まるで実家で見た『東方』の絵巻物ね。トバ大司教の筆だなんて書いてあったけど、大司教があんなの描くのかしら」
「まあ、きみたちで良かった。事情は知らないが、精霊を攻撃するのは中止してくれ」
「……任務。この一帯には、私の実家の領地もある」
「ええっ、そうだったのタバサ! でも、精霊から事情を聞き出せれば、きっと水も引くわよ。ね、マツシタ」

本当はガリア王家からの任務で、『水の精霊の涙』を持って来いという難題だったのだが、タバサは隠した。
それに、かの秘薬があれば、母の毒も除去できるかも知れない。タバサにも『水』系統の心得はある。


「……と言うわけで、きみを襲撃するメイジは攻撃をやめた。さあ、『誓約』を果たしてくれ」
《よかろう。その、青い毛の個体が密かに所望する『欠片』も、ついでにくれてやる》
精霊の体から、《涙》が三滴切り取られ、ふわふわと落ちてくる。松下とタバサは、それを用意しておいた小瓶に入れる。

「さて、もう一つ。きみが水嵩を増やしていたのは、いったいなぜだ?
 事と次第によっては、我々が協力できるかも知れないぞ」
精霊はぐねぐねと蠢き、躊躇うような動きをする。
《……話して良いものか、我は悩む。しかし、我との誓約を護ったならば、信用して話すとしよう。
 ……我が悠久の昔より護りし秘宝、『アンドバリの指輪』を、お前たちの種族が盗んだのだ》

秘宝盗賊か。フーケといい、どうも縁がある。まさか土メイジではなかろうが。
《我が暮らす最も濃き水底より、秘宝が盗まれたのは、月が30ほど交差する前の夜であった。
 個体の一人の呼称は、確か『クロムウェル』と発音されていた》
「クロムウェル、か。例の『レコン・キスタ』の親玉だな」
「おおよそ2年半前ね。それ以来、水嵩が増えだしたってわけ……」

《我は復讐したいわけではない。無礼者には怒るが、そのような無益な感情を我は持たぬ。
 ただ、秘宝を取り戻したいだけ。水が大地を再び覆い尽くすその夜には、我が体が秘宝の在処を知るであろう》
なんとも気の長い話だ。年に10メイルずつ侵食したところで、ハルケギニア全土を水没させるのに何千年かかるのだ。
《我とお前たちでは、存在と時間に対する概念が異なる。
 我にとって全は個、個は全。過去も未来も、我は変わらず存在する。死も消滅も我にはない。
 いつから我が存在していたか、我も他も知らない。お前たちの始祖、ブリミルさえも》

哲学的な精霊だ。黄金の種子でも撒いて、梵天を懐胎させてやろうか。
世界の初めに水(海)があり、創造者が水底から土を引き上げて大地とする神話は、世界中にある。
この『水の精霊』がいるからこそ、トリステイン王家には『水のルビー』が伝えられたのだろう。

「『アンドバリの指輪』ね。確か、偽りの生命を死者に与える、先住の力のマジックアイテム……」
キュルケが呟く。先住魔法と呼ばれる精霊の力は、ハルケギニアの人類にとって、始祖以来の脅威なのだ。
《然り。死を恐れるお前たち定命の存在にとって、魅力的なものではあるのだろう。
 しかしながら、旧き水の力が与え得るのは、所詮仮初の命であって益にはならぬ。
 指輪を使った者に個々が従い、同一の意思を持つように動くという。お前たちは、不便なものだな》

クロムウェルが一介の司教から神聖皇帝に成り上がったのも、それが絡んでいるのかも知れない。
松下は両手を掲げ、精霊に呼びかける。
「よかろう、クロムウェルは我々の敵でもある。いずれ指輪を取り戻してくるとしよう」
《溜め込んだ水の力を使い果たせば、指輪の宝石は溶けて蒸発する。まあ、それでもかまわぬ。
 お前たちの定命が尽きるまでに持って来れば、よしとしよう。明日も千年後も我には変わらぬ……》

言い終わると、精霊は波音を立てて水底へ去って行った。

(つづく)

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

新着情報

取得中です。