あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

鬼哭街 > Zero-5



I/

 事の始まりは単純だった。トリステインの姫君が学校の査察に来るのにあわせ、幼馴染
のルイズにお忍びで会いにきた。話をあえて聞くまいとしていた濤羅には、どういう流れ
でそうなったのかは預かり知らぬが、彼女はルイズに密命を下した。他国との政略結婚を
前に、恋人に出した手紙を取り戻してほしいと。
 そこに魔法で気配を消し聞き耳を立てていたギーシュという少年が加わった。とはいえ、
いくら濤羅がいるとはいえ学生だけに任せられぬと思ったのだろう。あるいは、そもそも
濤羅のことなど大して気にかけていなかったのかもしれない。皮肉ではあるが、ルイズの
安全を確実にしようとも思ったというのもありえることだ。
 とにかく、これでは戦力が足りぬと判断したアンリエッタは、王国に三つしかない魔法
衛士隊が一つ、グリフォン隊隊長のワルドをルイズらの元にやった。

「その挙句がこれか」

 呟いて、濤羅は己が乗る馬に目をやった。走る馬の呼吸は荒い。見てそれとわかるほど
の汗を首筋が流れ、瞳もわずかに血走っている。土の上を走っているにも関わらず、豪と
鳴る風音に混じって駆ける蹄の音すら耳に届く。このまま走らせ続ければ、そう遠くない
うちにこの馬は潰れてしまうだろう。
 これが半刻ほど前に駅で交換したばかりの馬の姿だと誰が想像できよう。愚行といえば、
あまりに愚行だった。どれだけ急ごうと、馬を乗り潰してしまっては、結局困るのは自分
なのだ。余計に時間がかかるだけでなく、体力までも無駄に消耗してしまう。潰れずとも、
強行軍は人馬ともに負担が大きい。余程のことがなければ、馬鹿でもない限りこのような
真似はしない。そう、余程のことがなければ。
 その原因——凄まじい速度で空を翔るグリフォンを、濤羅は見上げた。ふわりと、桃色
がかったブロンドが風に巻かれるのが見て取れる。こちらを見下ろしたのだろうか。判断
する前に騎手のワルドは彼女を胸にかき抱き、再び濤羅らから見えないように押し隠した。
 いや——揺れる騎乗で濤羅は頭を振った。隠す意味などない。ただ落ちないように気を
使っただけだろう。言い聞かせて、濤羅は緩んでいた手綱を握りなおした。
 慣れぬ乗馬だ。内巧の応用で馬の動きをある程度読み取り、何とか人並みにこなしては
いるが、急ぎともなれば、気を抜いている余裕などない。

「ふ、ふう。さすがグリフォン隊、隊長。とん、でも、ない速度、だ」

 同じように馬に乗っているギーシュという少年が、息を切らしながら濤羅に語りかける。
いや、語りかけるというよりは、置き去りにされるかもしれぬという恐怖をどうにかして
紛らわそうとしただけだろう。
 そこまでわかっていながらも、濤羅は年若い少年の不安をあえて無視した。そのような
義理もなければ、濤羅自身、同じような危惧を抱いていたからだ。抑えきれぬ黒い感情が
澱のように心に奥底に溜まっていく。

 ワルドは、どこかかつての義兄に似てるのだ。

 何が、というわけではない。体力と筋骨を鍛えた職業軍人と、呼吸や内臓などを鍛えた
内家拳法とでは、体格も所作も似ているところは何一つない。顔のつくりなど、西洋人と
東洋人という大きな隔たりすらあった。
 だというの、あのルイズに向ける優しげな笑み。それがなぜだか豪軍を連想させた。
 その理由を、濤羅は理解することができなかった。そも、彼は豪軍がなぜ彼を裏切った
のかも、妹が自分に懸想をしていたことにも気付けなかった暗愚だ。わかるはずもない。
 それでも、思考だけは別だった。揺れる馬上で、その疑問だけが頭をついて離れない。
 なぜ、彼の笑みを豪軍に似てると思ったのか——思考は、飛来する銀の光によって遮ら
れた。それが先の森から放たれた矢だと濤羅が気付いたのは、背に負う倭刀を鞘から抜き
払い、斬り捨てた後のことだった。

「止まれ!」

 背後に控えるギーシュに濤羅は叫んだ。言った彼自身は馬を止めようとしていない。今
この場で止めてしまえば、未だ襲撃に気付いていないギーシュの身が危険だからだった。
 無言のままに、身に迫る矢をもう一度斬り捨てる。
 気付いたころには数十メートルもあった距離が、早馬のせいで既に十数メートルにまで
迫っていた。弓ならばいいが、魔法を使われたら濤羅では対処できない。我が身だけなら
ともかく、馬までは守りきれないだろう。そして足がなくなればそれで終わりだ。
 焦りが、濤羅の胸を焼いた。ギーシュを見捨てて止まろうにも、あまりに距離が近づき
すぎた。
 その内心をあざ笑ってだろうか。敵は火炎瓶を投げてきた。距離を近づけさせぬために
いくらか濤羅たちの手前で破裂したそれは、道に赤い炎を撒き散らした。

「くっ」

「あわわわっ」

 動揺する馬を、二人して必死になって宥めさせる。嘶き、暴れる馬の背で、濤羅は冷や
汗を浮かべながら臍をかんだ。随分と手馴れている。なら次の手は簡単に想像できた。
 足を止めた二人に、とどめの矢を射掛けるのだ。この勢いのまま落馬すれば、あるいは
それだけで命を落とすかもしれない。
 馬を諦めるべきか。
 首筋に走る殺気を感じ、ついに濤羅が馬から飛び降りようとした時だった。その視界に
影が差す。一拍遅れて、上空から吹き降りた強い風が、地面の油で燃える炎を掻き消し、
降り注いだ炎が男たちの身を燃やす。
 舞い上がる砂と熱気に目を細め、見上げた濤羅が見たのは——

「剣は上手くても乗馬は苦手なようね、ミスタ」

「条件が悪い」

 彼らの行く先を知らぬはずのキュルケとタバサ、そしてその二人を背に乗せた風竜の
シルフィードの姿だった。


II/

 その夜、ルイズはいつものように不機嫌だった。極秘任務だったはずなのに、あの憎き
ツェルプストーの女とその友人が勝手に着いてきてしまったからだ。そして彼女らをさも
当然のように受け入れている濤羅にも腹が立つ。まして、彼女らのほうが——ありえない
ことだが——自分よりも濤羅と打ち解けているように見えるなど。
 もはや、懐かしの、そして憧れだった婚約者との出会いの喜びはとうに消えうせていた。

「おやおや、どうしたんだい、僕の可愛いルイズ。怒ってる顔もチャーミングだが、君に
似合うのはやはり笑顔だ。僕のために笑っておくれ」

 心をくすぐる甘い言葉は、確かに男に慣れぬルイズには刺激が強い。常ならば、顔を赤
らめ恥じ入ってることだろう。ワルドからというのも大きい。しかし、それを許さぬのが
眼前の光景だった。
 キュルケと濤羅の距離がずいぶんと近い。彼女にしては珍しいことにボディータッチの
類をしていないのだが、いつされたっておかしくないはずだ。気に食わない。
 タバサはキュルケの隣で黙々と料理を食べながらも、時折濤羅の手元に料理を手ずから
運んでいた。濤羅からは手を伸ばしにくい皿から取っているのだが、普通、貴族が平民に
わざわざ労力を割くものだろうか。濤羅とはまた別種の無表情が邪魔をして、その意図は
いまいち読み取れない。気に食わない。
 そしてギーシュは……一人酔っている。気に食わない。
 ワルドと二人きりになったようなテーブルで——その方が嬉しい筈なのに——ルイズは
人知れず小さな拳を握り締めた。

「ちょっと、タオローは私の使い魔よ!」

 やおら立ち上がるルイズ。折り悪く、その肩を抱こうとしていたワルドは、空を切った
手を所在なさげに振りながら苦笑した。

「ルイズ、食事ぐらい好きにさせたらいいじゃないか。彼だって人間なんだ」

「でもおかしいわ。私の使い魔なんだから、本当だったら私の隣に座ってるべきなのに、
タオローの隣にいるのはツェルプストーじゃない。逆隣にいるのはギーシュはいいとして、
色狂いツェルプストーが私の使い魔の側にいるなんて! 大体、使い魔が主から一番遠い
席に座るなんてどうかしてるわ!」

 こちらを見上げる濤羅を、力を込めて睨み付ける。細いというよりもただ単純に険しい
だけのその瞳は、ランプの炎に照らされて、刀剣さながらの鋭さを湛えている。
 妖しく揺れるその光にルイズが一瞬飲まれそうになったとき、唐突に瞳の中の炎は消え
た。濤羅がまぶたを閉じたのだ。
 動悸が激しい。高く胸を打つ鼓動を服の上から押さえ、ルイズは知らぬ間に止めていた
息をゆっくりと吐き出した。落ち着きを取り戻そうと瞑目する。一度息を吸い、肺の中で
遊ばせた後、膨らんだ肺を萎ませる。
 そうしてルイズが再び目を見開いたときには、濤羅もまた同じように目を開けていた。
ルイズが落ち着いたからだろうか。幾分その鋭さは消えて見える。錯覚でなければ、一瞬
笑みを浮かべたのかもしれない。
 目を白黒させるルイズを尻目に、言葉もなく濤羅は立ち上がった。一歩二歩とルイズに
近づくと、そこで歩みを止める。

「すまない、席を替わってもらえないか」

「わかった」

 眼鏡をかけた小柄な少女——タバサとの席の交代はあっさりとしたものだった。誰もが
何も言えぬまま、二人は席だけを替えると、そのまま何事もなかったかのように食事へと
取り掛かる。

「……座らないのか?」

 見上げる従者の視線には色はなく、純粋に本心から尋ねていることがわかる。
 素直に言うことを聞いた使い魔を褒めればいいのか。それとも、馬鹿にされたと思って
怒ればいいのか。あるいは、使い魔が隣にいることを子供のように喜べばいいのか。
 胸の内の感情を持て余して、ルイズは荒々しい音を立てながら座り直した。それだけが
彼女にできる精一杯の抵抗だった。

「やれやれ、僕のお姫様はずいぶんと欲張りさんだ。婚約者と使い魔、両方隣にいないと
気が済まないなんてね」

 その言葉に、キュルケとギーシュが相好を崩す。タバサは変わらずサラダを食べている。
そして言ったワルドの瞳もまた、決して笑ってはいなかった。


III/

 貴族の子女らが泊まるだけあって、その宿の造りはずいぶんとしっかりしていた。床は
きしまず、壁の塗装がはげているところも欠けているところもない。廊下に灯されていた
ランプも、油がいいのだろう。赤く綺麗に揺れていた。
 その中を、濤羅はギーシュに肩を貸しながら歩いていた。泥酔しており、その足取りは
支えらながらもずいぶんと危うい。時折思い出したかのように腕を振り回しながらわけの
わからぬことを口わめいては、吐き気を覚えて口を押さえている。
 実のところ、濤羅が見る限りギーシュはそれほどワインを飲んでいなかった。あれだけ
早馬で駆けた後に酒を飲めば、疲れも相まってずいぶんを回りは速いだろう。だが、真実
ギーシュをこうまで酔わせているのは、任務についているという高揚感と——それ以上の
恐怖だった。
 他の皆が部屋に行こうとしても、彼は進んで部屋に行こうとはしなかった。楽しく華や
いだ食事の席で、酒を一緒に飲もうと笑っていた。呆れた視線で見られようと、彼女らが
席を離れた後ですら、彼は酒を手放そうとしなかった。
 その気持ちが、凶手に身をやつしていた濤羅にはよくわかった。彼がアンリエッタ姫に
寄せる心酔は本物だろう。あるいは、麻薬を用いずとも天にも昇る気持ちだったかもしれ
ない。だが、薬はいつか切れる。恐怖に耐え切れずにその気持ちが切れようと、誰が責め
られよう。
 ワルドの実力の一端を目の当たりにして任務の困難さを思い知ったギーシュが酒に逃げ
ようとしたのは、不自然でもなんでもなかった。
 それでも、ギーシュは泣き言一ついわなかったのだ。不安を誰にも告げず、胸の内に
のみ留めたその勇気は、確かに彼が貴族の一員だと証明しているのだ。

「ぼかぁ、やるろぉ! 父上と兄上の、そしてグラモン家の御名を汚さぬよう、立派に
姫でもがぁっ」

 まだ、そのひよっこ。それも殻のついたくちばしの黄色い雛にしか過ぎぬが。
 危うく大声で密命を叫びそうになった、そして今も叫び続けるギーシュの口を押さえて、
濤羅は辿り着いた部屋の前でどう扉を開ければいいのか、一人途方にくれていた。


IV/

 己の体がまるで別の誰かのものになったかのような感覚。その違和感を押さえ、濤羅は
血振るいでもするかのように倭刀を一閃させた。相変わらず鋭い。その剣先は唯人ならば、
例え五間、いや十間離れていたとしても、目視することすら適わぬだろう。
 だが、それほどの速さを発揮していながら、濤羅の心は夜の帳が落ちたように暗く塞ぎ
こんでいた。
 ただの速さなど、遅きを以って速きを制す戴天流には無用の長物。ならば、この剣に誇
るべきものがどこにあろうか。
 濤羅は硬く倭刀の柄を握り締めた。その左手には光り輝くルーンが見える。

「流石だね、ガンダールヴ。伝説の名に相応しい」

 離れた場所からワルドが、朗らかに、ある種悠長とも言える口調で濤羅に語りかける。
 何も知らぬ濤羅にその伝説を教えたのは彼だった。あらゆる武器を使いこなしたという
過去にしか存在しない伝説の使い魔、ガンダールヴ。それが濤羅だと、ワルドはその口で
告げたのだ。
 そして、その力を試したいといったのも彼だった。濤羅とて唯の力比べには興味がない。
だが、あらゆる武器を使いこなす、その言葉だけは捨て置けなかった。
 濤羅は今でも身につけた戴天流剣法を捨てられない。剣を捨てたら、濤羅には脆弱な心
しか残されない。だから必死に、彼はかつての縁(よすが)にすがっているのだ。
 故に今、濤羅はここにいる。かつて錬兵場だったこの広場に。
 そして濤羅は己の剣にすら裏切られた。
 左手から全身に広がる力は、傷ついた濤羅の体を癒したかと錯覚させるほど高揚感すら
もたらした。その力に従い、いつものように刀を振るおうとして——失敗した。
 意を殺せぬのだ。己の意思とはまた違うところで剣が振るわれるのは変わらない。だが、
一刀如意の境地からは程遠い。無我でも殺我でもない。ただ我を奪われた。
 あまりに無様な剣だった。
 確かに剣速は増しただろう。内傷で動きの鈍った濤羅とでは比べ物にならぬ。あるいは
五体満足だったころよりも純粋な速さでは勝っているかもしれない。だが、それだけだ。
 こんなものは、己の剣ではない——ワルドの賞賛は本心からのものだったろう。それが
余計に、濤羅の神経を逆なでする。

「……こんなものは児戯だ」

 猛る心を押し殺し、濤羅は息を吐き出した。熱い吐息だ。
 その意図が判ったわけではあるまい。だが、ワルドは浮かべていた微笑を消し、腰にか
けていた杖を抜き取った。レイピアをかたどったそれの柄で帽子を押し上げ、

「なるほど、流石は伝説。言うことが違う。それでは、それが虚勢でないかどうか、確か
めてみるとしよう。準備はいいだろう?」

 答えるように、身を引いた。片手に倭刀を突き出した半身の構え。刃を上に、明らかに
刺突を目的としている。
 折りしも二人の構えは類似していた。違う点があるとすれば、ワルドが順手なのに対し、
濤羅の握りは逆手に近いところか。その違いがどう出るのか。

「それでは、行くぞ」

 いらえも待たず、ワルドは疾走した。軽く重心を落としただけのその走りは、ただ早く
駆けることだけを目的としている。一撃で仕留めることに慣れているのだろう。ぶれない
重心。帽子で隠された視線。そこには隠し切れぬ経験のほどが見て取れた。
 そうして、誘いの一撃。速さに惑わされた間抜けでは、簡単に釣られてしまうだろう。
それを冷静に見越した濤羅は、続く本命の一撃を切り上げる倭刀で受け流しす。
 辺りに、鋼の打ち合う硬質な音が響き渡った。

「なっ!」

「む」

 驚きは双方。ワルドは自信を持った一撃が、さして力を込めたようには見えない一撃で
捌かれたことに。濤羅は、手に伝わった久しく覚えていない衝撃に。
 だが、驚愕に我を忘れるほど二人は甘くない。体に染み付いた経験がそれを許さない。
 受け流されたということは、力はいまだ残っている。勢いそのままに手首を返し、足を
狙ってきたワルドの一撃を、濤羅は一歩下がることで回避した。その捩れた力を活かし、
意趣返しのように同じくワルドの足元に倭刀が迫る。
 が、何を思ったか、仕留める絶好の機会を前にしておきながら、濤羅はやおら右前方、
ワルドの左側面へ跳躍した。距離にして3mは離れただろうか。

「よく、気が付いたね」

 微笑むワルドの視線の先には抉れた大地。濤羅が飛びのかなければ、それに巻き込まれ
ていたことだろう。

「見えぬ一撃だったはずだが……よほど勘がいいと見える」

 そう、ワルドは濤羅に近接戦を仕掛けておきながら、同時に呪文も唱えていたのだ。そ
れも視認すら難しい風の魔法。濤羅は知らぬが、それはエア・ハンマーという魔法だった。
無防備なところに食らえば、訓練を受けた軍人ですら容易く昏倒する。
 それを回避せしめたのは、内功を積み重ねた濤羅ならではだ。虚実入り混じる実戦の中、
正しく意の込められた攻撃を察知する。
 例え体が我が物ならずとも、この程度ならば回避は容易い。
 事実、すんでのところで倒されかけたというのに、濤羅の顔に焦りはない。
 内家の戦いは濁流を泳ぐようなもの。流れに乗れば制するし、飲まれれば溺れて果てる。
 なればこのような紙一重の攻防は、濤羅には慣れ親しんだものだ。恐怖もない。
 逆に余裕がなくなったのは、ワルドのほうだった。得も知れぬ動きでワルドを惑わし、
避わせぬと思った一撃を容易く凌がれた。
 内家との立会いなど経験のないワルドの心に、敗北の文字が浮かぶ。

「仕留めたと思ったんだがね」

 だが、未知ならば既知にしてしまえばいい。斬り結ぶのはまずいと冷静に判断し距離を
とったワルドが再びルーンを唱える。選んだ呪文はエア・カッター。同じく目に見えぬ風
の刃が連なって濤羅を襲う。

「さあ、どうする、ガンダールヴ!」

 瞬きひとつ許さぬとワルドはつぶさに濤羅の動きに注目した。そしてすぐに失望した。
濤羅はみじろき一つ見せていなかったのだ。魔法を発したワルドには風の刃がどこにある
か手に取るようにわかる。その感覚が告げる。この刃は当たると。
 が、あとに残ったのは、初めと同じように半身になって倭刀を突き出す濤羅の姿。無論、
その身に傷一つ負っていない。
 今度こそ呆然と、ワルドは我を忘れた。いつ、どのように動いたのかすらわからない。
それだけならともかく、当たると確信を持った風の刃をどのようにすり抜けたのか。それ
こそ魔法でも使わなければありえない。いや、魔法を使ったとしてもありえない。

「これで、どうだっ!!」

 焦りのまま選んだ呪文は、既に避わされたはずのエア・ハンマー。今度こそ、今度こそ
濤羅の回避の種を明かしてやる。そう意気込んで放った呪文だったが——

「破っ!」

 裂帛の気合と共に振るわれた倭刀に、風の衝撃は両断された。後に残るのは髪を撫でる
微風のみ。これもやはり、ワルドの知る理ではありえぬ光景だった。

「は、はは」

 乾いた、それでいてぞっとするような笑みを漏らすと、ワルドは杖剣を収めた。そして
優雅に胸に手を当てると、どこか大迎な所作で濤羅に頭を下げる。

「これまでにしておこう。これ以上は……殺し合いになりそうだ」

 濤羅からは見えぬ角度でワルドが浮かべた表情は——


V/

 かつての錬兵場を後にした濤羅の心境は果てしなく暗い。
 戦いながら勁を練ることはできた。ワルドとの真剣さながらの試合の中、左手から体の
コントロールを奪い返し、気脈を通じる内家の法を取り戻したのだ。だが、それは綱、否、
か細い糸の上に成り立ったあまりにも不出来なものでしかない。濤羅が全盛であった頃の
七割にも満たないだろう。
 確かに死に瀕した今の濤羅が十全の力を発揮するのは難しい。それがわかっていてなお、
濤羅はこの左手が煩わしくてたまらない。いっそ切り落としてしまいたいほどに。
 忘れたはずの悔恨が胸を焼き——そして周りに誰の気配もないことを悟ると、その激情
を吐き出すように咳き込んだ。血とは思えぬ程どす黒く変色した吐血の飛沫が地面を汚す。
膝を負った濤羅の体が細かく揺れ、力なく抜け落ちた倭刀が地面とぶつかり、乾いた音を
響かせるが、その音が濤羅に届くことはない。濤羅が聞こえるのは、轟々と耳元を流れる
血液と、罅割れた笛のような呼吸の音のみ。
 臓物を内から裂かれるような激痛に耐えながら、その乱れた血流と呼吸を必死になって
調息で整える。血に濡れた己が手を胡乱に見つめながら、濤羅は思う。
 もう死んでしまってもかまわないのではないか。
 そんな迂闊な思いを抱いてしまったせいか、濤羅の呼吸に致命的なまでの乱れが生じる。
致命的なまでの乱れが。そう、綱渡りを言うのであれば、彼の生の方がよほど危うい。
 死に傾いた濤羅の心ではバランスを取り直す暇もあらず意識を失い——

 玲々たる玉の音が濤羅の耳に届いた。

 霧がかかったかのように茫洋としていた濤羅の意識が、正しく正常を取り戻す。決して
覚めやらぬ眠りを打ち消すかのように鳴り響いた鈴の音の出所は濤羅の胸の中。
 服の上からそっと撫でれば、固い円環の縁取りが指先に伝わる。我知らず、濤羅はその
感触を確かめるようにその縁取りをなぞっていた。何度も、何度も。
 気付けば、内傷の痛みは治まっていた。濤羅が身に修めた呼吸法は、既に意識の埒外に
すらある。呆けているうちに、体のほうが自然とその呼吸を始めていたのだ。
 だが、真実濤羅の命を救ったのは、内家の呼吸法でも、それを無意識の内に可能にする
ほど積み重ねてきた修練でもない。
 懐にある銀の腕輪。安物でしかないそれが、濤羅の命を、心を救ったのだ。

 瑞麗——その名を呼ぶ。声に出して呼ぶほどに強くはない。ただ喉だけを震わせて——

 先ほどとはまた違う胸の奥の痛みを持て余して、濤羅は深く息を吐いた。こうしてただ
座っているだけでは、心に澱のようなものが溜まる一方だ。
 横目で周囲を見渡し傍らに落ちた倭刀を視界に納めると、濤羅は柄ではなく鞘を握って
立ち上がった。幸い、刀身に直接繋がらぬところを持てば紋章の効果が表れないことは、
広場からこの宿の死角に来るまでに実証済みだった。
 壁にもたれかかると、残る片手で顔を覆う。いくら内家剣法とはいえ、兇刃を振るい続
けた濤羅の掌は硬い。
 ましてその手は『紫電掌』
 いくつもの命を奪った悔恨と罪悪、その重さを寄る辺にして、濤羅は己の感情を沈めた。
それ以外に、心を落ち着かせる術を今の濤羅は持ち合わせてしなかった。

 だから濤羅は気付かない。己を罪人と断じるその姿勢が、ただの逃げでしかないことに。
 罪には罰を。では、罰を与えるのは誰なのか。罪人が自分で罰を与えたところで、その
罪は本当に償えるのか。
 今の濤羅は、罪の在処に逃げ込み、下される罰を避けているだけだ。
 そうして己を軽んじ、断罪すればするほど、刃が欠けるようにきっと何かが毀れてく。
その果てにいつかは折れてしまうだろう。
 今一度、焼いて刃を鍛えなおさぬ限り。


VI/

 眠れぬ夜を過ごしたはずが、起きてみれば太陽は既にずいぶんと高くあった。ワルドの
グリフォンにただ乗っていただけとはいえ、それが半日以上ともなればそれなりに疲れも
溜まる。とはいえ、それで寝過ごしていては話にならない。いくらアルビオンへの出立が
明日であろうと、ルイズは姫殿下の密命を帯びた身なのだ。

「まったく、情けない」

 額に手を当て呻く。それで気分が楽になるということはないが、少なくとも、気を引き
締めるのには役立った。
 よし、と気合を入れて宿の廊下を歩く。行き先は特に決まってはいない。明日まで特に
することがあるわけでもなく、同室にいたはずのワルドもいない。これが学院ならば机に
でも向かっていただろうが、生憎と勉強用具など持ってきているはずもなく、街を歩こう
にも任を帯びた身であり、知っている街でもない。
 要は暇なのだ。

「まったく、こういうときこそ使い魔の出番でしょうに」

 一人小さく呟く。と、そこでようやく目的らしきものが見えてきた。

「そうよ、タオロー。あいつを探しましょう。目を離してると何するかわからないし」

 この世界を何も知らない、というだけではなく、昨日のキュルケやタバサとの親しげな
様子を思い出して、ルイズはその足を速めた。

 幸い、目当ての人物はそう遠くないうちに見つかった。宿の壁にもたれ、その手で顔を
覆っている。額を強く押し付け、そのまま握り潰してしまいそう。
 放っておいたら、ルイズが知るタオローはこのまま消えてしまうのではないか。そんな
思いがルイズの胸をよぎる。
 ただでさえ危うい彼の命。だが、もっと危うい何かがある。
 だから、

「タオロー、買い物に行くわよ、ついてきなさいっ」

 任務も予定も、見知らぬ土地ということも忘れ、ルイズはタオローに告げていた。


VI/

 つい最近、似たようなことがあったばかりのような気がする。ルイズに無理やり市街に
連れ出された濤羅はどこか既視感を覚えると、そのまま青い空を見上げた。これもまた、
同じ反応をした気がする。
 いつのことだったろうか。ハルケギニアに来てからの濤羅の記憶は少ない。思い返せば、
すぐに見当がついた。ルイズに贈るプレゼントを買いにいったときだ。その彼女と、違う
街とはいえ、こうして一緒に買い物をしている。それがどうにも皮肉のように思われて、
濤羅は口中で舌打ちを一つ零した。

「ちょっと、タオロー、何ぼおっとしてるの」

 その濤羅へ、何も知らぬ主が呼びかける。そう、何も知らぬのだ。濤羅の心の弱さも。
それ故に引き起こされた悲劇も。濤羅が積み重ねてきた罪過も。
 だから、濤羅から剣を奪ったことも、彼女が知ろうはずもない。
 わずかな怒りが、濤羅の胸を焦がす。濤羅に残された最後の縁(よすが)すら彼女は
奪ったのだ。それならば、いっそあのまま死に任せてくれたらよかったのに。
 握り締めた拳。だが、それを振り下ろすどころか、振り上げることすらできず、濤羅は
一人自嘲した。
 それでも、やはりルイズは見捨てられぬのだ。彼女のころころと変わる表情を見ている
だけで、心の水位がわずかに上がる。
 怒りと安らぎ、相反する二つの感情が同時に濤羅の心に押し寄せる。それを持て余して、
濤羅は憮然とルイズから視線を逸らした。その代わりに、彼女の元へ歩み寄る。

「はあ」

 その濤羅の耳に届いたのは、ルイズの溜息だ。さもありなん。呼んだ従者が目すらあわ
さぬともあれば、気分の一つも害すだろう。
 それがわかっていてなお、濤羅は己の振る舞いを正す気にはなれなかった。叱責の一つ
や二つであれば、そちらのほうがよほど気が楽だ。むしろ望んでいてすらいた。
 だから、ルイズが寂しげな声を漏らすなど、濤羅の考慮の外だった。

「……私と一緒にいるの、そんなにつまらない?」

「な」

 にを、と続きの言葉はいえなかった。驚愕のあまり戻した視線の先には、肩を落とし、
今にも震える瞳でこちらを見上げるルイズがいた。
 そこには契約を結んだときのように胸を張った誇り高き貴族の姿も、思春期特有の勝手
気ままな少女の姿もない。
 ただ弱々しい、一人の小さな少女がいるだけだ。

「だって、ツェルプストーやタバサと一緒にいるときのほうが……楽しそう」

 ああ、と濤羅は昔に思いをはせた。かつて、妹も似たようなことで機嫌を損ねたことが
あった。豪軍と共に技を競い合うのに夢中になって、彼女を省みるのを忘れたのだ。今の
ルイズの表情は、きっと瑞麗が浮かべていたそれとよく似ている。

 そのときは確か――

 過去に倣って、濤羅はその手をそっと差し伸ばした。一瞬躊躇いがちに中をさまよい、
しかし、小さなルイズを放っておけず、その無骨な手で髪を梳くように頭を撫でた。微か
に癖のある柔らかな髪が指先の間を擦り抜けていく。
 目を瞬かせているルイズをできるだけ見ないようにしてそれを繰り返しながら、濤羅は
一度この子の髪を結ってみるのもいいかもしれない。そんな風に考えていた。
 だからかもしれない。深い考えもなく彼女を慰めようと告げた言葉がどれほど致命的か、
濤羅は気付くこともなかった。

「彼女たちには、ただ一緒に贈り物を選んでもらっただけだ」

「え?」

 驚きと、そしてわずかな喜びに身を固めていたルイズの眦が、それを聞いた途端、急に
険しくなった。そこでようやく濤羅は思い出していた。
 ルイズは、濤羅がキュルケらと街に行ったことなど聞いていない。告げるなと、キュル
ケ自身、そうアドバイスしていたのだ。郷愁が懐くあまり、それを失念してしまった。
 後悔が胸をよぎるが、今更遅い。言い繕おうにも、濤羅は口下手だ。言い訳など思いつ
くはずもない。

「それ、どういうことかしら。私、初耳なんですけど」

 確かに暗い空気は吹き飛んだ。しかし、この目の前の怒りに打ち震える主をどう宥めた
ものか。思案に暮れながら、濤羅はつい天を仰ぎ見た。
 空は変わらず、ずいぶんと青い。
 ルイズの怒りを冷め遣らすための時間は、まだまだたっぷりありそうだった。


VII/

 結局、日が傾き始めるまで、ルイズは濤羅を開放しなかった。自分が知らぬ間に濤羅が
キュルケたちと買い物に行ったのがよほど気に入らなかったらしい。その上、あのクック
ベリーパイが彼女らの助言によるものだというのだから、その怒りもひとしおだ。そして
何より、ギーシュと同様、重要な任務についているというストレスが彼女を苛んでいたの
だろう。
 それがわかっているから、濤羅としても早く宿に帰るべきだとなかなか強く出られなか
った。
 幸い、襲われるようなことはなかったし、こうして帰る道すがら話すルイズの表情は、
随分と明るいものになっている。ほんの一時でも彼女が任務の重圧を忘れられたならば、
それは濤羅にとって望外の喜びだ。多少の不都合はかまわない。
 それに、そう悪いことばかりではない。街を歩けば、アルビオンへの港町ということも
あって、道を歩く人々が口にする噂、店を構える商人がこぼす愚痴、そんなものからでも、
いくらか情報を集められた。
 高騰する商品。近頃よく現れるという海賊。悪化する治安。街を訪れ、去っていく傭兵
たち。虚無を操るという貴族派の首魁。
 結局はアンリエッタ姫の手紙を返して貰うえば帰るだけの濤羅らには、重要であろうと
大して関係ない話ばかりだったが、それでも役に立つものはあった。
 ルイズらが泊まる「女神の杵」からかなり離れたところに位置する――それほど格が落
ちるのだ――「金の酒樽亭」という宿というよりも酒場に近い、そんなうらびれた旅籠に
たむろしていた傭兵らが、近頃二人組みのメイジに雇われ姿を消したというのだ。
 彼らは、元は王党派に組していた傭兵らしい。雇い主の敗北が決定的になった折、その
まま逃げ帰ってきたらしい。そんな彼らを、誰が雇うというのか。
 そのメイジが貴族派だというのなら、いささか腑に落ちない。勝利が確実だというのな
ら、わざわざ金を払ってまで彼らを雇い入れる必要はない。裏切り者とあればなおさらだ。
 だが、濤羅の脳裏には、ラ・ローシェルに来る前に襲ってきた盗賊の姿が蘇っていた。
 あくまで推測でしかない。だが、都合がよすぎるのだ。密命を帯びたとはいえ、他国の
大使を襲わせるには、いつでも切り捨てられる彼らはこの上なく相応しい。
 仕事を終えたばかりで懐が暖かい傭兵を雇うには、それなりの報酬を用意したはずだ。
でなければ彼らは動かない。それも、使い捨てる予定だからではないのか。そして二人が
そんな大金を用意できたのも、大きな後ろ盾があるからではないのか。
 盗賊と傭兵。どちらも似たようなものだ。流石にすぐに結びつけるのは早計というもの
だが、警戒して損はない。
 宿に戻ったら、ワルドに相談を――そう思ったところで、言い知れぬ悪寒を感じた濤羅
は胸元を撫で付けた。その軌跡はマカオで豪軍に斬りつけられた傷跡をなぞっていた。

「何を、馬鹿な」

 ワルドが豪軍に似ている。そう思ったのは何も根拠あってのものではない。安全を思う
なら、今日得た情報は、彼と共有し対策を考えておくべきだ。

「え、何か言った?」

 三歩先を行くルイズが、振り返りざま問いかける。
 彼女は何も知らない。濤羅と同じ話を聞いても、裏の世界から縁遠い彼女は同じ結論に
届かない。濤羅が告げぬ限り、気付くことはない。
 だから、知られてはならない。せっかく気分が軽くなったというのに、わざわざ重たい
話題を提供してどうするというのか。ましてこれはあくまで濤羅の想像でしかない。
 だから、知られてはならない。濤羅がワルドに不審を抱いていることなど、その婚約者
の彼女には決して知られてはならないのだ。

「いや、何も。それよりも早く戻ろう。みんなが待っている」

 だから、濤羅はただ首を振ってその内心を隠すことしかできない。震える声を押し隠す
のに必死で表情も硬いものだったが、もとより鉄面皮だったのが功を奏し、ルイズは何も
気付かない。だが、なぜだろうか。ルイズは拗ねたように目を眇めている。

「そう、そんなにあの子達のことが気になるんだ」

 唇を尖らせたルイズを見て、濤羅は慌ててわずかに動揺の気配を漏らした。

「でも、確かにそうね。ワルドも怒ってるかもしれないし、急ぎましょう」

 それが満更でもなかったらしい。一転して破願させると、言うなりルイズは駆け出して
いた。慌てて濤羅がそれに続く。
 走りながら濤羅は思う。救いなどありはしない。罪人の自分に、そんなものは相応しく
ない。だが、それでも願う。どうか彼女から笑顔だけは奪わないでくれと。


VIII/


 その日の晩は、明日アルビオンに出立することもあって随分と豪勢な食事が振舞われた。
事情を知らぬキュルケやタバサも察しているのだろう。特に問い詰めることもせず、素直
に宴を楽しんでいた。あのワルドですら、酒の勢いも手伝って上機嫌な風だった。
 楽しんでいないのは、唯一濤羅だけだ。酒も飲まず出された食事にも大して箸をつけず。
主のルイズは愛想がないことはいつものことだと早々に判断し、キュルケやタバサも既に
彼の食事を見たことがあるので気にとめない。大人のワルドは楽しみ方は人それぞれだと
特には触れず……ただ、ギーシュだけがそれを不満に思っていた。

「どうしたんだい、使い魔くん。全然楽しんでないじゃないか」

 飲んだ酒の量はやはり大したことはないのだが、ついにアルビオンが目前になった今、
緊張で酔いの周りが早くなっている。昨夜と同じように随分と酔いが回っていた。
 格が違うワルドには絡めない。かといって、一緒にいる女性らは粉をかけるには相手が
悪すぎる。この席でギーシュが共に酒を楽しめるのは――あるいは、酒に逃げられる――、
平民とはいえ濤羅だけなのだ。
 だが、すげなくその手を払いのけられたギーシュな悲しそうな表情を浮かべた。

「何をするんだ。寂しい男の独り者同士、酒を飲み交わそうじゃないかー。明日には死ぬ
かも、むぐぐ」

 相変わらず軽いギーシュの口を表情一つ変えることなく濤羅は塞いだ。貴族相手にする
行動ではないのだが、咎める者は誰もいなかった。口を塞がれたギーシュ本人を除いて。
 ふがふがと、漏れる呼気が濤羅の指先に伝わる。こう慌てている内は手を離せない。怒
りに任せて何か重要なことを叫ぶ恐れもある。
 ふう、と濤羅が呆れ混じりの息を吐こうとしたときだった。首筋を撫でるような、例え
洋のない不思議な感覚が走った。
 石造りの厚い壁を見る。どこも変わったところはない。石は石のままだ。だが、濤羅が
見ていたのは、さらにその奥、石壁の向こうだった。
 幾度となく濤羅の身を救った剣士としての、あるいは凶手としての勘。それは確かに、
幾重にも鋼を重ねたような殺意を感じ取っていた。
 宿の外に、誰かいる。それも複数。背後にも感覚を伸ばしてみれば、逃げ道を塞ごうと
している者達の気配もあった。
 濤羅が放つ鋭い殺気に、まずギーシュが動きを止めた。そのあまりの硬さに、呼吸すら
忘れる。一度見たことがあるキュルケやタバサですら、わずかにその表情を硬くした。
 テーブルから声が消え、周りの喧騒だけがやけに響く。
 平静にしているワルドだけだった。ギーシュの口から手を離し、傍らに立てかけていた
刀へと持ち替えた濤羅の警戒の理由を問おうとして、しかし、その先をルイズは言った。

「何か、いるの」

 その声は震えていた。どうしようもないほど恐怖に震えていた。ルイズは、濤羅のこの
ような姿を見たことがない。争いから縁遠かった彼女にとっては、ただの殺気ですら荷が
重い。それが剣鬼たる濤羅のものであれば、直接向けられたものでなくても震えがくる。
 それでも、主としての矜持でそれを押さえ、質すべきことを己の従者に問いかけた。
 その声に、タオローは鉄を連想させる硬さで頷いた。

「囲まれている。いや、囲まれようとしているといったほうが正しいか」

「……その根拠を、聞いてもいいかな?」

「気配だ。それも複数。十や二十は下らない」

「おいおい、僕は人数ではなく、根拠を聞いてるんだが」

 呆れたように、ワルドが肩を竦めた。しかし、その瞳は確かに鋭い。一挙手で杖を抜く、
それが可能な程度には、彼もまた警戒のほどを高めていた。

「ミスタが言うからには、何かあるんでしょう」

「実例もある」

 キュルケが胸から杖を取り出し、タバサも身の丈ほどのワンドを握り締めた。

「お、おい、まだ本当と決まったわけじゃ」

「それで、どうするのかしら。それだけの人数で囲まれたら、守りきれないわよ」

 ギーシュを遮りながら口を開いたルイズは、しかし、何を、とは言わなかった。店内を
めぐった視線だけで十分だった。関係のない彼らを巻き込みたくないと、彼女は心の中で
そう言ったのだ。
 彼らもまた貴族だ。魔法が使える彼らをそ知らぬ顔して巻き込んでしまえば、いくらか
力になるだろう。それでもルイズはそれを拒否した。あるいは、選択肢に浮かぶことすら
なかったかもしれない。
 妹のためにと、多くの無辜の人を巻き込んだ濤羅とはまるで正反対だ。
 こんな俺が、どうして彼女の使い魔に選ばれたのだ――怒りにも似た自嘲が濤羅の心に
重く圧し掛かる。だから、どうするべきかなど考えられるはずもなかった。視線が自分に
向けられていることにも気付かない。
 嘆息が、聞こえた。

「……このような任務では、半数でも目的地に着けば成功とされる」

 わずかな逡巡の気配を見せた後、ワルドが重々しく口を開く。その発言が意図するとこ
ろは明瞭だ。

「逃げろって言うの! 囮を置いて」

 弾けたようにルイズが叫んだ。突然の大声に周りのテーブルから好奇の視線が集まるが、
それに気も留めず、ルイズは真っ向からワルドの瞳を見据えている。

「これだけの人数でも守りきれないのよ。その半分じゃ……」

 無理やりにでも、ここの客を巻き込むしかない。ルイズはそれを許容できない。
 人知れず濤羅は後悔した。誰にも襲撃を告げなければ、もめることもなくこの場にいる
客を巻き込めたはずだ。
 そして、そんな汚いことを考える自分が許せなかった。誰にも何も言えず、ただ倭刀の
鞘を強く握り締める。
 眼前では、怒りで顔を紅潮させているルイズをワルドが宥めているところだった。

「ルイズ、誇り高い僕のルイズ。君の怒りはわかる。でも聞いてくれ。それ以外に方法は
ないんだ。そして、僕たちに失敗は許されない。それはわかるだろう」

「わかる、わかってるわよ、それぐらい。でも、でも――」

 俯き、目を逸らすルイズ。その姿はあまりにも小さくて、つい濤羅が手を伸ばしかけた
ときだった。顔が跳ね上がり、そしてその瞳には先ほどよりも強い意志の光が宿っていた。

「私は、貴族よ。
 魔法が使える者を貴族と呼ぶんじゃない。敵に背中を見せない者を、貴族というのよ」

 かぶりを振って、ルイズはワルドに向けていた硬い表情を捨てる。次に浮かんだのは、
柔らかな微笑だった。

「付け加えるなら、無関係な人を巻き込むような者も、貴族とは呼べないでしょうね」

 その一言で、方針が決定した。

「よく言った。ミス・ヴァリエール。何、心配することはない。僕のワルキューレにかか
れれば、たかが傭兵の二十ばかり、軽く片付けてやるさ」

「ふう、口だけは勇ましいんだから。これだからトリステインの貴族は戦に弱いのよ」

「でも、それに付き合うあなたもお人好し」

 誇らしげに胸を張るギーシュにキュルケは嘆息し、タバサは彼女が浮かべた笑顔を冷静
に指摘した。
 ワルドもここにいたって説得を諦めたのか、苛立ちと呆れ交じりに肩を竦めていた。

「やれやれ、仕方ない。それでは本格的に囲まれる前に打って出るか。
 さて、それでは作戦だが――」

 ワルドが朗々と説明しようとする。だが、それを待たず、濤羅は既に出口へと向かって
いた。その手に持つのは既に鞘から抜かれた抜き身の倭刀だ。

「お、おい、使い魔君!」

 目も綾な刃物の光に当てられ、俄かに騒然となる店内の中、慌ててワルドが手を伸ばす。
 それを肩越しに視野に入れると、濤羅はわずかに口角をあげた。
 ワルドの背後にいたルイズは、力強く頷いていた。血に汚れた己でも、彼女の誇りの助
けになる。ならばそれで十分だった。
 扉に手をかける。これから死地に飛び込むはずの濤羅。しかし、その挙手はどこまでも
しなやかで緩い。あるいは、いや、間違いなく、先ほどまでよりも纏う空気は柔らかだ。
 その軽やかさのまま、なんでもないといった風に濤羅は口を開く。

「俺が先陣を切る。奴らが混乱したところを狙え」

 それだけを告げ内息を整えると、濤羅は一気に宿の外に飛び出していった。


IX/

宿を出た抜き身の刀を持つ濤羅に、一瞬の間をおいていくつもの鋭い視線が突き刺さる。
 即座に相手が標的の一人だと見抜いたのだろう。それからの傭兵たちの行動は際立って
いた。すぐに己の獲物を持ち出した。
 高級街ということもあってか、通行人は姿はまるで見受けられない。この場にいるのは
敵ばかりだ。つまり、間違える心配はない。

「っふ」

 呼気とともに一閃。飛んできた矢の内、壁に突き刺さるものは体捌きでかわし、店内に
入る恐れがあったものを一つ残らず斬り払う。内功を繰れずともこの程度は容易い。
 地に落ちた矢のなれはてを見届けると、濤羅は一度納刀した。とたん、紋章が光を失い、
体中に満ちていた不思議な力が消える。代わりに内息が満ちてくる。
 戦いになれば邪魔になるだけの鞘をあえて持つ理由はこれだった。柄ではなく鞘ならば、
握っていても内功に支障はない。
 だが、そのような理由を傭兵らが知るはずもない。刀を納めた濤羅を諦めたものと見た
のだろう。一度は動揺していたというのに、今ではみな一様に笑みを浮かべ、矢を番える
者はその動作すら鈍かった。

 哀れなのは、己達だというのに。

 真正面からかかってくる男たちに向かって、濤羅は一直線に駆け出した。距離はおよそ
15メートル。詰めるまでに一度は、矢の襲撃があるだろう。だが、濤羅はそれを恐れない。
 いつ放たれるかわかる上に真っ直ぐにしか飛ばない矢など恐れる道理はどこにもない。
 数歩走ったところで遂に放たれる矢の意を感じた濤羅は、わずかに腰を落とすと、その
走りを軽功へと移し変えた。意に遅れて飛んできた矢がその緩急の差に追いつけるはずも
なく、虚しく濤羅がいた空だけを貫いてあらぬ方へと飛んでいった。
 その光景が信じられなかったのだろう。あるいは、見ることすら叶わなかった者もいた
かもしれない。傭兵たちは驚愕に一瞬身を固めた。そう、固めてしまった。眼前の傭兵も
例外ではない。懐に入られているというのに、まるで木偶のように立っている
 あまりにも致命的な隙。それを濤羅が見逃すはずもなかった。

「破っ!」

 金属板をつなぎ合わせただけの粗悪な鎧に身を包んだ男の腹部に、まるで初めからそう
あることが自然だったかのような滑らかさで、濤羅の掌打が深く突き刺さる。此度は手加
減が加えられていない、正真正銘の黒手烈震破。その一撃の前に、たかが鎧など役に立つ
はずもない。五臓六腑をことごとく破壊された傭兵は、痛みを感じるまでもなく絶命した。
 言葉もなく、口から血を零しながら崩れ落ちる傭兵。だが、それでもまだ、他の者達は
正気を取り戻さない。
 その隙、貰った――濤羅がそう思ったときには、体は既に動いていた。崩れ落ちる男の
体を利用して、別の傭兵の死角、背後へと回り込む。そのまま無防備に見せている背中に
肩口から靠を叩き込む。
 勁は、何も掌に限るものではない。達人ともなれば、全身の如何なる場所からも正しく
勁を発せられる。濤羅もその一人だ。それに打たれた男もまた、あっさりと絶命した。

「き、貴様ぁ!」

 ようやく我に返った男が、激昂しながらも剣を振り上げる。だが、その反撃は余りにも
遅きに失していた。
 ふわりと、身を翻した濤羅に従って身に纏った外套が浮かび上がる。それが男の眼前を
掠め過ぎ――その一瞬生まれた死角をついて繰り出された濤羅の踵が、布地もろとも男の
首筋を打ち抜いていた。
 長衣の裾を目眩ましに繰り出す、電光石火の後ろ回し蹴り。本来なら剣術に交えて使う
隠し技である、戴天流の臥龍尾である。
 隠し技と言っても、内力の込められた一撃だ。その衝撃は生半なものではない。それを
急所である首に受けた男が無事であるはずがない。
 瞬く間に三人をしとめた濤羅は、しかし、一息つく間もなく疾走した。未だ傭兵たちが
混乱の中にいる間に、可能な限りかずを減らさなければならない。
 一歩目の踏み切りは左前方。軽功に支えられた濤羅の体は、ただそれだけで建物の外壁
へと迫っていた。その勢いを殺すことなく真上に跳躍。慣性に従って迫り来るその壁を、
もう一度爪先で蹴りつけたときには、既に濤羅の体は屋上へと飛び出していた。
 見下ろす濤羅の視界には、弓矢を構えた二人の傭兵。濤羅の動きを追いきれなかったの
だろう。彼らは未だ先ほどまで濤羅がいた場所へと矢を向けていた。
 そのうちの一人に向かって、濤羅は宙空で身を捻りざま鞘から抜刀。まさか真上から、
それも斬撃が降ってくるとは思いもすまい。濤羅はあっさりとその首を掻き切った。その
落下する途中で体を戻す力を利用して残る一人の頚動脈も裂き――着地したときには既に
濤羅の剣は既にその鞘に収まっていた。
 悲鳴すらそこには残らない。だから、向かいの建物の上に位置するもう一人の射手も、
濤羅の次の行動に気付くことすらできなかった。

「疾!」

 足元に倒れ付す男の矢筒から引き抜いた矢を、濤羅は全身を捻りながらヒョウの要領で
投擲する。足裏はしかと地面を踏みしめ、足首から膝、膝から腰、腰から背中、背中から
腕へと正しく勁を伝えたのだ。その身から放たれた矢は剛弓のそれに勝るとも劣らない。

「ぐ、があ」

 その一矢に喉を射抜かれた傭兵の口から漏れたのは、悲鳴ではなく絶命の息吹だ。その
まま力なく体は傾ぐと、屋根上から地面へと落下してく。

「お、おい……あれ」

 ようやく濤羅の姿を認めた内の一人が、震える指先で屋根の上を指し示す。
 外套をはためかせながら、濤羅は悠然とその場に立っていた。今五人もの人間を屠った
というのに、その顔には何の感慨も浮かんでいない。
 背後に二つの月を従えるその様はもはや人のものではなかった。

「……ありゃなんだ、神代の怪物か?」

 冗談とも恐れとも知れぬその声を否定するものは、その場に誰もいなかった。


X/
 上と思えば下。下と思えば横。重力の頚木から外れたかのように駆ける濤羅を前にして、
空を飛ぶ術を持たぬ傭兵たちはなす術もなく一人、また一人と倒れていく。
 いや、例え彼らが空飛ぶ翼を持とうと変わりはあるまい。メイジでもない彼らに、空を
飛んだ経験などないのだから。
 まして彼らには油断があった。例えメイジ相手だろうとこの人数ならばと。その小さな
間隙を縫うのが内家の技だ。剣を握るのを抜き打ちの一瞬に限れば、濤羅は未だ達人だ。
 黒い影が通り過ぎるたび傭兵は糸の切れた人形のように崩れていく。だが、真に濤羅が
抜き出ているのは一撃で傭兵を倒すその技ではない。
 最も相手からの攻撃を受けず、かつこちらは最も攻撃に適した位置へ。瞬間の判断だけ
でその綱渡りのような所業をこなすその様は、それだけで絶技と呼べるほど。
 才能だけで届く境地ではない。積み重ねた功夫のみがそれを可能とする。そこはもはや
想像すら及ばぬ領域である。
 だが、濤羅の戦う様を見て、なおかつその修練の過激さを理解できないことを理解して
なお、タバサが胸に抱いたのは恐怖でも感歎でもなく、憐憫にも似た何かだった。
 一対多数という絶望的な状況をどれほど繰り返せばあの境地にたどり着けるのだろうか。
 そう、あれほど見事に磨き上げられた技を持ちながら、それが発揮されたのは卑しい暗
殺の場面だったのだ。
 実戦を知らぬ者にはわかるまい。経験豊富なだけでも駄目だろう。
 だがしかし、同じ暗がりに住むタバサにはわかる。あまつさえ、その先さえも。

「……あれは、死にたがりの戦い方」

 笑いと宣言とともに放ったキュルケの炎が――ラ・ローシェルは石の街だ。建物に燃え
移る恐れはほとんどない――暗い路地裏を照らしあげる。その明るい光に照らされてしか
し、タバサの瞳には翳りが差していた。赤い炎を映す眼鏡のその奥にあるのは、友達と共
にいる時には忘れられたはずの、復讐者の瞳だった。
 冷徹な思考に後押しされたタバサがルーンを唱える。ワンドから放たれた風の魔法が、
炎をいっそう猛らせる。明日に満月を控えた二つの月と燃え盛る炎に照らされたこの場は
一時だけ夜を忘れる。
 そう。この場にて夜の闇に包まれるのは、タバサの心ただ一つだけだった。

XI/

「なるほど。傭兵程度では彼に手出しはできないだろう。並みのメイジでも同様だ。
 囲まれていると言われたときは撤退も考えていたが。これなら確かに追い返せそうだ。
 いやしかし、名にし負う以上の手錬れだな、彼は。これは昼間の手合わせも加減された
と見るべきか。まさか剣もほとんど抜かずにここまでできるとは」

 周りに、そして自分に言い聞かせるようにワルドは呟いた。飄々とした口調だったが、
その中には隠し切れぬ激情が聞いて取れる。だが、体に染み付いた経験は、思考とは別に
ワルドにルーンを唱えさせていた。
 炎に焼かれまいと飛び出してきた傭兵にエア・ニードルが襲い掛かる。
 いくつもの苦悶の声が鳴り響く。傷を負ったとて意識がある者が大半なのだろう。だが、
そこから更に反撃を許すほどワルドの魔法は甘くない。もはや彼らは戦力の体をなさない。
 濤羅の必殺には劣るが、こと集団戦においてはワルドとて負けてはいなかった。戦場で
最も味方の足を引っ張るのは負傷兵だ。本来戦えるはずの人間の手までも煩わせる。
 まして彼らは魔法が使えぬ傭兵たち。撤退するにしろ、ゴーレムの力を借りることすら
できない。死者と、それに倍する負傷兵が増えるほど、自然、引く決断は早くなる。その
見極めができぬようでは傭兵失格だ。
 もはや趨勢は決した。あとは追い詰めすぎない程度に攻め続ければ、混乱を立て直して
撤退していくだろう。ならばドット一人とトライアングが二人いれば十二分に事足りる。
事実、もはや多くの傭兵たちは及び腰だ。逃げ出す者も少なくない。
 更に数度エア・ニードルと唱えると、これ以上の精神力の浪費はまずいと判断し、周り
を警戒しながらもワルドは構えていた杖を下ろした。これから先の困難を思い空を仰ぐ。
 その折、今まさに空を駆けていく濤羅の姿を認めた。
 吹き荒れる風、巻き起こる爆発。それらを受けて、濤羅の疾走はさらなる飛翔へ。未だ
戦意のある傭兵たちを、まるで花を手折るかのような手早さで打ち据えていく。
 はためく外套は彼の翼か。ワルドをしてそう夢想させるほど、濤羅の動きは彼の理解を
超えていた。震えが沸き起こるほどの渇望が胸の内をついて出る。

 ――欲しい。

 さらに新たな巨大な人影が現れたことにも気付かぬほど、ワルドの視線は熱く濤羅に注
がれたままだった。


XII/

 振り下ろされる巨大な岩の拳を、濤羅は慌てるまでもなく飛びのいて避けた。更にもう
一歩距離をとったところで、辺り一帯に轟音が響いた。距離をとった濤羅すら、わずかに
肌を振るわせる。
 見れば、ただの一撃で足場にしていた建物の屋根は跡形もなく消し飛んでいた。
 アサルトギアの装甲にすら通用する二十ミリ携行レールガンに匹敵する破壊力だ。幸い
にして屋根跡から覗く限り住人はいなかったが、いたとすれば確実に命はなかったろう。
 だが、それを前にして濤羅が注視したのは破壊を巻き起こした巨大な岩人形ではなく、
その肩に座った人影にである。月の光に照らされて、朧な輪郭に確かな影が与えられる。
 名は知らない。聞いたことがあるかもしれないが、濤羅は覚えていなかった。ただ敵と
してのみ、その顔を覚えている。

「フーケ!」

 その名を補うように叫んだのはルイズだった。更に離れた位置にいるルイズでは、その
顔を見ることは適わない。だが、それでも彼女には悔いがあった。彼女を一度捕まえた時、
自分は何もできなかったという悔いが。
 夢に見るほどに強く思っていたルイズが、たかが顔の一つ程度で判断を誤るはずもない。

「へえ、覚えていてくれたのね」

 風に靡く後ろ髪を手で押さえながら、人影――フーケは嬉しそうに言った。ただし、目
だけが笑っていない。鋭く尖らせた瞳はただ濤羅のみに7注がれていた。
 言葉もなく視線が交わされる。
 フーケは百万言弄しても恨みが晴れることはなく。濤羅はかける言葉など何一つない。
 だから、その沈黙を破ったのはまたしてもルイズだった。

「何で貴女がここにいるのよ。牢屋にいるはずでしょう!!」

 理解できぬと首を振り、魔法を使えぬのに杖を突きつける。目を見開き、唇を戦慄かせ、
歯を食いしばり――そのどれもが、平静を欠いた証だった。
 だが、欠けたところを補うのが使い魔の役割である。
 狼狽するルイズに注意が向いていることを確認すると、濤羅は足場にしている建物から
飛び降りた。衝撃は足首と膝で吸収したが、それでも無視できぬほどの音が鳴る。二人の
注意が、間に立つ濤羅へと注がれた。
 そのうちの一つ。フーケのものを無視して、濤羅はルイズへと向き直る。距離はあるが、
目線は同じ高さだ。

「出てきたのなら、また捕らえればいい。そうだろう?」

 離れたルイズに向けられる柔らかな視線。まるでフーケなどいないと、いたとしても、
そんなものは何ら問題にならないと、涼やかに笑う。
 そうして濤羅はフーケと向き直る。伝えるべきは全て伝えた。ならば後は、従者として
命令を待つばかりである。
 濤羅は知っている。彼女が、フーケを捕えた夜、己だけが何も出来なかったと後悔して
いることを。涙で枕を濡らしながら、夢に見るほど強く思っていることを。
 だからこれはあの夜の焼き回し。違うのはただ一点、ルイズの言葉が口火を切ること。

「いいわ、濤羅! そんなやつ、ふっ飛ばしちゃいなさいっ!」

 淑女らしかぬ蓮っ葉な命令。それを背に受け濤羅の体が弾丸のようにはじけ飛ぶ。

「はっ、返り討ちにしてやる!」

 歪なフーケの笑い声を号令に、ゴーレムがその巨大な右腕を上げる。その動き、濤羅を
迎え撃つにはあまりに鈍重だ。意が通わぬため捉えることは出来ぬが、視覚一つで十分に
事足りる。
 そしてあの巨体だ。重量からすれば、右腕と左腕を同時に動かすことなどできはしまい。
 大地を踏みしめる足裏に力を込め、岩の腕(かいな)が振り下ろされる前に懐に飛び込
もうとし、だが、その判断とは別に濤羅の体は横に飛び跳ねていた。
 着地し、岩人形と相対しながら濤羅は己の動きの理由を悟る。
 振り下ろされた岩人形の右腕の半ばから先が無くなっていたのだ。泥へと姿を変えて。
 叩きつけられた衝撃で、泥はあたり一面に飛び散っていた。飛沫だけでも質量でいえば
相当なものだ。人一人を殺す威力はないだろうが、到底無視できるものではない。
 だが、それ以上に厄介なのは足場を奪われることだった。軽功を纏う濤羅ならば動けぬ
ことはないだろうが、それでもやはり動きは鈍る。
 それでも攻撃が残る左腕や両足から繰り出されればやり過ごせないことはないが、敵が
奥の手を持っていたとき、それに対処できる保証はない。
 濤羅は魔法を知らぬのだ。足場にしようとした岩人形の肌が泥に変わるやもしれぬし、
あるいは懐に入り込んだ瞬間、土砂のように体を崩すこともありえる。
 確実な保証など実戦では望むべくもないが、やはり一足で懐に飛び込むのは危険だった。
これ以外にも何か手があると考えるべきだと、積み重ねられた経験が告げていた。

「っく」

 まずい相手だった。相手の手の内は読めず、かといって様子を見れるほどの余裕が今の
濤羅にはない。濤羅の双肩に、傭兵達との戦いの疲労が重く圧し掛かる。
 ともすれば肺腑からこみ上げようとする汚血を喉の奥に飲み込みながら、濤羅は呼吸を
整えた。あと動けて数分。場合によっては更に短くなるだろう。それまでに勝負を決める
ことができなければ、例えフーケに殺されずとも、自然と濤羅は死ぬだろう。

「どうした、ちょろちょろと動き回るのはもうやめかい?」

 岩人形の肩に腰掛けるフーケが濤羅の緊張を感じ取りせせら笑う。杖を振り、岩人形の
右腕を再生させる間も、その顔に張り付いた優位の笑顔は一度として消え去らない。
 考える暇もあらばこそ、すぐさまその右腕を振りかざし――そしてその瞬間に濤羅は心
を決めた。
 膝を曲げ、腰を落とし、死の恐怖から逃げるのではなく、むしろそこに飛び込むように
濤羅は身を撓ませた。
 唸りをあげて豪腕が迫る。掠めるだけで意識を脳髄ごと持って行きそうな一撃を前に、
濤羅はただ見据えるだけで何の対処も見せようとしない。
 今更避けようにももはや遅い。散弾のごとき泥の飛沫は濤羅を決して逃すまい。
 勝利を確信し、フーケが笑みを深める。彼女の復讐は今ここに成るのだ。
 ――だが、その心の間隙を突かずして、どうして内家剣士を名乗れよう。
 撓ませていた体を一気に跳ね上げると濤羅は跳躍――いや、飛躍した。横でもなく後ろ
でもなく、それこそ死地に飛び込むように前に向かって濤羅は飛翔していた。
 まさに番えられた矢が放たれるがごとく。
 地面から弾かれたように飛び出す濤羅を、鈍重な岩人形が捕えられるはずもなく、腕は
虚しく地面のみを叩く。だが、それで終わりではない。むしろフーケからすればこちらが
本命なのだ。飛翔する濤羅の背に泥の散弾が襲い掛かる。
 ならば、飛沫より更に早く動けばいい。
 何もフーケに届く道は岩人形の懐からに限らない。襲い掛かる腕とて、フーケに繋がる
道には変わらないのだ。
 濤羅は慌てず両の手を眼前の岩肌に押し付けた。跳馬の要領で向かい来る腕の力までも
自らのベクトルに変え、濤羅の飛翔は更なる高みへ――いくはずだった。

「なっ!!」

 勁を込めた双掌。それを受けた岩肌が風化したかのようにぽろぽろと崩れ落ちたのだ。
 驚愕の暇も有らばこそ、ぽっかりと浮かんだ空洞に手を取られると、濤羅の体は駒の
ように回転しながら弾き飛ばされた。
 反転する濤羅の視界に映る泥の飛沫。その輪郭が徐々にはっきりと、そして大きくなり。
そして濤羅が衝撃に供えようと歯を食いしばった瞬間だった。柔らかな風が、濤羅の身を
包んだのは。
 抱き上げらるような感触に肌を泡立てながら濤羅が体勢を整えると、まるでそのときを
計っていたかのように足裏に岩作りの建物の感触が伝わった。同じくして風が凪ぐ。
 誰が――誰何の声を上げる必要はなかった。体に染み付いた戦いの本能は、濤羅に敵を
忘れることを許さなかったのだ。忘我の淵にありながら、濤羅の視線は正しくフーケを、
そしてその背後に立つワルドを捕えていた。
 ワルドの手にはレイピアを象った杖がある。渦巻く風は、触れるだけで肉を切り裂くだ
ろう。それを首に突きつけられたフーケには、もはや指一本動かす余裕はない。

「捕縛されてくれるね、ミス・フーケ」

 帽子の奥のワルドの瞳はどこまでも鋭く、声はそれ以上に硬かった。ともすれば、その
切っ先よりも鋭く、そして硬かったろう。
 ワルドの本気を感じ取ったのか、フーケは反抗する気配すら見せず杖を手放した。三十
メートルの高さから杖が地面へと落ちていく。
 岩畳に落ちて、からん、と乾いた音が辺りに響いた。それを契機としたのか、岩人形は
巨大な自重を支え切れず、足元といわず、全身の到るところから崩壊を始めていた。
 もはや最後まで見届けるまでもなく。間違いなく自分達の勝利だった。
 安堵の息が、胸の内を突いて出る。
 いや、安堵したとすれば、杖が地に落ちたときだろうか。その音を聴いた瞬間、濤羅の
全身はまるで梁が落ちたかのように弛緩していたのだ。余すところなく、心の臓までも。

「う、あ……」

 視界が明滅する。耳元では遠雷のような低い音が轟々と鳴り響き、回転する世界の中、
自分が立っているかどうかすらあやふやになる。
 一瞬の気の緩みが、体中の気息を乱していた。命を拾った感傷に浸る余裕すら濤羅には
与えられなかったのだ。
 頽れかかる膝を震わせながら、濤羅はただ調息のみに専心する。
 内傷を癒す径絡の順路、中涜(ちゅうとく)から風市(ふうし)、環躍(かんやく)へ
と氣を運び、淵液(えんえき)の間から戻して循環させる。
 異変に真っ先に気づいたのは、主たるルイズだった。誰もが捕えられたフーケに注意を
向ける中、彼女だけが濤羅から一時も目を離さなかったのだ。

「タオロー!!」

 使い魔の死。漠然とそれを感じ取ったルイズが悲鳴を上げる。だが――
 その必死で極まりない声に一瞬意識を逸らした、逸らしてしまった濤羅の呼吸が、致命
的なまでのずれを生んだ。
 全身の瘧という瘧を集めたかのようなどす黒い血が迸る。ついに濤羅は膝を折り、身を
屈めて咳き込んだ。そのたびに毒々しい血の花弁が地面を飾る。

「っタオローーー!!」

 そんな、必死な声を出すな――脳裏に浮かぶ涙交じりのルイズの顔に笑ってそう告げよ
うとして、そしてそれを最後に濤羅の意識は闇に包まれた。




新着情報

取得中です。