あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの歌姫

「はぁ……」
本番30分前。楽屋の中でルイズはふとなぜ自分がこんなことをやっているのかと思いを馳せる。
ルイズは半年前から使い魔と一緒に国境を越えてさまざまな場所へと訪れた。
彼女たちはそこで歌を歌う。そこでさまざまな人を楽しませ勇気づかせなぐさめ励ましたのである。
しかし、こういう事になったのは彼女の使い魔の能力のせいに他ならない。

ルイズが召喚した使い魔は緑の髪を赤い髪留めで結んだ女の子だった。
最初はあの子全然喋らなかったからむちゃくちゃ焦ったわ……と過去のことを思い出して苦笑した。
だが彼女には歌があった。
彼女に刻まれた使い魔の紋章「ガンダールヴ」は彼女にありとあらゆる歌を歌わせることが出来るようにさせた。
彼女の歌声は学院生や教師、はたまた厨房で働いていた平民に限らずに使い魔すらも虜にした。
その姿を眺めていたルイズは誇らしいと思いながらもどこか複雑だった。
フリッグの舞踏会では彼女が呼ばれそこで彼女は素晴らしい歌を披露し、観客を魅了した。
その舞踏会を抜け出したルイズは一人夜空の下で風に当たっていた。いつの間にか涙が零れていた。
悔しかったのだ。と今になってルイズは思う。
使い魔は素晴らしい歌声で人を笑顔にすることができる。
でも自分は魔法も使えない「ゼロのルイズ」だ。それでは人を幸せにするどころか自分も幸せになることができない。
「はぁ……」
するとどこからともなく使い魔が現れた。
暗くてよく表情はわからなかったけど泣きそうな顔をしている気がした。
「なっ、なんであんたがここにいるのよ!」
そんなことを言った後でルイズは気づいた。自分は使い魔を見知らぬ人物がたくさんいるところに放り出して何をしているのかと
「まったく、ご主人様失格ね……」
すると使い魔の後ろにはルイズの友人であるキュルケが立っていた。
ルイズの姿が見えなくて使い魔が必死に探しているのを見かねて一緒に私を探しにきてくれたのだろう。
「ごめんなさい………」
自然と口をついてきた謝罪の言葉。その言葉にキュルケは驚きを隠せなかったそうだ。
でも使い魔はゆるゆると首を振り、私に歌を贈ってくれた。
その歌は頑なになっていた彼女の心を氷解し、勇気を与えてくれた。ルイズは感動して自然と涙を流していた。
そしてルイズは決心した。「私も一緒に歌を歌う」と


それからというもの彼女は使い魔と一緒に歌の練習に励んだ。
使い魔である彼女は歌を知っている代わりに曲というものをあまり知らなかった。だからルイズは彼女に一音一音丁寧に教えてあげた。
練習は外れの草原で行われた。時折吹いてくる風が心地よかった。
「ルイズさーん、お弁当もってきましたよー」
このことを知ったシエスタというメイドはよくルイズと彼女にサンドイッチを作って持ってきてくれた。
その草原で一緒に食べたサンドイッチの味は忘れることは無いだろう。
「ん……はむ。」
ルイズはふと目の前にあったサンドイッチをつまんだ。
「……おいしい。」
そして使い魔品評会の日
彼女は使い魔と一緒に歌を披露した。その歌は聴く者を共感させ、感動させ、勇気を与えた。
アンリエッタ王女も涙を流して感動してくれた。
「あなたたちの歌をこの国で埋もれさせるのはもったいないと思うわ。
ぜひ、各地であなたたちの歌を広めてくださらないかしら?」


「そして、現在に至る……と。」
ルイズの独り言にじっと耳を傾けていた使い魔が不思議そうに首をかしげた。
「時々、ふと思っちゃうのよね。もし私がゼロのルイズじゃなくなってものすごい魔法を使えるようになったら…
ううん!もしもの話よ。もしもの話。私はどうなっていたのだろうか……ってね。」
不思議そうに首をかしげる彼女。それに構わずにルイズは続けた。
「でも、私はあなたに出会えて本当によかったと思ってる。あなたと出会えなかったら世界中を回ることも出来ないし、人を喜ばせる喜びを知ることも無かったから……」
最近涙もろくなったとルイズは思う。
彼女と一緒に世界中を回って歌を歌うという事がどれだけ自分にとっても幸せな事か。本当にわかったかもしれなかった
彼女と一緒にユニットを組むようになってからルイズは彼女のことを「使い魔」と呼ばなくなった。
彼女は立派な「パートナー」だから―――
「ルイズさーん! 本番あと10分前でーす! スタンバイお願いしまーす!」
シエスタは今ではルイズ達の敏腕マネージャーとして活躍してくれている。
彼女の作ってくれるサンドイッチは今でも私の大好物だ。
「はーい!」
ルイズは笑顔で返事を返した。
はじめてステージに立ったときはとても緊張したけど今ではその緊張感を楽しめる様になっていた。
「行こっか! ミク!」
ルイズはパートナーの名前を愛しげに呼びかけた。


「VOCALOID2」の初音ミクを召喚

新着情報

取得中です。