あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ガイガン逆指名

「判っているとは思うが我々の存在を知られる訳にはいかなくてね」
フーケの前に立つのは怪しさ大爆発な仮面の男
そして周りを取り囲むのは手に手にナイフや棍棒を持った典型的なゴロツキの皆さん
ガイガンにナマス斬りにされそうになったところをキンタロスに救われ
隣町に用意した隠れ家に身体一つで逃げてきたフーケは
レコン・キスタと名乗るテログループの接触を受けた
フーケをスカウトに来たという仮面の男を土の魔術でコマネチポーズに固め
窓から投げ捨てたのが二時間前
安酒場で夕食を終え隠れ家に戻る途中のフーケを仮面の男とゴロツキ達が待っていた
仮面の男の合図で一斉に襲い掛かるゴロツキ達
次の瞬間金色の閃光が奔りゴロツキ達が吹き飛ばされる
「俺の強さにお前が泣いた…」
髪の毛に一筋金色のメッシュを入れ黄金に輝く瞳のフーケがいた

「ふんっ!はっ!!そいやっ!!!」
とても女の細腕とは思えない
というかもはや人間とは言えないパワーでゴロツキの皆さんを薙ぎ倒していくフーケ
「どういうことだ!?情報では奴は『只の』トライアングルメイジのはず…」
困惑する仮面の男だったがこのままでは埒が開かないとみて杖を構え詠唱を開始する
だがしかし
「むぅんっ!!」
仮面の男の放った風の魔法はフーケの張り手一発で打ち消された
「馬鹿なっ!?!」
驚きのあまり棒立ちになった仮面の男の首にフーケの指が食い込む
そのまま右腕一本で仮面の男を吊り上げると自ら倒れ込みながら石畳に叩きつける
「ゴールデンアームボンバー…」
(素直に喉輪って言いなさいよ)
「素手でメイジを倒したぞ!」
「バケモノだ…」
戦意を喪失して壊走するゴロツキの皆さん
「俺の強さにお前が逃げた!ごっつぁんです」
(もうすぐ夏場所ねえ…)
※BGM:NHK大相撲中継エンディングの太鼓の音



新着情報

取得中です。