あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

虚無と夜闇の魔法使い

――――――――――予告――――――――――――

  ―――空に浮かぶは二つの月

  ―――世界を統べるは魔法の力

今、ハルケギニアを舞台に新たな物語が始まろうとしていた。
少女の声に呼ばれ、異世界から召喚されし一振りの魔剣を持つ少年。
彼は侵魔から地球を守る為、過去に忘れ去られし古の力―魔法―を駆使して戦う魔法使い"ウィザード"


     ――その少年の名は柊蓮司。またの名を「下がる男」――

       柊蓮司「そのネタはもういいんだよっ!」


          ≪虚無と夜闇の魔法使い≫


   ――少年と少女が出会った時、世界は新たな歴史を紡ぎ出す。
     異世界の住人である彼は、この世界に何を齎すのか!

        柊蓮司「お、俺の魔剣がーっ!?」 
        ルイズ「魔剣が無ければ只の"使い"ね」
        キュルケ「"使い"よね」
        タバサ「……"使い"」
        柊蓮司「……orz(落ち込んでいるらしい)」

     そして、彼がこの世界に召喚された本当の意味はっ!!

  ギーシュ「た、只の平民が魔法を使うだと――!」  

               キュルケ「同じ属性を持つ者通し、仲良くしましょ」

   デルフ「おでれーた。まさかお前が「使い手」とはな」

                    タバサ「…もしかしてアレは」

     ルイズ「嘘っ!嘘よそんなのっ!!」

                ???「…まさかこんな場所で会えるとはね。柊蓮司」

         柊蓮司「ま、まさかお前はあの――!」

     ――キミはこの衝撃に耐える事が出来るか!?――

        柊蓮司「――俺が、お前の力になってやる」
        ルイズ「レンジ…」


            ――――なお、本編は予告無くその内容が変更される場合があるので、予めご了承下さい。

新着情報

取得中です。