管理人:822@7.5
要望はスレに書き込めば多分見ます。

wiki内検索


■wiki関係

トップページ
トップページ。現状等が書いてあります。

このwikiについて・FAQ
(割と)よくある質問。このwikiの説明も少し。

投票ページ
どの素材を使うか迷った時とかに意見を聞く為の投票ページ。

■ファミコンの仕様

●グラフィック関係

グラフィック全般の仕様
グラフィック製作における予備知識です。

キャラクターグラフィック
マップ移動時&戦闘時のキャラクターグラフィックについて。

モンスター
モンスターグラフィックの仕様について。

マップ
町、ワールドマップについて。

戦闘背景
戦闘時の背景について。

戦闘アニメーション
魔法などのエフェクトについて。

●サウンド関係

NSFの仕様
NSF(ファミコンの音楽形式)について。

NSFを作る
NSFの記述の仕方、テクニックについて。

■開発について

参加したい人向け・FAQ
読んで字のごとく、これから製作に参加したい人向けのFAQ。

製作ツール
素材製作のためのツールを紹介するページ。
スレ住人の作ったツールもここに格納。



TortoiseSVN導入
開発用ファイル共有システムの導入について。

文章表記
セリフ等テキストの表記ルールについて。

スレでの提案、アイデア
そのまんまスレで出た意見やアイデア。

その他

敵パーティ編成
敵パーティ編成表。

参考webサイト
製作するにあたって資料となりそうなwebサイト紹介するページ。

wiki編集ルール
編集する際のタグのきまりごと。守れば読みやすくなるかも。


当ページの訪問者数
本日 -
昨日 -
合計 -
リアルタイム: -

NSFの仕様


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは、ファミコンにおける音楽(NSF)の仕様を
つらつらと書いていくページです。


■そもそもNSFって何よ

NES Sound Format、だったはず。
要するにファミコンの音声形式とかそんな感じ。

■NSFの基本は矩形波*2+三角波*1+ノイズ*1

ファミコンでは、基本的に3音+ノイズしか鳴らない。
内2音は矩形波(波形が四角形)、1音は三角波(波形が三角形風階段状)。
ノイズは、ドラムなどの音や風の音なんかに使われる。
連続で鳴らすと、テレビの砂嵐のようなザーッという音がする。
なお、これとは別に、デルタPCMと呼ばれるPCMの一種が利用可能で、
特殊な効果音を鳴らす他、音楽に利用することもある。

■矩形波パートについて

矩形波では、波形を4種類の中から1つ選択する。
クラリネットのような「ポー」という音、金管楽器のような「パー」という音、その中間の音が出せる。また、1音の中で波形を切り替えることができ、巧みに使うと独特の効果を演出できる。
また、後述の三角波と違って音量のコントロールが自在にできるので、音量の変化(エンベロープ)を設定することで、ハープやピアノのような減衰系のエンベロープ、ストリングスのような立ち上がりの緩やかなエンベロープ、金管楽器のようなアタックの強いエンベロープなども作成できる。
ファイナルファンタジーシリーズで頻出のテクニックとして、1音でメロディを鳴らし、もう1音にデチューンをかけた上で、弱い音量でディレイをかけて重ねることで、厚みのある音色とすることができる。例えばファイナルファンタジーIIのメインテーマや、ファイナルファンタジーIIIの「水の巫女エリア」などで使われており、神秘的な効果を演出している。

■三角波パートについて

三角波パートは、高音部では笛のような音色、低音部ではエレキベースのような音色で、波形の切り替えはできず、音量の変化も原則としてつけることができない。
前述のベースに似ている音色と、自由度が低いというマイナス面から、主にベースパートに使われることが多い。
ドラゴンクエストでは、三角波パートをメロディに効果的に使った例が多く見られるが、ファイナルファンタジーではそのような使い方は少ない。

■ノイズパートについて

テレビの使っていないチャンネルような「ザーーー」という音や、「ガガガガガガ」という音など、さまざまなノイズを出すことができる。これにうまくエンベロープをかけると、ドラムスパートとして使うことができるようになる。

■デルタPCMパートについて

要はPCMなので、どんな音でも再現できる。例えば、「燃えろ!プロ野球」で審判の声を出したり、スーパーマリオブラザーズ3でラテンパーカッションの音色を鳴らしたりといったことに使われている。ただし、当然ながら容量を喰うので、抑制的に使う必要がある。
ファイナルファンタジーシリーズでは、IIIのバトル曲などで、キックの音色に限って使用されている。

■拡張音源について

この他、メーカー独自の拡張音源がいくつか使用されている。
例えば、コナミのVRC7では6音のFM音源が追加されていた。また、ナムコの一部のソフトでは、波形を自由に編集可能な8音の音源が追加され、ファミコン離れした高品質なサウンドを鳴らしていた。
エミュレータでも使用可能なので、VIIの曲を原曲に近い形で再現するためには有用だが、ファイナルファンタジーI~IIIでは一切使われていないこともあり、仮に使うとしても、どうしても足りない声部を補う程度の抑制的な使い方が望ましいかもしれない。

■FFにおけるNSFの特徴

FF3では基本3音+ノイズセットに加えてDPCMも用いている
DPCMも内蔵音源の1つ。よく知らないけど色んな音が鳴らせるっぽい。
FF3ではバスドラム用に使っている、らしい。
FF7の曲にはパーカッションが特徴的な曲が多いんで、
DPCMで用意してしまった方がうまくいくこともあるかも知れない。

●NSFつくりたい!!と思ったアナタへ

はじめに、このwikiを閲覧する事をオススメします。

FINAL FANTASY VII ファミコン音源化リスト
http://page.freett.com/ff7tonsf/encoded.html
今まで投下されたNSF素材が格納されています。
どのNSFが投下されていないのか?どんな感じで作ればよいのか?
おおいに参考になると思います。







最終更新日

2012年11月22日 (木) 01時45分40秒

更新履歴

取得中です。