あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの真実(?)

「宇宙の果てのどこかにいる、私の下僕よ!強く、美しく、そして生命力に溢れた使い魔よ! 私は心より求め、訴えるわ。我が導きに応えなさい!」
 歴史上、虚無の使い手・ルイズは何度かサモン・サーヴァントに失敗してから使い魔の召喚に成功したことになっている。
だが、実際にはサモン・サーヴァントは一回も失敗していないのだ。
これは、歴史の表舞台には出てこなかった真実の、ほんの一部分である。

Take.1
「宇宙の果てのどこかにいる、私の下僕よ!強く、美しく、そして生命力に溢れた使い魔よ! 私は心より求め、訴えるわ。我が導きに応えなさい!」
 ルイズの一回目のサモン・サーヴァントの呪文が広場に響くと同時に爆音が鳴り響き、爆煙が立ち込める。
 立ち込める爆煙の中に一匹の生物がいた。
それは1.5メイルほどの大きさの巨大なカマキリだった。ちなみにアニメ版の設定では赤いものを見ると興奮する。
しかし、こいつは召喚に成功したことに気づかれる前に爆煙に紛れてどこかへと逃げてしまったために、ルイズの一回目は失敗したことになっている。

Take.6
「宇宙の果てのどこかにいる、私の下僕よ!強く、美しく、そして生命力に溢れた使い魔よ! 私は心より求め、訴えるわ。(ry」
相当気合を入れて呪文を唱えたのか、一回目以上の爆煙が上がり、広場は煙幕に包まれたようになっている。
 二匹目の生物は3つの尻尾を持つ牛だった。まだ赤だったり緑だった頃は覚えられる技の汎用性とステータスの高さから、大会メンバーによく選ばれたヤツだ。
しかし、こいつは3つの尻尾で自分の体をビシビシと叩いて気合をため、勢いよくどこかへと走り去ってしまった。
 爆煙が晴れたときにはどこにもいなかったので、これも失敗したことになっている。

Take.13
「宇宙の果てのどこかにいる、私の下僕よ!強く、美しく、そして生命力に溢れた使い魔よ! (ry」
落ち着いて呪文を唱えたからか、爆発の規模は一回目の8割程度だった。
 今度は1日18時間は眠り続けるヤツが召喚された。ちなみにその進化した姿の正体は超能力少年なんだとか。
しかし、こいつは眠っていても超能力が使え、瞬時に場所を移動できる『テレポート』が得意中の得意。
やっぱり爆煙が晴れる前にその姿を消していたのでこれも失敗。

Take.25
「宇宙の果てのどこかにいる、私の下僕よ!(ry」
ルイズはなんだか凄い理不尽な目にあっているような気がしながらも、サモン・サーヴァントを唱える。
今度は爆煙は出なかったが、見た目はなんにも召喚されていなかった。
そう、見た目だけは。
 瞬間記憶能力者でもいれば、石ころの数が増えていることに気づいただろう。
25回目にルイズが召喚したのは、その身を色々なものに変化させることのできる生物。
が、悲しいかな、よりにもよって石ころに『へんしん』したヤツを召喚してしまったのだ。
しかも爆発で気絶している。
 25回目も失敗したことになってしまったルイズは流石に涙目になっていた。

Take.XX
「宇宙の果てのどこかに(ry」
 本日XX回目の爆音が広場に響く。
爆煙の向こうには一人の平民の少年がいた。
コルベールの薦めでルイズは嫌々ながらも、その少年と唇を重ね合わせた。

そして でんせつが はじまった

新着情報

取得中です。