あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

使い魔の逆襲 3

食堂に向かう間、ルイズは考え事をしていた。
いくらツーが強力な力を持つ怪物でも、使い魔は使い魔、主従関係だけはしっかりとさせたい。
そう考えていたのだ。
最も、頼んでもいないのに洗濯や着替えなどをしてくれている辺り、すでに主従関係はしっかりとしていると思うのだが。
それでもルイズは朝食の待遇を決定していた。

この時、ルイズが考えを変えたり、食事を提供したりしなければ、
ギーシュとの決闘は避けられたのかもしれなかった。





学年別に分けられたテーブルにはローソクが立てられ、花が飾られ、果物が盛られたかごが乗っている。
『アルヴィーズの食堂』と呼ばれるここは、まさに貴族のための食堂であった。
当然それぞれの席に置かれた朝食も豪華な料理が並んでいた。
ルイズは自分の席へ座ると、辺りを見渡しているミュウツーを呼んだ。

「ご主人、何か?」

すぐに近づいて来るミュウツーにルイズの笑みを浮かべつつ床に指を差した。
ミュウツーは床へ視線を向けると、そこには皿が一枚置かれており、その上には小さなはしばみ草が浮いたスープと、パンが二切れ置かれていた。

「これがあなたの朝食よ。ホントは使い魔は外なの、でもあんたは私の特別な計らいで、床よ」

そう言うとルイズは始祖ブリミルと女王陛下に祈りを捧げ食事を始めた。



鶏肉を食べようとした時、ふと目を向けるとミュウツーは一口も食べていなかった。
それを見たルイズは「仕方ないわね」と鶏肉の皮を剥いで皿に落とした。

「癖になるから、肉は駄目。早く食べなさいよ」

ルイズが言うとようやくミュウツーも食事を始めた。


唐突であるが、あなたは生後間もない赤ちゃんに、ステーキやフライドチキンなどを与えるだろうか?
何日も何も食べていない病人に、トンカツや天ぷらなどを与えるだろうか?
無論、普通なら母乳やお粥などを与えるであろう。
極端な例ではあったが、ミュウツーも同じである。
彼の胃などの消化器官は生まれてから一度たりとも使われたことがない。
ましてや本来人間用に作られた食事が他の生物に合うわけもなかった。


ミュウツーは初めて行う食事に苦労しながらも、堅いパンと鶏肉の皮を飲み込んでみた。
早くも彼の消化器官は悲鳴を上げ始めた。
ミュウツーは体調の異変に苦悶の表情を浮かべながらも、どうにかそれを飲み込み、スープで胃に流しこんだ。


再び唐突だが、こんな経験はないだろうか?
吐き気がするのに水が欲しくなることが。
それは著者の知識では胃の内容物を吐きやすくするために欲しくなるからだそうだ。
ミュウツーも同じであった。
無理矢理流しこんだ食物は逆流し、ミュウツーは胃の中身を全て床にぶちまけた。



食堂は大パニックに陥った。
「ルイズの使い魔が吐いた!」「ルイズが毒を盛った!」「今こそ僕は凱兄ちゃんを超えるんだ!」「タバサにフレイム、逃げるわよ!」「カゲー!」
「ここにいたら殺される!」「忘れたか護、勝利するのは勇気ある者だ!」「押すなよ!絶対に押すなよ!」「早く逃げろ!」
などと阿鼻叫喚が飛び交っていた。
ルイズを含む食堂にいたメイド以外の者全員の脳裏に、昨日の悪夢が蘇っていた。
大地を裂き、視線を向けるだけで物を爆発させ、近寄る者を吹き飛ばし、駆け付けた教師達の魔法さえも跳ね返したミュウツーの力を。

それはルイズも同じであった。
ルイズにそんなつもりはなかった。
自分はただ主従関係をはっきりさせたかっただけなのに。
そんな思いも虚しく、ミュウツーはこちらの方へ手を向けた。
ルイズは再び死を覚悟することになった。


いつまでたっても爆発や衝撃がやってこないので、ルイズは恐る恐る目を開けてみた。
そこには念力で嘔吐物を食器もろとも宙に浮かべ、それを圧倒的な力で圧縮しているミュウツーがいた。

黒い粒になってしまったそれをミュウツーはどこかへ投げ捨て、フラフラとしながらも出入り口へと向かっていった。

「ど、どこ行くのよ!」

ルイズは思わず叫んだ。
ミュウツーは振り向かずに答えた。

「食べることが可能な物を探してくる」

そう答えると足を床に降ろし、その場から歩き始めた。

「・・・怒って、ないの?」

ルイズの質問に、今度はこちらへ振り向いてから答えた。

「ご主人の特別な計らいでくれた食事だ、感謝するべきなのに何故怒らなければならない?」

そう言うとミュウツーは再び食堂の外へ向かって行った。
ルイズはへなへなとその場へ座り込んだ。



新着情報

取得中です。