あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

『使い魔くん千年王国』 第七章 授業

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

「(ゴホン)では、あらためて授業を始めます」
シュヴルーズが杖を振るうと、教壇の上にいくつかの『石ころ』が現れた。

「メイジにはみな『二つ名』がありますね。
私の二つ名は『赤土』。『赤土』のシュヴルーズです。
 『土』系統の魔法を、これから一年間、皆さんに講義します。よろしく。
 さて、魔法の四大系統はもちろんご存知ですね?」

はじめに行われた簡単な説明は、生徒には常識的で退屈な復習だったかも知れないが、
松下にとっては非常に貴重で有意義な情報だった。

  • この世界の魔法は、『始祖ブリミル』という存在が六千年前にもたらしたものであり、『土・水・火・風』という四大元素の系統で構成されているということ。
  • さらに失われた『虚無』という伝説の系統が存在すること。
  • また魔法が広く深く、生活全般に関わっているということ。
  • そして『貴族』がみな魔法の使い手であり、その力で平民を屈服させていること…など。

松下の世界では、『魔法』とは長い間闇から闇に受け継がれ、世界征服も可能な技術体系である。
ほとんどの人は魔法より科学技術を頼り、魔法をも凌駕する力を作り出しているが、
それでも真の魔法とは、『土人が核兵器を見るくらい意外な』凄まじい『力』なのだ。
(『始祖ブリミル』とは、この世界の土人を、地球の現代兵器で従えたような奴だったわけかな)
平民たちが貴族にヘイコラする主な理由も、魔法が使えないためのようだ…。

説明ののち、シュヴルーズは石ころを短い呪文と僅かな動作だけで、赤黄色く輝く金属へ変成させた。
「ゴゴッ、ゴールドですか? ミセス・シュヴルーズ!?」
キュルケが金属の輝きに興奮する。鳥かこいつは。
「違います、ミス・ツェルプストー。ただの丹銅(真鍮より亜鉛量の少ない銅の合金)です。
ゴールドを錬金出来るのは、『スクウェア』クラスのメイジだけです。
私はただの……『トライアングル』ですから」

聞きなれない専門用語を聞いて、松下はルイズの服を引っ張り、小声で尋ねる。
「『スクウェア』とか『トライアングル』とかっていうのは、何のことなんだ?」
「何って、『系統』を足せる数のことよ。それでメイジのレベルが決まるの。
 ……ああ、あんたは『東方』から来たんだったわね。系統魔法は『東方』にはないの?」
「『こちら』の魔法とはだいぶ違うな。それで勉強しているんだが。
 では、その系統魔法についてちょっと教えてくれ」

「そーねえ、例えば『土』系統の魔法はそれ単体でも使えるけど、
 他の系統や同じ系統を足して使えば、更に強力な呪文となるわけ」
「ほほう」
落ちこぼれらしくても、魔法の知識だけはそれなりにあるようだ。見直してやろう。
まがりなりにもこのぼくを召喚できたわけだしな。

「一系統だけ使えるのがドットメイジ。駆け出しレベルね。
 『火』と『土』のように、二系統を足せるのがラインメイジ。
 シュヴルーズ先生みたいに、『土』『土』『火』って三つ足せるのがトライアングル。
 ここの先生方は皆トライアングル以上よ。
 四つ足せるのがスクウェアだけど、これは滅多にいないわね」
小声で説明をするルイズの言葉に、松下は頷きながらすらすらとメモを取っていく。
「東方の文字って、やっぱりトリステインとは少し違うのね…」
なぜかヘブライ語で書いているんだが。いやな8歳児だ。

「それで、きみは…ルイズはいくつ系統を足せるんだ?」
何気なくされた松下の質問に、ルイズは急に押し黙る。話したくないくらい低いのか。
そんな風に会話をしていると、またぞろ女教師に見咎められた。

「ミス・ヴァリエール! 使い魔くんとの会話でも、授業中の私語は慎みなさい」
「は、はいっ! すみません……」
「そうね、おしゃべりをする暇があるのなら、貴女にやってもらいましょうか。
 ここにある石ころ一つを、何でも構いません。望む金属に『錬金』してごらんなさい」
「え? わたし…が? ですか?」

教室内が、にわかに不安げにざわつきだした。
松下と女教師がその様子を不審に思っていると、キュルケが手を挙げた。
「あのですね、先生。先生はまだ知らないようですが、危険ですよ」
「危険? 何がです?」
「彼女にあまり魔法を使はせない方が安全だと申し上げているのです。
 なにしろ『ゼロ』のルイズですからねえ!」

「実習は苦手ですか…よくいますよ、そういう生徒も。
 ですが、彼女は勤勉で、大変な努力家だと私も聞いています。
 さぁ、ミス・ヴァリエール。やってみましょう。失敗は誰にでもあります。
 少々の失敗を恐れては何も出来ませんよ?」
シュヴルーズがルイズに優しく語りかける…。
やがてルイズは意を決し、立ち上がった。
「や、やります!」
「よろしい、ミス・ヴァリエール。教壇へ来なさい。
 まずは錬金したい金属を、心の中に強く思い浮かべるのです。
 最初は赤銅や、酸化鉄や、硫化水銀でも構わないのですよ?」
柔和そうにシュヴルーズは笑いかける。ルイズはこくりと頷き、手にした杖を振り上げる。

…銅と鉄はともかく、硫化水銀(丹砂)なんかホイホイできるか。なんか赤いし。



「警報! 警報! ルイズ警報!!」
「逃げろ! ここは俺にまかせるんだ!」
「みんな、靖国で会おうぜ……!」
「オラが『パパ』と『ママ』を守るどっ!」
「母さん……僕の…ピアノ…」
「お…俺は何回死ぬんだ!?」
何事か口走りながら、慌てて机の下に隠れる生徒たち。突然出現した謎の人々も見えた。幻覚か?
「マツシタくん! あんたも隠れなさい!」
キュルケが危険を告げ、松下も急いで机の下に隠れる。
目を覚ましたフレイムがおびえている。何が起こるんだ?!

閃光!
そして次の瞬間、教壇を中心に爆発が発生した!!
さらに驚いた使い魔たちがパニックを起こし、暴れまわる!!
「ぼっ、僕のポッキー(犬)があーーッ」
「喰っているゥウウウヒイイイイイィイーーーッ」
阿鼻叫喚の地獄絵図。弱肉強食の餓鬼畜生道。
あと、丸子ルヌは窒息して死んだ。

「こりゃどうしたことだ、空爆か!?」
「『ゼロ』のルイズの仕業よ…。あの娘、頭はいいのに魔法が使えなくて、
 何の魔法を使おうとしても、いつもこーなってしまうのよ…」
憐れむような哀しげな目をするキュルケ。案外友達思いらしい。
「魔法の成功確率が『ゼロ』ってことか」
「そう。まあ、胸の大きさも『ゼロ』だけど」
口は悪いがな。



爆煙が晴れてきた。
爆心地となった教壇では、爆風の直撃を浴びたシュヴルーズが倒れ伏していた。
ピクピクしているし、生きてはいるようだが。
ルイズはズタボロの煤塗れだったが、立ったままだ。意識もはっきりしている。
何百回と自分の爆風を浴びるうちに鍛えられたのだ…。

やがてハンカチを取り出し、顔の煤をふき取ると、どじっ娘ポーズをキメて一言。
「ちょっと失敗したみたいね(てへっ)」
「どこがちょっとだあああああ!! この『ゼロ』のルイズ!!」
「いつものことだったけどな…」
「マリコ…ルヌ…… …生きてるぞッ! この人は勝ったんだッ!!」

(やれやれ、ひどい奴を主人にしたものだ…)

新二年生の新学期最初の朝の授業は、シュヴルーズ先生が医務室送りになって中断終了した。
ルイズは駆けつけた教師たちに問い詰められ、厳重注意の上に『罰』を与えられた。
破壊した教室の後片付けと清掃だ。
また、その際は魔法の使用を禁止された。そもそも使えないのだが。



「…で、御主人様は働かないのか? ずっと机に突っ伏しているぞ」
「…あたしなんか、どおおせ何やったってうまく行かないに決まってるわ。
 そういう運命が定められてるのよ、きっと。
 だから、こんな雑用は使い魔であるあんたがすべきなの!」

今度はやる気も『ゼロ』か。むしろ『マイナス』だ、共同体全体の迷惑だ。
正しい思考改造が必要かもしれない。それは多くの貴族連中にも言えそうだが。
「何か言った?」
「『ゼロ』と」
「…あんた、お昼ご飯抜き」
「はいはい」
松下とは言え、8歳児が一人では仕事がはかどるはずもない。
掃除が終わった頃にはもう昼休み前で、ぐったりして眠りかけていたルイズは、
慌てて食堂に向かう。マナーが厳しいため、時間に遅れると食べさせてくれないのだ。

(さて、こういう時のために保険をかけておいたのだ…)
松下も悠然と食堂へ向かう。こちらは奥の厨房へ。
「マツシタさん! ひょっとして…」
「シエスタさん? 丁度良かった、今度は昼飯を抜かされまして」
「酷いですね、御主人様は…。
 じゃあこちらへいらしてください。また賄いですけど、食事をお出ししますから。
 料理長のマルトーにも紹介しておきますよ」
「実に助かる。朝食のサンドウィッチは美味かったからね。むははははははは」

次回はいよいよお待ちかね、ギーシュ様の登場でござい。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏…。

(つづく)

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

新着情報

取得中です。