あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

心剣士ソウマ短編

その心剣は……そう、今、心剣士ソウマの手の中にあるその剣は、

 ゾッとする程重く、

 哀しい程に豪奢で、

 嫌になる程手に馴染み、、

 ……そして、何よりも空虚な、刀身の無い剣であった。

 ただ手にしているだけで、少女の経た慟哭が聞こえるような

 ただ手にしているだけで、少女の流した血が感じられるような、

 ただ手にしただけで、少女の聞いた侮蔑が響いてくるような……。

「はははははははっ、流石はゼロの使い魔だ。
 魔法の使えない貴族の使い魔は、刃の無い剣を使う剣士ってか?」

 いや、実際にソウマの耳にはそんな嘲弄が聞こえてきていた。

『お前達に、この剣とやかく言う資格はねぇっ!』

 ……そんな心無い言葉に、馬鹿を自認する心剣士はその歯を強く噛み締める。
 そして、涙を流す事もせず、傍らで虚勢を張る少女をちらりと眺め、ソウマは思った。

『……わりぃな、マオ。
 俺は、まだ暫くこの世界から帰れそうにねぇ』

 ソウマは、手にした心剣を力強く――しかし、優しく包み込むよう握りなおす。
 傍らに立つ、その持ち主に、思いが届くことを願って……。


『……いや、届く、届かせる』

 ソウマはそう力強く念じ、手にした剣を構えようと……

「やめたまえ、諸君」

 ……したその時、彼の耳に飛び込んできたのは、そんな意外な言葉だった。
 先程まで、ソウマが心剣を抜こうとしている姿に怯えを見せていた少年――青銅のギーシュ――が、今は芝居気たっぷりに青銅の薔薇を鼻に近付けている。

「そこの平民――いや、心剣士ソウマだったな――は、自分の力をこの場に示した。
 そう、彼は我らの知らない魔法で、ルイズから剣を取り出したではないか?
 今迄は疑っていたが、どこぞの筆頭騎士だったとか言う言葉も、恐らく真実なのだろう。
 彼の力は確かだ、きっとどこか遠方の国の貴族なのだろうよ。
 なにせ、魔法の使えない魔法使いから、刃の無い剣を取り出したのだからね」

 そして、そんなギーシュの言葉に、周囲は爆笑に覆われた。


「ははは、それは違いない」

「主が悪かったな、俺が変わりに剣を貸してやろうか?」

「考えてみればかわいそうな奴だよな、ゼロのルイズなんかの使い魔にされて……」

 笑いの渦の中、混じり流れるのは、悪意の篭もった針のような言葉……。
 そんな棘交じりの波に晒されたルイズは、何も言えずに俯いて唇を噛み締める。
 確かにそうだ、ソウマは私達の知らない魔法を使う遠い異国の剣士で、きっと自分が言った通りの実力を持っているのだろう――彼の手に握られた剣を眺め、ルイズは思う。

 自分なんかがマスターじゃなければ、きっとソウマはギーシュなんか敵じゃなかったんだろうと……。

 刃の無い剣、魔法が使えない魔術師。

 確かに、自分自身であると思えるその剣の姿と、それを握る暖かな掌が少女の心に触れるその感触に……今まで張り詰め続けていたルイズの心が、ついに崩れた。


『……虚勢なんか、もう、張れない』

 なにしろ、ルイズの心は、今、ソウマの手の中にある。

『もう、全てが無駄なんだわ』

 自分が欠陥品である事をこの上ない形で示され、ルイズは地面にぺたりと座り込む。
 そして、その目から涙が零れようとした時……

「ルイズ……」

 そんな優しい声と共に、温かな掌がルイズの桃色の髪を柔らかく撫でた。

「……俺を信じろ」

 顔を上げたルイズに、ソウマは至近距離からニカッと笑ってみせる。

「……信じられないのは貴方じゃなくて、よ」

「じゃあ、俺がルイズを信じる。
 だから、ルイズはルイズを信じる俺を信じろ」

 あまりの言葉にぽっかりと口をあけるルイズに、ソウマはいたずらっぽく片目を瞑ると、立ち上がり、刃の無い剣を恭しく構えた。


「何馬鹿な事言ってんのよ!
 止めなさい、刃の無い剣でなにが出来ると言うの?」

 ルイズは魔法が使えない。
 いままで、血豆が潰れて、杖の柄が赤く染まるまで修練しても、喉ががさがさに荒れて、仕舞に血を吐くまで修練しても、山のような失敗を積み重ねて尚、ルイズが魔法を使えるようになることは無かった。
 そんな役立たずを象徴する様な刃の無い剣を、馬鹿はそれが何よりの宝剣の様に恭しく捧げ持つ。

「……馬鹿はいいぞ」

 そうして、馬鹿の答えを待つルイズの、耳に届いたのは笑みを含んだそんな言葉だった。

「だからルイズも、馬鹿になれ」

 そしてソウマの大きな背中は、役立たずの剣を構えたまま一歩前へと進み出る。

「その剣のままでいいのかね?
 何なら、他の者から剣を借りる間、待っていても構わないが?」


 余裕めかしてそう告げるギーシュに、ソウマは一転、獰猛な笑みを浮かべた。

「囀るなよ、短小。
 器の小ささが知れるぜ?」

「た、短小?
 僕は事実を言った……」

「ハッ、短小の上に早漏かよ……お前も大概、救われない餓鬼だな。
 目の前にある刃が、お前の目には見えないのか?」

 そう自信たっぷりな表情で告げると、ソウマは手の中の剣を構えその目を瞑った。
 霊 剣 雪月華
 聖龍剣 アマノムラクモ
 風雷剣 ブリッツブリンガー
 氷魔剣 グラスディアマンド
 聖竜刀 逆鱗金剛
 獣王剣 獅子王炎舞
 そして、究極心剣……ソウマの瞼の裏を流れるかつて手にした剣の中で、やはり特に印象深いのは、彼が最初に手にした霊剣と最後に手にした究極心剣だろう。
 キリヤに託した雪月華と、キリヤから現れた雪月華と似た姿をした心剣。
 それはきっと、ソウマが手にした他のどんな心剣よりも、ソウマ自身の心の形を忠実に引き写した剣。



『俺は、今はルイズの使い魔……ルイズの剣だ。
 だったら、この剣に俺の心刀身を付けられたっていい』

 ソウマは、そんな無茶苦茶を一身に念じ、手にした柄からその刃が生み出される様を想像する。
 かつて、ソウマの思いが『涙』のソウルピースとして形を成したその時の様に、今自分の思いがこの剣の刃として現れると、あの冴えた月光のような刃が、ルイズの剣の刀身になると……ただ、ただ、信じる。

「な、何ッ?」

 そしてソウマは、耳に届いたギーシュの驚きに、会心の笑みで目を開いた。
 前の前には、白銀の刀身。
 雪解けの春の、明け方に白み行く空に、薄く輝く銀月の様な。

「輝月剣 暁月」

 ソウマは、ふと心に浮かんだ名を呟くと、ギーシュへと刃を突きつけた。

新着情報

取得中です。