管理人:822@7.5
要望はスレに書き込めば多分見ます。

wiki内検索


■wiki関係

トップページ
トップページ。現状等が書いてあります。

このwikiについて・FAQ
(割と)よくある質問。このwikiの説明も少し。

投票ページ
どの素材を使うか迷った時とかに意見を聞く為の投票ページ。

■ファミコンの仕様

●グラフィック関係

グラフィック全般の仕様
グラフィック製作における予備知識です。

キャラクターグラフィック
マップ移動時&戦闘時のキャラクターグラフィックについて。

モンスター
モンスターグラフィックの仕様について。

マップ
町、ワールドマップについて。

戦闘背景
戦闘時の背景について。

戦闘アニメーション
魔法などのエフェクトについて。

●サウンド関係

NSFの仕様
NSF(ファミコンの音楽形式)について。

NSFを作る
NSFの記述の仕方、テクニックについて。

■開発について

参加したい人向け・FAQ
読んで字のごとく、これから製作に参加したい人向けのFAQ。

製作ツール
素材製作のためのツールを紹介するページ。
スレ住人の作ったツールもここに格納。



TortoiseSVN導入
開発用ファイル共有システムの導入について。

文章表記
セリフ等テキストの表記ルールについて。

スレでの提案、アイデア
そのまんまスレで出た意見やアイデア。

その他

敵パーティ編成
敵パーティ編成表。

参考webサイト
製作するにあたって資料となりそうなwebサイト紹介するページ。

wiki編集ルール
編集する際のタグのきまりごと。守れば読みやすくなるかも。


当ページの訪問者数
本日 -
昨日 -
合計 -
リアルタイム: -

モンスター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グラフィックの華、モンスターの仕様について。


■色について

■背景は黒

背景は必ず黒です。
なので描く時は黒の上に描くとわかりやすいです。
陰影に黒を少し使用すると少ない色数で立体的になったりするので
上手く利用してみましょう。


■モンスターはパーティにパレット2つ

モンスターのグラフィックはパーティで2つ、パレットを仕様できる。

例1:複数のモンスター
FF3で、同時に現れるモンスターが同じような色をしているのは、同じパレットで描かれているため。

例2:ボス
ボス単体の場合は、一匹に2パレット使う事ができる。
ただし、パレットの使い分けが難しいです。

パレットは、16*16ドット、つまりタイル2*2=4枚ごとに指定するようです。
FF3ではゴブリンなんかでも2パレットは使っているので、
とりあえず最初から2パレットで描いておいた方がいい気がします。
あとでパレットを変えるのは簡単ですが、
後から2パレット分に色拡張するのは面倒な気がするんで。

※今描かれているモンスターのグラフィックも、パーティ編成が不明なまま描かれている為
編成次第では色かえ(同時に出てくるモンスターと色を合わせる)作業が必要になりそう。

パレットの概念がよくわからない人は、
『16*16の枠の中に4色しか存在出来ない』
『敵パーティに一度に使えるのは黒+6色』
と意識すると簡単かも。

NES専用チートコードサイト ラビリオンズ
ttp://rabirion-web.hp.infoseek.co.jp/
に、パレットに関する記述があるのでご一読あれ。


■行動するときの点滅

モンスターは行動するときに点滅します。
この点滅時の色は、どのモンスターも共通です。
行動時用のパレットが存在するのかも。



■サイズについて

FF3では、モンスターのグラフィックサイズが数種類ある。

■サイズ1:32*32


いわゆるSサイズです。ゴブリンなんかが該当。
最大8体登場可能な雑魚敵。
(サイズ2の上下8ドットを使っていないだけの可能性も)
このサイズだと、人間より小さいモンスターに見えますね。

■サイズ2:32*48


これもいわゆるSサイズでしょうか。
ゴブリンなどよりはほんのり縦長で、同じく8体登場できそうですが
その場合縦2体に隙間がなくなりそうです。
サイズ的には人間以下~人間サイズくらいでしょうか。

■サイズ3:48*48


いわゆるMサイズです。雑魚敵にも使われますが、
いくつかのボスもこのサイズだったりします。
横幅が大きいため、全敵がMサイズでも6体が限度です。
人間サイズ~人間より二回りほど大きいくらいの敵とかでしょうか。

■サイズ4:48*96


いわゆるLサイズです。Mが縦2体並んだサイズ。
Lサイズだけなら最大3体登場可能ですね。
ボスにも使えますが、窮屈なんで若干状況を選びそうです。
雑魚を沢山引き連れたボスには必然的に使うことになる、かも。
人間型ならハッキリ言って巨人に見えます。

■サイズ5:96*48


いわゆるWサイズです。横が96もあるので、W同士だと
横に2体並ぶことはできません。獣系などのボスには十分使えると思います。
不思議とLほど巨大に見えませんが、それでも十分デカイです。

■サイズ6:96*96


いわゆるXLサイズです。くらやみのくもを除くボスは
大きくてもこのサイズに納まるようです。
基本的に単独でしか登場しないっぽいので、でかい敵キャラにはバシバシ使っちゃいましょう。
(これも、サイズ7の左右16ドットを使ってないだけの可能性もあるかな)
デカい敵ばかりだとウェポンなどのインパクトが薄れそうなので
雑魚に使用する際は少し考えましょう。

■サイズ7:128*96


FF3最大サイズの敵キャラです。もちろんXLサイズでしょう。
FF3では、暗闇の雲にしか使ってないんじゃないでしょうか。

※暗闇の雲で、実際グラフィックが表示されているのはタイル144枚分
タイル144枚=96*96サイズなんで、FF3でモンスターに裂けるタイル数は144枚が限界なんでは
という見解がスレで出てたんで注意しましょう。
(この場合、128*96サイズで表示するのはかなり特殊な処理ですね)

■分割


FF7には複数のパーツを持つモンスターが存在します。
↑のように別モンスターとしてパーツのスプライトを分ければ
うまく表示できるかも??

ポリゴンをそのまま再現するだけだとどうしても味気ないです。
筋肉とか陰影を無駄に誇張するくらいが調度いいです。







最終更新日

2012年11月22日 (木) 01時45分40秒

更新履歴

取得中です。