あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

The Zero

「ジ・エンドが……」
「僕らを庇ったのか……」

 何処かの世界で、崩れてゆく巨大な人型を見て桃色の髪の少女と一人の男性がそう呟いた。





 ルイズ・フラソワーズ・ル・フラン・ド・ラ・ヴァリエールは、唖然として目の前に現れた黒いゴーレムを見上げる。
 その黒いゴーレムのフォルムは、禍々しくその黒と言う色がそれを一層際立たせている。
 さて、何故がこの黒いゴーレムがルイズの目の前に存在するのかといえば……
 使い魔召喚『サモン・サーヴァント』を唱え実行した為である。
 それはそれとして、ルイズは数十秒ばかり唖然とした後まるで狂った様に心の中で喜んだ。
 他のクラスメイトが呼び出した使い魔以上じゃない! と……
 これで、私はもう『ゼロ』じゃないんだ! と、喜んだ。
 そして、サモン・サーヴァントの次に重要な契約『コントラクト・サーヴァント』を行なうのだが……
 黒いゴーレムの頭の部分は、ルイズの身長よりもかなり高い所に存在する。
 コレを見かねて、引率の教師である中年男性……ハゲ……もといコルベールが、フライの呪を唱え
 ルイズを抱き抱えて黒いゴーレムの頭の部分まで空へと浮かび上がる。



 丁度、その黒いゴーレムの顔の前まで来た時……ゴーレムの目が、ギョロリとルイズとコルベールを見る。
 突然の事にルイズは、身をすくめ……コルベールは、ゴーレムの鋭い眼光にルイズを抱き抱えていた腕の力を緩めてしまった。
 あっ……と、言葉を発する前にルイズの身は大地目掛けて落ちる。
 コルベールが、慌ててレビテーションの呪を唱え様とするのだが……遅い。
 ルイズは、「ちゃんと成功したのに……もう……終わり?」と心の中で呟く。
 しかし、ルイズの体は黒いゴーレムの手によって受け止められ……手がそのまま黒いゴーレムの顔前まで持ち上がる。
 丁度よくゴーレムの胸の部分に降ろされたルイズは、改めて黒いゴーレムの顔を見ると……
 先程と同じ様に、ゴーレムの目がルイズを見つめていた。
 ルイズは、少々脅えながらもゆっくりと黒いゴーレムの顔へと近づきコントラクト・サーヴァントの呪を唱え
 多分口だろう場所に、小さく口付けを行なった。
 数秒後、黒いゴーレムの左手に巨大な使い魔のルーンが浮かび上がり……
 ルイズを抱き抱えて降りたコルベールが、その巨大なルーンを見て「珍しいルーンですね」などと呟く。
 これで、クラス全員の使い魔召喚が無事……まぁちょっとしたハプニングがあったが……終了し
 クラスメイト達は、フライの呪を唱え学院へと戻ってゆく。
 その時に、クラスメイトに罵詈雑言を投げかけられるが……ルイズは、不思議と苛立つ事はなかった。

 そして、ルイズは黒いゴーレムを見上げて……「この子どうやって学院に連れてったらいいだろ?」と呟いた。
 するとその言葉に反応したように黒いゴーレムは、傅きルイズの前に右手を差し置く。
 乗れって事だろうか? と、ルイズは黒いゴーレムの手に乗ると……黒いゴーレムは腕を持ち上げ
 丁度黒いゴーレムの顔の後ろ……妙に後ろに膨らんでいる部分へと持ってゆく。
 なんだろう? と、ルイズが首を傾げると……黒いゴーレムのその妙に膨らんでいる部分が、静かな音を立てて開く。
 ルイズは、聞いた事も見た事も無い構造に驚きを表すが、どうやら入れば良いのね? と、呟き中へと入ってゆく。
 ルイズが、入ったと同時に開いた場所が閉じ一瞬暗闇後に、明るくなる内部。
 そこで、ルイズは改めて驚愕。
 黒いゴーレムの中に入ったはずなのに、外の風景が見える。凄い……凄いわ! と、興奮し
 後ろにもこんな風景が見えるのかしら! と、後ろを振り向いた瞬間……
 無数の目にギョロリと見られ立ったまま気絶すると言う器用な事をするルイズだった。

 三十分ばかりで再起動を果たしたルイズは、無数の目にまたギョロリと見つめられたが……耐性が着いたのか
 今度は、気絶せず……コレからどうすればいいのかな? と、考え始めた。
 すると、ルイズの目の前に見慣れない文字が書かれた紙の様な物……ウィンドウ……が、現れる。
 多分、どうすればいいのか……などと、書かれているのだろうが生憎、書かれている文字がまったく読めない。
 はぁ……と、ため息をつくルイズ。
 まるで、ため息に反応した様にウィンドウが消えまた出現すると……
 今度は、ルイズが良く見慣れた文字で色々と説明が書かれていた。
 結局、その説明書きみたいなモノを一時間ばかりかけて読み……おっかなびっくりあの無数の目がある場所へと近づく。
 其処には、穴が四つ空いており……説明に書いてあった通りにまず下に空いている二つの穴に足を入れ……
 次に上に空いている二つの穴に腕を入れようと試みるのだが……何度目かの挑戦後……

「……背筋と腹筋鍛えないとダメね」

 下の穴に足を入れたままがっくりとうな垂れるルイズだったが……なんとかこんとか上の穴に腕を差込顔を上げ前を見た。

「じゃぁ、行きましょうか! ジ・エンド!」

 ルイズが、黒いゴーレムの名前……説明にあったゴーレムの名前……を、告げるとジ・エンドは答える様に啼いた気がした。
 なお、学院に到着し自室に戻り……ベットに腰掛けた瞬間……
 手を最初に入れた方がやりやすかったんじゃない? などと気づいてルイズは、ベットに沈むのだった。






~トリステイン学院新聞~

 驚愕! 大地を揺らし走る黒いゴーレム!
 その正体は、ルイズ・フランソワーズ・ル・フラン・ド・ラ・ヴァリエールが召喚した使い魔!

 そんな記事があったとかなかったとか……

新着情報

取得中です。