※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Modern Armor: 近ごろの装甲

http://darwinawards.com/darwin/darwin2006-10.html から翻訳
2006ダーウィン賞ノミネート
ダーウィンが真実を確認

(2006年8月26日、レスター、イングランド)ダレンの死は謎だった。33歳の彼は家の廊下に倒れており、胸の刺し傷から出血していた。警察は当初、何者かが彼を攻撃したと考えたが、証拠を見つけることができなかった。1年後、捜査はついに明らかにした。ダレンがなぜダーウィン賞の受賞者の地位を得ることができるのか、その理由を。

ダレンは友人に電話したが、数分後に身動きが取れなくなり、かけなおして救急車を呼んだ。家のドアは少し開いており、ダレンは、彼がスペイン旅行で買った血まみれのロックナイフの近くに横たわって発見された。科学捜査官は争いの跡を見つけられず、検視官は自分で刺し傷をつけたように見えると報告した。しかし、ダレンには自殺傾向は見られなかった。

彼の妻は事件の日は休暇を取っていたのだが、彼女によって謎は解明され、この話がダーウィン賞を受賞して歴史に名を残した理由が明らかになった。彼女が休暇で家を出るとき、ダレンは彼の新しいジャケットが「防刃仕様」なのかどうかを気にしていた、そのことを彼女は思い出したのだ。

そういうこと。ダレンは、ジャケットがナイフの攻撃に耐えられるかどうかを確認することに決めた。彼は椅子の背にジャケットをかけてテストすることを選んだの?いいや、我らが彼は自分でジャケットを身につけて刺してみるのが一番だろうと思った。悲しいことに、彼の選んだ装甲は彼が期待していたほど鋭い刃に強くなかったってことがわかった。

検視官は予想外の死を「事故」と断定した。

メディア関連

関連ダーウィン賞:Death of Dracula
関連個人アカウント:Flak Vest Test

読者のコメント

「Shanks for nothing.」
「当たって砕けろだ。」
「残念なことに、彼はもう防弾ズボンを試せない。」

DarwinAwards.com © 1994 - 2009
Submitted by: Vince Warrington
Reference: www.thisisglenfield.com

コメント: