あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの破壊神1

その瞬間『彼』の体は石の槍に貫かれ、『彼』の魂は聖女の導きにより『彼』の魂が真に望むべき場所へと旅立った。
しかし…………

『彼』の精神に居を構える二十体の幻獣・魔獣の類はこのまま消滅するを良しとしなかった。
特に、その神性ばかりが取り沙汰されて、その本質を軽んじられている智慧と力に優れている
魔界の王は『彼』の体を速やかに掌握し、まず石槍から『彼』の体躯を引き抜く事に取り掛かった。
引き抜く事に成功した後は魔界の僧侶に傷を癒してもらい
そして『彼』の体から消えつつある精神空間・グレイヴヤードの再構築を開始、
それと同時に今まさに消えんとするこの世界からの脱出方法を考え……
この時になって初めて魔界の王は自分の中に芽生えた感情に当惑するのであった。
その感情とは『迷い』である。
このまま魔界へ帰るのは簡単である。だが『彼』と過ごした時間に味わった緊張の連続、
それは魔界の王である彼にとっては久しく味わう事の無かった感覚である。
だが『彼』の生まれた世界に帰ろうとも魔界の王が望む状況を与えてくれる存在は
いないであろう事も容易に想像できる。故にこそ『迷っている』のだ。
誰に感謝されるでもなく『正義の味方』の名の元に後顧の憂い無く殺戮の限りを尽くせる
機会を望んでいる自分がそこにあった。
そして魔界の王は一人溜息をつく。「『魔界の王』が『正義の味方』か…」と。
無論、第三の選択肢である『異世界への道を探る』という手も有ったが
果たしてそこに『敵』となりうるものはいるのか。それこそが『魔界の王』を悩ませている元凶でもあった。
だからこそ自分の前に突如として現れた、鏡の姿をした『異世界への門』を見た『魔界の王』は狂喜した。
自分という存在を必要としている『世界』からの呼びかけに狂喜した。
だからこそ一も二も無く『門』に手をかけたのは無理からぬ事だったともいえる。
『門』の先に有る『世界』が彼に何を与えるかはこれから明かされる話である。



新着情報

取得中です。