※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Mining for Elephants: 象の地雷

http://www.darwinawards.com/darwin/darwin2005-01.html から翻訳
2005年 ダーウィン賞ノミネート
ダーウィンが真実を確認

(2005年2月15日、Rushinga、ジンバブエ)
あるキリスト教徒が、長年象の通り道になっていたところにトウモロコシ畑を作ったが、象が踏みつけていってしまう。彼はそれを食い止める方法を見つけなければならない! 幸いにも、近所のジンバブエ ― モザンビーク間の国境に、古い地雷区域があった。キリスト教徒は畑の周りにいくつか地雷を埋め、象達に決して忘れることのできない教訓を与えてやろうと考えた。

キリスト教徒が地雷を使うというアイディアを得たのは、最近起きたいくつかの事件からだった。1週間前、家畜を放牧していた地域住民が地雷を拾って負傷していた。その前の週も、別のRushingaの男性が地雷を踏んで足の一部を失っていた。他の村人たちは、壁の注意書き見て、地雷を避けていた。

だがキリスト教徒は自分に必要なものをわかっていた。明らかに、これらの地雷は、象に大ダメージを与えることだろう! 彼は最近の豪雨であらわになった地雷を5つ掘り出した。それを家に持って帰る途中、不安定な地雷が爆発、キリスト教徒はあっさり命を落とした。

負傷した象の数? ゼロだよ。

読者のコメント:

"戦いをやめて農業に打ち込んでいれば..."
"考え抜いた作戦じゃないな。"
"このひと電気フェンスは大丈夫だったんだな。"
"象1、村人0。人間の愚かさがまたも炸裂。"
"因果応報"
"ジンバブエの野生動物保護施策"

DarwinAwards.com © 1994 - 2009
Submitted by: Douglas Ball
Reference: The Zimbabwe Herald

コメント: